現在進行形作戦実施中/大作戦/あおいろ

私、ツイッター大好きだったんですよね。

最初にアカウント作ったのは高2の夏だったんですけど、当時はガラケーだったからパソコン開いてログインした時しか見れなかったし、TLとかの仕組みもよく分かってなくて、全然楽しくなかったんですよ。

でも、受験が終わってスマホに変えてリア垢作った時から、世界が変わったんです。
なにこれ、めっちゃみんなと繋がれるしめっちゃフリーダムだしめっちゃ楽しいじゃん、なにこれ!!!って。

ツイッターと、ついでにスマホに依存するようになるのには、そんなに時間かかりませんでした。転がり落ちて。あっという間。

 

でもねーこれじゃダメじゃんって最近思うようになってきたんですよね。スマホに構ってると時間が飛ぶように過ぎていくし。大学に入って7カ月半経ったのに、スマホにばっかり夢中で何も生産してなくって。自分何やってんだよって、急に焦りを感じましたねぇ。

 

なので、急遽「スマホ離れ大作戦!」を決行することに決めました!!!

ルールは簡単。必要最低限しかスマホに触らないこと。
連絡手段としてLINEとメールは使っていいけど、他はダメ。ツイッターも、ゲームも、漫画も禁止。
とりあえず、期間は24時間ってところかなぁ。

思いついたその瞬間に時計を見て時間を記録。ちょうど24時間後、火曜日の夕方5時まで「スマホ離れ大作戦!」開始!!

 

作戦はね、上手くいったんです。

スマホ見ないって決めた途端に、すごい時間が増えた気がしたんですよ。追われてた課題が、どうにかなりそうな気がしてきたし、それどころか時間が余りそうな気さえした。
電車に乗ってる間は本を読むようになったし。授業も、いつも以上にすっごく真面目に受けられてほんとにいいことずくめ!
途中何度もツイートしたい衝動に駆られたけれど、そこはどうにかセーブ。絶対に画面の中にある青い鳥のアイコンだけはタップしないように、細心の注意を払いました。

 

 

24時間!終わった!お疲れ私!!!
さーて、ツイッター開こうっと……。
あれ、この人こんなこと呟いてる。この人は、こんなこと。
そっかぁ。何があったんだろう。なんだか、悲しい……。

 

私はちょっと他人のツイートを読んだときに重く受け止めすぎてしまう節があって、そしてそこからぐるぐる考えだしてしまうんですよ。
24時間明けてツイッターを開いて、私を襲ってきたのは「悩む」って感覚でした。
人のツイート読んで、あれこれ考えだして、酷いと自己嫌悪して。その気持ちを呟きたい……って思うけど、かまちょしてる自分は嫌いだから、結局呟けない。消化不良な何かが、胸の中に残る。

そうして悩みながらTLを眺め続けてると、あまりの情報量の多さに段々気分が悪くなってくる……。
比喩じゃなくって、本当に。胸の奥がむかむかしてきて、あれ、なんかこれやばくない?ってようやく気付く。

スマホを閉じて、目をつぶって、はぁって息を吐く。

あぁ……なんで私はこんなに辛いのにツイッターをやっているの?

 

よく考えてみたら、スマホから離れていた24時間は幸せだったなって気づいたんです。悩みが無くて、心穏やかで、何でもできるような感じがしていました。
スマホから、いやツイッターから離れるだけで、私の幸福度は自然に上がるんだって、気付いてしまった。

 

だからね、私、決意したんです。
ツイッターアプリをアンインストールしようって。

 

 

……さ~て、唐突に始まりました「ツイッター離れ大作戦!」
結局何日坊主だったのかは、まあ今後のお楽しみということで。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「現在進行形作戦実施中/大作戦/あおいろ」への2件のフィードバック

  1. ちょうどいい感じのテンションで、どうでもいいけど可愛らしい文章だと思った。大作戦だから、何らかの工夫とか手段とか、苦戦する様子が書かれていてもおもしろかったかも知れない。
    私も、今はゼミの課題のためにTwitterをやっているのだけど、かなり狭い範囲の人たちしかフォローしていないので、あまり傷つかずに、快適な生活(?)が送れている。浪人時代、知っている人をすべてフォローしていたときは、なんだかすごくうまくいっている人を見ても萎えるし、逆に全然うまくいっていない人を見ても頑張れなくなり、何のためにやっているのか分からなくなって、やめてしまった。でも、やめてもまったく困ることがなかったので、つらいときは思い切って逃げてしまうのもいいと思う。

  2. 無くなることで初めて気づく大切さとかはよくききますね。今回はなんでやっているのかわからなくなる、みたいな感じでしたが。
    とにかく触っていたくなる魔力から逃れよう。意識しているものほど難しそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。