ああ、神様お許しください/夢の対決/ヒロ

 神々と人間が戦ったならばどうなるのだろうか。
手元にあるクトゥルフ神話TRPG のルールブックを見てそんなことをふと思いついた。

TRPGやクトゥルフ神話を知らない人のために軽く説明をしておこう。
TRPG とは参加者同士のコミュニケーションによって物語を作り上げていく遊びだ。略さずに言うならば、テーブルトークロールプレイングゲームになる。基本的には参加者の一人が「ゲームマスター」を担当し、遊ぶためのシナリオを用意する。残りの参加者は「プレイヤー」を担当し、そのゲームの世界に存在する人物を作り上げ、その人物になりきってシナリオを遊ぶという遊び方をする。
MMORPGやRPGゲームを想像してもらえばわかりやすいだろうか。運営や開発チームがゲームマスターで、ゲームのキャラクターがプレイヤーにあたることになる。
 詳しくは私に聞いてみるか、一度調べてみるか、リプレイ(TRPG の様子を文章に起こしたもの)を読んでみるといいだろう。

クトゥルフ神話は名前なら知っているという人が多いのではないだろうか。ウルトラマンティガの怪獣はこの物語の怪物をモデルにしているし、数年前にはなるがこの物語の神格たちをモデルにした「這い寄れニャル子さん」というアニメも流行していた。ネクロノミコンという有名な魔導書なんかもクトゥルフ神話がもとになったりしている。
簡単に説明すれば、この世界には私たちが想像もつかない、見ればとても正気ではいられないような恐ろしい怪物や神々が存在するのだという感じの物語群である。興味があれば自分で調べてみていただきたい。ただしグロテスクな表現が苦手だという人はあまり調べないことをお勧めする。

TRPGの中でもクトゥルフ神話TRPGでは戦闘=死と言われているようなゲームバランスになっている。中でも神格のデータは遭遇するだけで死ぬとまでよく言われている。少し興味が出たので試してみることにした。

まず平均的な人間のデータを見てみる。
STR(筋力):9
CON(体力):9
SIZ(体格):12
INT(知力):12
POW(精神力):9
DEX(敏捷性):9
APP(外見):9
EDU(教養):12
これが普通の人間の能力を数字に表したものになる。ちなみにこの人間が何かを殴った時の威力は平均して3ダメージということになっている。これはこの人間が大体三回本気で殴られたら死ぬというぐらいの威力が出るということだ。

続いて代表的な神格、クトゥルフのデータを見てみる。
STR:140
CON:110
SIZ:210
INT:42
POW:42
DEX:21
……改めて見てみるとこれは酷い。人間が殴って殺そうと思えば大体54回殴らなければならない。しかもデータには超筋肉を持っていて、21ダメージ分のバリアがあるとまで書いてある。まず人間の力ではどうやっても傷一つつけられないということになる。
この神だが、かぎ爪と触肢の二つの武器を持っており、かぎ爪は66のダメージが平均で出て、触肢は33のダメージが与えられる。しかも、この攻撃は外れることがない。たった一回爪を振るだけで七人は一瞬で死ぬ威力が出ることになる。
しかも常人はこの神を見るときに正気を保てるか判定することになっている。失敗すればその人間は普通に正気を失い、精神病院送りになる。戦おうとすることすら人間には難しいということだ。
やはり人間が神に挑むものではない。

他のニャルラトホテプやクトゥグア、ハスターなどを見てもその出鱈目さは同じだ。所詮私たちはちっぽけな人間。恐ろしい怪物や神々と戦おうという行為自体が愚かなものなのだろう。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「ああ、神様お許しください/夢の対決/ヒロ」への3件のフィードバック

  1. TRPGが神々のすごさをとても巧妙にゲームの中に落とし込んでいたのでびっくりしました。鋭い着眼点ではないでしょうか、読んだいでわくわくしました。

    TRPGの説明の部分は、一瞬こんがらがってしまったのでもっと言葉数が少ない方が逆に伝わりやすいのかもしれないと思いました。

  2. TRPG、かなり興味があるので個人的にはとても楽しめました。後半はデータがいくつか出てきますが整理されていて読みやすかったです。平均的な人間も、だいぶマッチョですねこれ。

  3. この文章だけだと「なんだTRPGってクソゲーじゃん」という感じになるので、じゃあどうやって戦うのかが書いてあればいいと思います。
    全体的にもう少し話題の順番や主張の整理が必要だと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。