がんばれ/夢の対決/味噌の

今回は株式会社明治から発売されている「きのこの山」「たけのこの里」ではなく、もう一つ、定期的に論争を引き起こすグリコの「ポッキー」とロッテの「トッポ」について考えていきたいと思う。おそらくこの二商品を知らない人はいないと思われるため、商品説明は省略させていただく。

では商品の売り文句、アピールポイントから挙げていこう。

【ポッキー】

1Share happiness!~分かち合うって、いいね!~

2The Perfect Harmony~完璧なハーモニー~

3Easy to “Handle”~持ちやすい!~

4Snack with Style~スタイリッシュに間食を~

5*Snap* for Joy!~心を躍らせて*ポキッと折ろう*~

6Portable Pocky~持ち運びしやすいポッキー~

公式サイトより【http://www.pocky.jp/about/happiness.html

 

【トッポ】

最後までチョコたっぷり やっぱこれだね~ロッテのトッポ

公式サイトより【http://www.lotte.co.jp/products/catalogue/choco/05.html】

 

一見ポッキーのほうがアピールが多く魅力度が高いように思える。ところがよく見てみると、1~6全てがトッポにも当てはまる特徴なのである。つまり、このアピールポイントはポッキーだけに適用されるわけではない。対して、最後までチョコたっぷりはトッポにしかない特徴である。さらに私の友人が提案した「夏に開けても手が汚れないのつょい」という点も付け足すとしよう。また人生において縁のないものであろうポッキーゲームでも、トッポでおこなえば食せるチョコが両者平等になるという利点がある。

商品の優劣をつけるとすれば、以上のことからトッポの方が優秀といえる。

ところが、ポッキーの人気は未だ衰えることがない。偶然見つけた以下のデータを見てほしい。100人によるポッキー派トッポ派アンケートの結果だという。

http://sagooo.com/library/8650/

ここでは劣商品であるはずのポッキーが圧倒的勝利を見せている。さらに11/11「ポッキーの日」には多くの人がポッキーを買い求め、Y浜国立大学でもポッキーを手にした学生が数多く見られた。トッポ派も当日「立・トッポの日」を狙うもやはり発売年の早いポッキーは強かった。馴染みの味とそのメジャー性も人気の秘訣の1つのようだ。

 

ここで補足をすると、私もどちらかといえばポッキー派である。私にとってポッキーは少年漫画やライトノベルのラブコメディにおける「クラスの女の子ヒロインポジション」なのだ。彼女たちはぽっと出のヒロインに主人公を奪われるというヒロイン力で劣る存在でありながら、成功漫画の多くの場合で読者からの指示が熱い。主人公を想いつづける一途で真っすぐな姿が「かわいい」と評されるのだ。対抗馬が来ても一途に形を変えながらトッポちゃんと戦うポッキーさんを、私は今後も応援していく所存である。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「がんばれ/夢の対決/味噌の」への3件のフィードバック

  1. 読解力不足なのかもしれないですが、少女漫画の例えがわかりにくかったです。みんなどうせポッキー派なんですよね。トッポ大好き

  2. 王道をいくなあ。とはいえ、色々な角度からの検証があって、ネットの記事のようでした。最後の少年漫画ヒロイン説がスタジオ特有の視点ですね。トッポのポジションも気になります。
    味噌のさんは流れるような怒涛の語り口が特徴的だなと思うのですが、トピックごとに区切るなどして整えてあげると読む方は分かりやすいかも。

  3. ポッキーのキャッチコピーがたくさんあったのは意外でした。楽しく読ませていただきました。一点だけ、クラスのヒロインポジションあたりが少しよくわからなかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。