圧倒的夜型/夢の対決/ねおき

 

朝はどうも苦手だ。

小さいときから、朝は寝ぼけながら「起きたくなーいー」と言って親と口喧嘩をしていたし、今も、授業が始まるぎりぎりまで起きない、起きれない。朝を信用していないのかもしれない。朝の「よっしゃいくぞー」感、あれどうにかならないかな。友達の家で話し込んで夜更かしをして、6時にさあ帰宅しようとしたある朝、あまりにもまぶしい朝日に心底驚いた。こんなにも朝はエネルギーが降り注ぐのかと。ぐおおおお、完全に負けた。朝のひんやりした空気には清々しさがあって好感を持っていたけど、あの日差しにはまだまだ私は勝てそうにない。先を行かないでほしい、あの光量にたたき起こされているような感覚になるんだ。いやだ、私はまだうとうとしていたい。

 

 

 

それに比べて夜、私は君が大好きだ。

地球を自転させてくれてありがとう神様。夜はみんな寝静まってひっそりとしていて、無限の時間を手にしたように感じる。ツイッターでみんなのおやすみツイートを見守り、夜が来たと気づく。そこからの時間は、世界に自分ひとりなんじゃないかってベタなことを考える瞬間が、あったりなかったり。いや、上の階の人の足音がするから、あまりないや。みなさんも夜がお好きね。夜中の静けさがあるからこそ、思い浮かぶことだってあるし、夜に食べる焼きプリンは最高だ。寝てたらもったいないの。みんなが知らない時間を私は知っている、そんな感覚に陥ってしまうのが夜更かし。なにかを犠牲にしてでも自分のために時間を使ってる感じがするからなんだろうか。

夜っぽい音楽も大好きだ。最近ジャケットが好みってだけで借りたCDが、深夜のネオンのなかをドライブできそうな音楽で、ますます夜が楽しくなった。願わくは聴きながら夜の街を散歩したい。免許持ってないからね。

 

 

私はもう完全に夜型人間になった。夜の深さと楽しさを知ってしまった。朝型がいいわよ、三文の徳があるわよ、って先生には教わるけど、いや知ってるんだよ、朝型のほうが健康やら勉強やらその他諸々に良いってことくらい。さも常識のように君臨してる、だけど、朝型夜型っていうのはもう遺伝子レベルでも決まっているらしい。へっ残念でした!しかもオバマだってモーツァルトだって夜型、楽しい深夜の仲間なのです。夜型はいいぞ。

 

 

 

私の夜のお供 置いていきます。じゃ、おやすみなさい。

 

 

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「圧倒的夜型/夢の対決/ねおき」への3件のフィードバック

  1. 私としては習慣付けすることで無理矢理にでも変えられる説を推したいところです。大事なことが朝にあれば、なんだかんだ言って起きますからね。たぶん。そういうもの、って体に覚えさせればいいのかと。今でも小学生の時にあんな早く起きれたのは信じられない。

    夜は好きでもありますが嫌いでもありますね。テンション高いときと、落ち込んでるときだと全く違うように感じる気がします。

    この声は眠くなりそうですね。。ちよっとジャズ流してきますね(しらっ

  2. うーん、夜はいいぞ!感がうすい。
    朝の嫌いさもイマイチ出てないです。
    これは完全に内容のせいではないでしょうか。
    もっと朝の布団の罪深さとか、夜の空気の澄み具合だとか、ピックアップして推すべき良さってあるんじゃないかなぁ。

  3. もっと掘り下げられたかなぁという印象。曲がついてるのはいいと思うのでもっと、こう、夜好きすぎて逆に共感できねぇなぁってぐらい緻密に書いて欲しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。