横国VS早慶/夢の対決/ピエロ

 私は塾のアルバイトをしている。受験界でも、横国VS早慶の戦いの勝敗は人によって異なるものである。受験生が受験校について神経質になるこの時期、この手の相談に乗る回数が増えてきた。実際同輩でも、どっちも受かって横国に進学した人と慶応に進学した人、両者いる。私は迷わず横国に来た。

 横国の人文。相当ここに来たいと思っていた記憶がある。親にも、ここが自分にぴったりだと言われた。でも、将来の夢も大学で学びたい分野も特に決まってなかった自分にとって、志望動機となるものは自分の学力の範囲内で行けるなるべく偏差値の高い大学に行きたいというものくらいで、それ以外なかった。でもいま思えば、どうしてそんなに行きたかったのかわからない。今挙げてもそんなに要素として強くない志望動機のどこに自分は突き動かされていたのだろうか。

 とても行きたかったはずの大学に来て、何をしているのだろう。元々やりたかった学びがなかった過去の自分にとって、今の自分がこう思ってしまうのは当然のことなのだろうか。大学にとりあえず入ることだけを考えていて、大学に行けば何かが見つかると思っていた。それは間違いだったのか、それともこれから出会えるのか。

 そもそも、大学の社会的評価はどこから来ているのだろう。例えば横国。私は横国の偏差値を低いとは思わないし、むしろ高い方だと思う。大学名は、大学を卒業してから一生個人に付きまとうレッテルであり、人間を大学名だけでははかれないことなど言語道断だが、それでも大学名に左右される場面は多々ある。横国が世間の中でこの地位まで昇りつめたのはどうしてなのか。この大学のどこにそこまで魅力があるのか。この大学のどこに高い社会的評価が集まるのか。どうしてこの大学はいい頭脳を持っていなかったら入れない大学になったのか。約一年前、あんなにキラキラして見えていた大学に、いざ入学したらこんなことを考えてしまうほどになってしまった。

 ふと最近、もし自分があの人生の岐路でもうひとつの道を選んでいたら、いまどんな生活を送っているのだろうかとよぎることがある。でも、仮にそっちの道に進んでいたとしても、今同じようなことを思うかもしれない。そればかりは分からないけど。

 でも、みんなそんなものなのかもしれない。少なくとも私が三田祭でこのような内容のおしゃべりしていた4人(中学高校と同じで、大学は全員違う。1人は慶応、1人は早稲田、1人は学習院女子。)のうちの3人は、現在みんな同じようなことを考えていた。外から見たときと、実際にそこに所属出来てからと、ものの見方は変わるのかもしれない。将来、この大学の魅力がわかる日が来るのかもしれない。来てほしい。この大学に入学できて学べて良かったと誇りを持って言える日が来ると、今は信じている。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「横国VS早慶/夢の対決/ピエロ」への1件のフィードバック

  1. 大学の価値とか、世間からの評価とか、どうしてこうなってるんだろうとは私も考えたことがあります。世間の色んなものの価値については疑問が多いのですが、大学ってその中でも不明度合が高い気がします。なるほど、早慶の方も同じこと考えているんですねぇ……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。