男vs男の娘/夢の対決/さくら

もっとネタに走れそうなテーマだったのに、まさかのネタ切れ。つらいぞ。

いやはや、大学に入り、バイトを始め、趣味に寛容な人たちの中に囲まれながら、また経済的な余裕も徐々にできてきて、どっぷり沼にはまってしまったのが、コスプレ。まあ元々男らしく生きることには違和感を感じていたので、たまっていたものが爆発してしまった、とでも言ったほうがいいのかもしれませんが。

きっかけはまあ別のスタジオでの活動からなんですが、ここは清田スタジオなので、あんまり深く掘り下げないでおきます。

 

最近は男の娘というジャンルも徐々に一般に受け入れられてきて、また原宿系ジェンダーレス男子の登場で一躍最先端のオシャレ的な目で見られることもワンチャン出てきたので、なんというか僕らのような人種がついに日の目を浴びたような、そんな気がしています。

というわけで、わざわざ男らしく生きることよりも男の娘になったほうが人生楽しいよ、って感じのことを語っていこうかなと思います。男であることにあまり固執せず、男女のいいとこ取りしながら生きていくのが今後のトレンドになるといいなあと思ったり。

 

まず、服装の自由さが圧倒的に違います。男として生きるとなるとスカートは履けないし、フリルも付けられないし、そういったかわいいものに触れることができません。別に男の娘になったところで、男らしい服を着られなくなるわけではないので、単純に選択肢が2倍以上に広がることになりますね。最近はレディースの服もよく見るようになったので、これまで億劫だった服選びとかアパレルのウインドウショッピングが楽しくなりました。

次に化粧。趣味男の娘の利点として、女と違い、その時だけ化粧をすればいいので、毎日朝少し早く起きて化粧をしなければいけない大変さにとらわれないメリットがあります。普段は男として生活することもできるわけなので、そうする分にはすっぴんでも全く問題ないのです。化粧という行為自体も義務感を感じることなく楽しみながらできます。

正直、僕みたいなズボラな人間は実際女になってしまったら毎朝の化粧が面倒過ぎて死んでると思うので、そういう点ではむしろ男の娘のほうが向いているのかもしれません。

 

あとは話題的な面ですね。女装を始めてから、女子との共通の話題が増えて話が少し弾むようになりました。やっぱり話せる話題が多いと誰と話すにも楽しくなりますね。僕が化粧の話とか原宿のファッションの話をするようになるなんて、1年前の自分からは想像もつかないですね。

 

うちの学部って元々個性的な人も結構いるので、こんな感じの生き方してても悪目立ちしないんですよね。だからこそこうして女性的な領域に足を踏み入れることができて、人生を2倍楽しめるというわけです。男の人生しか知らないのは、文字通り人生を半分損してるのではないか、と主張します。

 

というわけで、この対決は男の娘がダブルスコアでの勝利を収めた、という幕引きにさせていただきます。今後もいろんな人と交流しながら、いいとこ取りの人生を歩んでいきたいものです。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「男vs男の娘/夢の対決/さくら」への5件のフィードバック

  1. これは新発見ですね。ピンクの服よく着るなぁとは思ったけど、そういう傾向に全く気付きませんでした。「ジェンダーレス男子」、「原宿」のキーワードでゆうたろうしか浮かべなかったのですが、その人はただ痩せていて、顔が可愛くて、化粧してるだけなのでは。女子の服を着るイメージはあまりなかった。そういう意味ではさくらさんはたまに女子の格好をしても、キモいと思われる確率は低いのですが、遠藤憲一さんみたいな顔と体格の人が男の娘をしていたら流石に人文生でも引くと思いますよ。

  2. 私は男の娘に対して割と好感があるし、昔からアイドルの女装とか大好きでしたので、もっとみんなやればいいのに!って思ってます。ただジェンダーレス男子だけはどうしてもダメ。無理。なんていうの、どうしてそんなにアピールしたがるの?そういう格好がしたいならわざわざカテゴライズせずに服着ればいいしすきにして?って感じなんですけど、奴らの嫌なところってSNSとかに自撮りを載せるしやたらとアピールしてくるところな。なんていうの?オメー結局は注目されたいだけだろ?ってもう生理的に無理。多分、女の娘と違って、中途半端に女々しいところを見せてくるからやと思います。
    なんのコスプレしてるんやろ、って個人的に気になりました。こういう趣味を話せるところが人文のいいところやなあと改めて思います。

  3. 男と比べて男の娘を優位に立たせる意図で書かれてるからしょうがないのかもしれませんが、「女と違い」とか「実際女になってしまったら」という表現に女である私は少し反感を覚えました。女にだってズボラである自由はあると思いますし。そういう意味でいうと男/男の娘というより男の娘/女とも読める文章でした。

  4. 最近は本当に男女の境目が曖昧になりつつあるというか、そういう傾向が目立ってきてますよね。テレビでも中性的な男のタレントが増えているように思えます。でも男化する女の子ってあんまりいないですよね。それは性格的な問題じゃなくて、外見的な意味で。すごく不思議に思います。個人的にどうして女装するに至ったのかは聞きたいところです。

  5. 今週はいまいち。

    あきこちゃんの方でやってることを面白く書くなんて難しいよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。