胸部二種/夢の対決/なべしま

現在深夜一時、知能は極めて低下しIQは2をきると言われる時間に申し訳なくも文章を書いているものの全く頭がはたらかぬ。
ところで深夜の法則というモノがあって、修学旅行の経験値が物を言うのだがこんな時間には胸部にしか思いをはせられない。

胸部は男女問わず身についているものであり、己の乳を一度は揉んだことがあるだろうが自分のものを揉んでもつまらないのは不思議。しかし両者の甲乙はつけがたい。ともかくそれを議論する今私の理想形を述べてみよう。

まず胸と言えば豊満な女性のたわわな膨らみを思い浮かべる人が多かろう。私も好きだ。大きければ大きいほど良いので貧乳は認めないものとするが、かといって高望みはしない。手のひらで包み込んだときに余るくらいが心地良いのである。大きくてふっくらしたのを手中にするは愉快だろうが、果たしてそれを十分に扱うことができるだろうか。否、己の手のひらに合わせるべきなのだ。己の身の丈を知り、そう手に余るほどの胸を手にして如何とするか、むしろ乳が勿体ない。そのかわり手の形に柔らかく食い込む肉体の妙は他には代えがたい。身体は肉と形容されるが、肉を揉みたければ肉屋に行けばよい、乳というものは不思議な快感をもって優しくこちらの身を包むのである。

かといって胸筋(俗称を雄っぱい)というのも、これはまた魅惑の外見をもってこちらの脳髄を刺激する。しかし、哀しいかな、事実胸筋というモノを手中にしたことは未だなく、極めて自慰的想像の域を脱しないことを謝罪しておきたい。
となれば自然その外見に幻惑されざるをえない。一説によれば鍛錬を重ねた良い筋肉とはただ固いだけの肉にあらず、想像もつかぬ柔軟性を持っているらしい。指を這わせればほんの少し、指先一つ、恥じらいがちに凹むのだ。乳がその膨らみを楽しむものならば、胸は凹みを愛でるものであると言えるかもしれない。
さすれば胸筋は魅力に置いて乳に劣るのであろうか、その感触の快感において乳と同じならば、というのは早まるものでない。胸筋のふくらみというものは乳の膨らみに負けず劣らず強力な魅力を持つ。筋肉のふくらみというものは、己で膨らみ、という魅力を押し殺すような謙虚さが見て取れるのである。乳の膨らみというものはまず膨らんでいる状態が自然であり、つまりそこになんのてらいもない。一方筋肉は己が膨らんでいるとは思っていない。無防備なふくらみ、そこには成長を続ける少年少女のような初々しささえ感じられる。また年を経た筋肉には、おのれで練り上げた上での自身が確固として存在しているのである。なんと複雑な性格を帯びた存在なのであろうか。胸筋とは、見つめられる存在としては、乳の上をいくのではないかとさえ思わせる。

ではどちらを優とし劣と断ずるか。
思うに乳は揉むもの、胸は見るものだ。乳の魅力とはその柔らかさ、優しさにあるとしたら、そこに存在する魅力とは感触に列席をなすものといえる。魅惑の外見も、揉まれることを私たちの意識下に期待させる。
それに対し胸は曲線、そしてどのように見えるのか……着物から垣間見えるものなのか、あるいはカソックのような身体に密着するような衣服の下に主張するものなのか、そうしたものに工夫が凝らされる。そして胸でしかない存在に愛おしさを覚える。

世の中には乳を愛する者の多けれど、胸の愛する者はどうか。いいや、いるのかもしれないが、それが風潮となるには少々肩身の狭い。
乳を持つものも胸を持つものも、是非ともその存在を恥じずに世界に向いてもらいたい。とは締めてみるものの、各方面から怒られそうではある、ジェンダー的に。

5 votes, average: 4.80 out of 55 votes, average: 4.80 out of 55 votes, average: 4.80 out of 55 votes, average: 4.80 out of 55 votes, average: 4.80 out of 5 (5 投票, 平均点: 4.80,  総合点:24  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「胸部二種/夢の対決/なべしま」への5件のフィードバック

  1. 女の人って、「乳」についてどう思っているのだろう…という日頃の自慰的想像(?)があるので、面白く読めました。

    私は胸筋ゼロの貧弱野郎なのですが、胸筋がすごい男の人を見ると、少し怖さを感じます。(僻みなのかもしれないですけど…)

  2. 乳と胸…なるほど考えもしませんでした。
    私は女ながらヒトの大きめの乳を見るのが好きですが、残念ながら他人のを触ったことがありません。
    そんで胸筋も触ったことがないのですが。
    文章中の感触の描写が想像をかきたててくれました。素敵です。

  3. 性的なことって、女性が書くといやらしさを全く感じさせない気がします。これは自分が男性だからかもしれませんが。
    筋肉の謙虚さは思わず笑いました。胸は突き抜けてますね。そのぶん乳は割と見かけるタイプの話ですが、なべしまさんの語り口のおかげで「乳圧ってめっちゃいいんですよ!」みたいな文体より面白くなったと思います。

  4. 胸部二種の各々の表現が秀逸でした。映像化できる文字表現は難しいですが、いい感じに性的で俗っぽくなりすぎず、諸々のラインが掴みづらい題材なのにも関わらず綺麗にまとまっていたと思います。

    私は乳派です。

  5. てっきり巨乳か貧乳かみたいな話になると思いきやそっち!?って感じでした。性によって惹かれるものが分かれるものだと思うからどっちがいいかという問いは若干無意味な気もしないでもないけど。冷静にどっちも分析してるのは面白かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。