ステーキ/食レポ/なべしま

先日早々と忘年会なるものに参加、関内駅から徒歩五分ほどの奥まったところにある、『one’s kitchen』なるお店に行ってまいりました。

今回はコース料理を頂いたのですが、コース料理とはいえ、それぞれきちんと料理がなされておりどれも美味しかったのですが、
なかでもイベリコ豚の岩塩ステーキが一番の美味でした。
なによりまず見目が素晴らしく印象的で、皆さん岩塩はご存知でしょう。
料理に気を遣う家ならばあの小粒水晶のようなのをガリガリ削る岩塩があるでしょうが、まずスケールが違います。
岩塩というより岩盤です。
珊瑚色の岩のような塩が皿代わりに、肉を乗せてやって来るのです。さらにその上に乗っている肉も、岩盤塩に負けず劣らず分厚い。でかい。ベルセルク二冊はくだりません。
なんという視覚の暴力。

この肉を食す際には岩塩を撫で、塩味を加えていただくのですが、これなんと徐々に塩が染み込んで来るのです。
なので鮮度が命、次々と肉を食べても誰も文句を言いません。最高ですね。

焼肉は娯楽といいますが、岩塩ステーキは肉に対する遠慮と策略を捨て去ることができる、肉界の世紀末と言えるでしょう。奪い去る気概こそが力。
簡素で洒落た店内の中で、肉を貪ってみるも一興、中々乙なものなのです。

https://www.google.co.jp/amp/s/amp.gnavi.co.jp/r/gd2w900/?client=safari

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「ステーキ/食レポ/なべしま」への3件のフィードバック

  1. 直近で本当に美味しいもの食べると迷うよね!俺も一昨日肉寿司食って迷ったわ。結局なんらかではずさないと面白い文にはならないという恐怖感でやめたけど。ベルセルク比較とか、わりかし読みやすい努力がされてるのぅ。てか岩塩プレートすげぇ。それ使うごとに捨ててんのかな。

  2. めちゃくちゃ高級そうですね。こんな食べ方見たことないです。食べ方がすごく特徴的だからその味がどのようなものかは知りたかったです。例えば岩塩って普通の塩とは違う味がするのかとか、塩に肉をのせることで一般的な食べ方とは味にどのような違いがでるのかとか。その辺をもう少し追求してほしかったです。

  3. 私には縁のないタイプのお店です…。すごくおしゃれな様子が写真から伝わって来るので、料理だけでなく店内の内装やらまで描写して欲しかったなぁという印象です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。