ヨーグルト選手権/食レポ/竹

ヨーグルト大好き人間なので、南通の近くにある(比較的品物があまり売ってない)サンクスでヨーグルトを買い、食べ比べをした。

全部でヨーグルトは10種類。今回はプレーンヨーグルト部門に3商品、フルーツヨーグルト部門に5商品、ギリシャヨーグルト部門に2商品出場している。

 

【プレーンヨーグルト部門】

明治ブルガリアヨーグルト プレーン
ややかため、水分少なめあとから甘味がやってくる、酸味強め。

R-1(明治)
優しい味、やわらかめ、水分多め、甘め、酸味少なめ。

LG21(明治)
R-1より水分が多く、プレーンヨーグルトの中で最も酸味が少ない。

 

【フルーツヨーグルト部門】

ブルガリアいちご(明治)
ヨーグルト自体にイチゴ味がついているが、完全ないちごではない。調味料感が満載。たまにでかいいちごが入っている。

ブルガリアぶどう&白桃(明治)
ぶどうかんが強い。かなりさっぱりしている。自然な果実感がでている。中のフルーツが白桃なんだかぶどうなんだかよくわからん。

ブルガリアブルーベリー&3種のベリー(明治)
ブルーベリーと三種のベリーを組み合わせることによって、バランスの取れた味わい。だが、パッケージでブルーベリーを主張している割にはブルーベリー感が少ない。しかしいちごのようなわざとらしさはない。

朝食りんごヨーグルト(グリコ)
りんごがかなりシャキシャキしている。ヨーグルトは柔らかい。ヨーグルトにりんご味はついていないが、マイルド。ひとつひとつのりんごはシャキシャキしている上、大きさもあるが、量は少ない。

森永アロエヨーグルト(森永)
フルーツヨーグルト部門では最もアロエが大きい。ヨーグルト本体に対する果実の割合も多い。若干ヨーグルトがパサつく。

 

【ギリシャヨーグルト部門】

oikosウィンターラズベリー(ダノン)
ヨーグルト自体は甘め。ギリシャヨーグルトなので、ヨーグルトはもちろんかため。底に入っているジャムはちょっと安っぽい。あまり果実感はない。

パルテノ ブルーベリー(森永)
ヨーグルトはかためであるがクリーミー。甘味はあまりないが、かなりクリーミーなので甘味がなくてもじゅうぶん。底のジャムはやわらかい。果実感もかなりある。

 

ということで、それぞれの部門1位と総合優勝を決めたいと思う。

まず、プレーンヨーグルト部門。

1位に輝いたのは...

 

LG21(明治)!!

 

ほどよい酸味と甘味、そして食べたあともヨーグルトのえぐみが残らない。なめらかでとても食べやすい。

次に、フルーツヨーグルト部門。

1位に輝いたのは...

 

朝食りんごヨーグルト(グリコ)!!

 

ヨーグルトのなめらかさ、果実の大きさ、シャキシャキ感、すべて高評価。もう少しりんごを入れるとなおよし。

最後に、ギリシャヨーグルト部門。

1位に輝いたのは...

 

パルテノブルーベリー!!

 

ギリシャヨーグルトの濃厚さとなめらかさをうまく兼ね備えている。また、底にあるブルーベリージャムも、果実感がありクオリティも高い。

 

そして、総合優勝は......

 

ギリシャヨーグルト部門の、

パルテノブルーベリー!!

 

ギリシャヨーグルトという比較的新しい部門でありながら総合優勝を勝ち取った。とても素晴らしい。これからも新しいヨーグルトを開拓していって欲しいと思う。

流石にヨーグルト13個を一気に食べることはできなかったのでちょっとずつ食べていきたいと思います。よろしくお願いします。

 

 

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「ヨーグルト選手権/食レポ/竹」への5件のフィードバック

  1. ギリシャヨーグルトってなんやねん! というのが第一印象。この時点で私がヨーグルトを食していないのがよくわかりますね。
    それぞれの美味しさを書くというよりは、どんなヨーグルトを食べるのか判断するときの基準っぽく感じましたね。
    同じ会社の商品に固まらずに色んなところのやつを入れてみると良かったかもしれません。

  2. 私もパルテノブルーベリー好きです!最近3日連続くらいで食べてました笑
    今度ヨーグルトを選ぶときの参考にさせてもらおうと思いました。

  3. 個人的には、アロエヨーグルトが1番好き。ヨーグルト大好き人間なら、もっと膨大な数のヨーグルトを食べて部門を問わずランキングにしたり、たかがヨーグルトなのにこんなに味の表現ある?ってくらい丁寧に食レポしたり、こんなものにまでヨーグルト入れます!みたいな感じにしてもおもしろかったかも知れない。

  4. 食べ比べ企画、他にも色々とあったなぁ…。
    箇条書き、メモ書きのように書くと美味しさや味の特徴が伝わりにくいので、
    味覚に訴える為にも、食べたときの感動や驚きを文章にして訴えるのが良いと思う。

  5. 写真があって非常に分かりやすいのだけど、☆とかで評価していった方が読みやすかったかもです。
    ただ、私生まれてこの方ヨーグルト食べたことないので、どれだけ言葉を尽くしても伝わらないみたいなとこありました。すみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。