全国油そば紀行/食レポ/さくら

先日12月4日・日曜日、大雨の中大阪のキンチョウスタジアムで行われたJ1昇格プレーオフ決勝。僕がかねてから応援しているセレッソ大阪が、3年ぶりのJ1復帰を決めました!おめでとうございます!

なぜ冒頭にこんな話をしたかというと、セレッソ大阪の応援のために各地に遠征しているわけなんですが、当然旅をすれば旅先で食事をするわけで。実際には時間がなかったり店の雰囲気や予算に負けて全国チェーン店やコンビニ飯にすることも多いのですが、そんな中でも遠征を通して各地で食べた、今回紹介したいものは、「油そば」!

きっかけは友達が油そば店の常連だったことからでした。その友達の誘いで食べた油そばが非常においしく、自分も彼女の熱意に負けて油そばにハマってしまった、というわけです。

油そば自体は全国的に広まっている食べ物なんですが、各地域にそこを拠点とする油そば専門店が集中して出店しているような勢力図なので、それぞれに遠征するときにそこに寄って油そばを食べ比べる、ってことをしていました。

正直ラーメンにあるような醤油・塩・味噌・とんこつ…といったレベルでの味の違いがあるわけではないのですが、それぞれで雰囲気や作りに違いがあって面白いものです。みなさんも立ち寄った時に是非。

 

① 春日亭 明大前店

img_9321

東京を中心に店舗を持つ油そば専門店です。調布にある味の素スタジアムから渋谷に戻る途中に立ち寄りました。ここのイチオシは「鳥豚(とりとん)油そば」!鳥ガラと豚骨で煮込んだコクのあるスープで作った油そば。ここ明大前店は、大学の近くで学生客が多いためか、前に行った池袋本店に比べより油が濃い感じがしました。もう店員さんから丼を渡された時の感動がすごかったですね。これを豪快に混ぜてタレと油と麺を一緒に味わいます。濃厚な見た目からは全く想像がつかないかもしれませんが、なんとカロリーも塩分もラーメンに比べて大幅に少ないのです!この見た目の果てしない油感とは裏腹に、でも満足感はそのままに、想像以上にすっきりした食べ応えです。

東京都世田谷区松原1-36-8 京王線・井の頭線明大前駅出口徒歩1分

 

② きりん寺 大阪総本店

img_8137

大阪に店舗を構える油そば専門店の総本店です。大阪でのホームゲーム観戦のあとにミナミ周辺で時間を潰す際に行きました。大阪日本橋オタロード(秋葉原的なところ)の中にあり、そういう感じの店を巡回してる最中に食べに行けるのが強み。今回紹介する他の店に比べて麺が細め。この細さのおかげで一度にたくさん持ち上げて食べられるのがいいですね。ラー油を2周、酢を2周したら一気にいただきます。元々油そばってささっと食べるものなので、ささっと食べてそれでもボリュームは十分、お腹いっぱいになったらまたオタクショップへ、って感じの旅ができます。食べるのが遅い僕でも15分で完食して満腹になったので、時間的なコスパも十分。あっ、最寄りは日本橋駅じゃないので注意。その隣の駅です。

大阪府大阪市浪速区日本橋5-11-12 地下鉄堺筋線恵美須町駅徒歩2分

 

③ 歌志軒 大須店

img_8965

とあるバンドのライブのチケットが名古屋公演しか残ってなかったので、その鑑賞のために名古屋へ。そこで名古屋の友人から勧められていたこの店へ。ここは冷やし中華のようなさっぱり感が特徴。とはいえ、油そばの油感もしっかり味わえます。麺はきりん寺と似ていますが、こっちのほうが少しベースから酢が効いてますね。これ食べて直後にライブ行って飛んでるわけですが、それでも何ら問題なかったので、そういう意味では朝でも昼でも重く感じないのがいいですね。どこの店もそうなんですが、トッピングで大きく印象を変えられるので、今度は何かトッピングで新たな食べ方をしてみようかな、と思いますね。

愛知県名古屋市中区大須3-43-16 地下鉄鶴舞線・名城線上前津駅徒歩2分

 

④ ぶらぶら 横浜店

img_9695

家系ラーメン激戦区横浜の中にある油そば専門店。この店も東京が本拠地なんですが、前述の春日亭と異なり神奈川県にも多く出店しているので、僕にとってピンポイントにありがたいのが特徴。今回紹介した3店舗と違って、水がカウンターに無かったので1人だと若干荷物が心配ですね。ここのタレは結構色が濃い目で、麺もかなり染まりやすい麺なので、混ぜていてタレが絡んでいく感じを楽しめるのがいいですね。またタマネギがカウンターに置いてあるので、こってりとした油そばにシャキッとしたみずみずしさを足せるのが特徴です。麺を食べ終わったら、カウンターに置いてある鶏ガラスープを丼へ。残ったタレと混ざり合ったスープをそのままいただきます。後味さっぱりで〆に最適。オプションでご飯を付けて雑炊にもできるので、今度やってみようかな、と。

神奈川県横浜市西区南幸2-12-11 横浜駅西口 or 相鉄平沼橋駅徒歩5分 岡野の交差点のところですね。

 

大盛や場合によっては特盛まで並と同じ金額で頼めるため、腹の減る学生にも向いてるグルメだと思います。また、ラーメンよりも重くないので、割とどういう状況でも食べやすいのも長所です。油ものに興味があるけど、あんまりこってりしたもの食べられないし、気持ち悪くなったら嫌だ…って人にも油そばは自信を持ってオススメできます。そもそも僕に油そばを勧めてきた友達も普通の女子ですしね。特にぶらぶらなんて大学からも行きやすいので誰か行きましょう!

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「全国油そば紀行/食レポ/さくら」への3件のフィードバック

  1. 「油そば」!けっこう頻繁に耳にする料理なのですが、ここに添付されている写真をみるまで目にしたことは無かったです。もちろん食べたことも。
    名前と見た目から連想されるほどヘビーじゃないというのは驚きです。そんで、夕食を食べ損ねた後の夜中に読む文章ではなかったといたく後悔しております。

  2. お昼の番組の企画を見てるみたいで、どんな味か伝わってきました。油そばは醤油しか食べたことなかったですけど、鳥豚油そばめちゃくちゃ美味しそうですね。

  3. 油そばって名前がもう怖くて絶対食べたくないなと思っていたのですが、名前に反してそこまで重たい食べ物ではないのだったら一度は食べてみたいものです。
    ラーメン屋はチェーン店でも場所によって味が違うと言いますが、やっぱり油そばも土地によって違うんですかね、ちょっとお金があったら(ない)食べに行ってみたいな〜と興味を持ってしまいました。
    一つ一つのメニューをそれはもう丁寧に紹介しているところ、味が想像できてしまって一日鹿肉をもさもさ食べているところにガツンと脂が欲しくなってきて、わりと今身悶えてます。
    食べ歩きブログめ、お腹減ったぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。