孤独(物理)のグルメ〜五目いなり、鹿を獲る編〜/食レポ/五目いなり

生まれてこの方21年、人間嫌いを拗らせて、食事とはコミュニケーションの一環ではなく純然たる生命活動を保持する為の義務と成り下がっているこの私、日々の食事情にはそこそここだわっているつもりがあるにも関わらず、気が付けば怠惰が過ぎて1日を3粒のぷっちょで過ごすことも少なくはない今日この頃。
なにぶん食には気を使っているが故にコンビニ弁当や菓子パン、カップ麺の類を食事と認めず、また金の無い出不精に外食はハードルが高すぎて、結果スーパーで買ってきた何時ぞやの萎びた芋を煮付けるしか無い貧乏学生の鑑のような生活をしばし送っていたのだが、
肉が食いたい。
一袋21円のもやしでも命は食いつなげるものの、料理スキルに定評をつけたいこの私、味気ないのはいやなのだ。
やっぱりそこに、肉、肉が欲しい。
しかし現実は非情である、給料日の数日後には財布の中身と口座の中身が3桁を切る私の手は、滅多に肉には届かない。
スーパーに陳列される牛、豚、鶏は財布の敵だ、もっと財布に優しい肉はいないのか……

と、いうことで狩って参りました、鹿。

昨年夏に「人間と関わりたくないから山に住もう」思い立ち狩猟免許を取っていたことが幸いし、居酒屋で偶然知り合ったワイルドな狩猟系おじさまと意気投合、丹沢のお山の一角に狩猟へ行って参りました。
人間と関わらないために取った資格で人間と関わるとは奇ッ怪極まりないのだけれども、まあそれも人生、多少のことは諦めなければやってけません。
狩猟と言っても私は銃を持ってはいないので、ベテランのおじさまたちの後をてくてくついて行くだけだったのですが、人嫌いが過ぎて予定が決まった直後に体調を崩したり、本気で狩猟をするとは思っていなかったらしい両親に呼び出されたり、前日は緊張のしすぎで眠れなかったりと人間とのコミュニケーションが極めて下手なことを再確認させるような様々なエピソードを乗り越えて、やっとこさなんとか山へと漕ぎ着けて、結果、鹿を一頭仕留めることが出来ました。
仕留めたのはもちろん私、ではなく川まで鹿を追い詰めた猟犬らしいのですが、どうやら半矢の鹿だったらしく、少々血が回っている模様。
それでもうまく血抜きをして、今や肉の塊となった鹿肉が、ごろごろごろり、冷蔵庫に七つほど転がっているのが現状です。
鹿肉は獣臭さがあると聞くのでオリーブオイル、赤ワイン、ヨーグルトに漬け込んで臭みを抜こうとしてはいますが、いやはやどんな味になるのやら。
今や肉となった尊き一頭の鹿の命、この五目いなりは誠心誠意美味しく食べると誓ったわけではありますが、いや本当にどうすれば良いのでしょう。
なんせ鹿肉なんて調理したことはおろかきちんと食べたことだってありません、何をしたら美味しいのかなど知る由もなく、ただただ戸惑いに暮れるばかりが人生です。

……え?結局ここまで来て、食レポをしていない、ですって?
ちょっとちょっと、そこの哀れな人間さんよ、どうやったって一日二日で週末まで生きていた獣の臭みが抜けるわけがないでしょう。
本来食事とは自分が生きるために他の命を頂く神聖な行為です、人間が取り決めたルールなどに従って命を最善の状態でいただかないなど、あってはならんのですよ。
け、決して締め切りを過ぎた言い訳などでは断じてなく!

……と、いうことで、まだ食してはいませんがこれが私の食レポでありました。
もちろん下準備だけして食わないなんて愚かなことはするつもりもありませんので、本日大学から帰ったら、早速調理を開始する予定であります。
美味しくできたら、スタジオへ鹿肉料理を持っていっても良いやもな、と考えていたりなかったり、結果は明日の発表です。

果たして私は命を調理し、食すことができるのか。
財布が空っぽでも肉にありつくことはできるのか。

鹿に恥じない料理が!
この、五目いなりに!
できるのか!?

神のみぞ知る驚きの調理編、実食編、このあとすぐ!?
(…to be continued?)

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「孤独(物理)のグルメ〜五目いなり、鹿を獲る編〜/食レポ/五目いなり」への2件のフィードバック

  1. 狩猟免許ってどうやってとるんですか?
    純粋な驚きと少しの羨望をもって読ませていただきました。
    いいですね、鹿肉!興味あります。残念ながら私は食べたことはないのですが、銀の匙なるマンガで出てきた鹿焼肉がそれはそれは美味しそうだったことを思い出しました。

  2. 過去にニコ動で雪の足柄(だったかな)で鹿を狩猟して食べてる人の動画を見たことがあります。多分同じような手順を踏んで食すことになるのかな、と勝手に自分の脳内で補完して読んでいました。見た目的には赤黒くて結構歯ごたえのある感じだったように見えましたが、実際どうなんでしょう。その人はその場で七輪炊いて炙って食べてましたが、実際は臭み強くてすぐに食べるのってきついんですね。
    続報待ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。