愛すべきTKG/食レポ/waku

私が今回食レポするのはみんな大好きTKGである。だが、TKGはTKGでもただのTKGではない。究極のTKGである。

 

そう、あれは運命の出会いであった。今日の夕食は何にしようかなー。疲れてるし簡単なのがいいなー。なんかいいアイデアないかなー。よし。こんなときはあいつを呼ぼう。                                    おーいGoogleせんせーい!というわけで、Google先生を呼び出して検索する。「OK, Google! 一人暮らし ご飯」あれ?使えない。えっ、設定必要なの?めんどくせー。普通に調べよ。ポチポチ。

よし、何を食べようか。冷蔵庫には卵とシチューのルウと調味料しか入っていない。鍋とか包丁を使うのはめんどくさい。んー、どうしよ。あ、シラス丼おいしそう。

…シラス?

んなもん、うちの冷蔵庫に入ってるわけねーだろ。もっと一般的な一人暮らしの家の冷蔵庫に入ってるもので作れよ。ブツブツ…。などと独り言を言いながらも画面をスクロールスクロール。キラキラと光った写真が目に入る。んん?!なにこれおいしそう!卵がキラキラしてる! えーっと、

「焼肉屋のまかない☆究極のたまごかけご飯」

究極?うまそう!ってか焼肉屋のまかないがたまごかけご飯なのか?質素だな。まあいい。これにしよう。クックパッドにつながるリンクを開いてTKGをつくり始める。器にご飯を盛り、卵を入れるための凹みを作る。その上から鰹節を豪快に一袋ぶっかける。それから卵を割り真ん中に落とす。…が、

あ゛あ゛ーーー!!殻入ったー!うぜー。

仕方がないので地道に殻を取り除く。

そうして、次にしょうゆをかけ、最後にこのTKGを究極にするための秘密兵器を投入する。

テッテテーン。ごま油ー!

ドバっと出ないように気を付けながら全体にかける。

よし、完成!

器がタッパーであることは気にしないでほしい。決してお茶碗を洗うのがめんどくさかったとかいうわけではない。

さて、ようやく食レポに入る。ご飯と卵がしっかりと絡まるように混ぜ、一口目を口の中へと運ぶ。

うむ、おいしい。

ふわっと漂い、食欲をそそるごま油の香りとしょうゆの味、ご飯を包むドロッとした卵。そしてさりげなく存在し、静かに香って周りを引き立てる鰹節。それはもう見事なハーモニーである。おいしくてどんどん箸が進む。ご飯が卵に包まれているせいか、大して咀嚼しなくても勝手に胃の中へ消えていく。食べているうちに、むしろTKGは咀嚼してはいけないのだと思い至る。嚙みすぎて卵のベールをはがしてしまってはもったいないどころかたまごかけご飯の意味がなくなってしまう。勢いよく口の中へかきこんでこそTKGだ。それに気づいてからは更なるスピードで、もはや飲むようにTKGを食べ、あっという間にタッパーは空っぽになる。

はあ、おいしかった。ごちそうさま。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「愛すべきTKG/食レポ/waku」への5件のフィードバック

  1. 個人的には、これに刻みネギをたくさん入れてさらに上から韓国のりか味付け海苔を刻んだもので蓋をしたやつをオヌヌメします。多少コストはかかりますが混ぜ混ぜした後の口にした瞬間のあの感じはたまらんですよ。ネギと海苔で噛みごたえもでますし、とにかく濃いめの味付けになるのでやめられない止まらない。焼肉と一緒に食べると直義さんです。嚙まなくても卵のおかげでするりと入りますしね。両刀です。

    究極のTKGときたら次は伝説のTKGですかね。なんかいっぱい出てきそう。
    後、外観は結構大事だと思います。どんぶりか茶碗がお勧めですよ。

  2. TKGだいすき。いろいろ具材を入れてみたいけど、ほんとうに卵と調味料以外何もない!みたいなときにこそ輝くTKGなので、よくシンプルに醤油とごま油だけで食べる。ごま油、入れすぎると気持ち悪くなるから、ほんのちょっと香る程度なのに、あるとないとではまったく違うからすごい。
    前のコメントにもあるように、食レポなら、最大限おいしそう!食べたい!って思わせるように、食器とか写真もできる限り工夫した方がいいと思う。

  3. 卵かけ御飯はのみもの。なるほど。
    食器や写真の件は先の2人が指摘しているので、私は描写について。
    折角写真があるのだから、卵の照り具合とか、ごま油の粘度とか、見た目を讃えまくってから、一口目、の方が読んでてドキドキする。
    鰹節の風味や口内で唾液と混ざり合ったときの快感なども、卵かけ御飯の魅力のひとつですよね!

  4. たまに卵かけご飯食べるんですけど、成る程言われてみれば確かにそんな噛んでないかもということに気づかされました。
    基本しょうゆと味○素しか使わないのでこれを機にいろんなTKG挑戦したいですね。

  5. wakuさんがTKGを食べている、作っている情景が浮かびます。私はTKGは苦手なのですが、ちょっとだべてみようかなと思う文章だったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。