至福/食レポ/あおいろ

あぁ、これを食べるのなんていつぶりだろうか。

 

目の前にあるそいつの蓋を開けながら、ふとそんなことを思う。
買った時についてきたスプーンを取り出して、改めてそれと対峙すると、いただきます、と小さく呟いた。

 

誰もが一度は食べたことがあるであろう、それ。パステルイエローにブラウンのコントラストがとってもおいしそうな、それ。

そう、今日の私のデザートは焼きプリンである。

買ったのは、ほんの気まぐれだった。少し安売りしてたからとか、そんな程度。ただ、いつもはセールしてたからってデザートなんて買わないのだけど。だから本当に、ただの気まぐれ。

 

表面の焼き目が、皮のようになっている。その皮を、プツ、と破るようにスプーンを入れて最初のひとすくい。うまく切りきれていなくて、少し多めに焼き目がついてくる。そしてそれを、そっと口に入れる。

普通のプリンとは違う、少しザラッとでもしっとりとした口当たり。そして広がるカスタードの甘み。私は思わずふうっと息をつく。最初のひとくちめは、どうしてか少し緊張してしまう。

 

次は、さっきすくい取った部分を更に下に掘り下げる。

ひとくちめとは全く違う。100パーセントプリン本体のその部分は、ねっとりと舌に絡みついて驚くほどなめらかだ。そして、ふんわりと優しい甘みが口いっぱいに広がる。舌触りが違うだけでも、こんなに味の感じ方が違うのか。2種類の食感を楽しめるなんて、お得な食べ物だなぁなんてぼんやり思う。

 

ひとくち、またひとくちと私は黙々と焼きプリンを食べ進める。

あぁ幸せ。なんて幸せ。私、こんなに幸せでいいのかな。

甘さが少し控えめなのか、カスタードとバニラ風味のする優しい味は全く飽きが来ない。本気でいつまでも食べていたいと思ってしまう。

 

半分強食べ終わったところで、一番底までスプーンを入れる。じわっと出てくる焦げ茶のカラメルソース。そいつも絡めつつ、またひとくち。

ここで初めて、苦味を感じる。しかしそのおかげでプリンの甘味がより引き立って、良いアクセントだ。さっきもいつまでも食べてたいと思ったけど、うん、カラメルがあれば本当に永遠に食べていられる。

 

でも所詮は市販の焼きプリンなのだ。幸せな時間はそう長くは続かない。

残るは最後の数口。私は最後だけは少しプリンとカラメルをぐるぐる混ぜて食べるのが好きだ。これまでとはまた食感が変わるし、カラメルがよりプリンに絡まって一体感が出る。それを、どろっと口に流し込む。大事に舌で潰して、ちゃんと味わって、ごくんと飲み込む。

 

ああ、幸せだった。

ごちそうさまでした。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「至福/食レポ/あおいろ」への6件のフィードバック

  1. スプーンの裏で全部皮をカップから剥がしてから等分するのがマイルールです。いろんな食べ方を共有できそう。
    プリン感のある文章でした。やわらかでゆったり時間がすぎるような。
    自分が言えたもんじゃないのですが、やはり体言止めは控えめがよいかと思います。

  2. すみません、本文に書き損ねたのですが、オハヨーの新鮮卵の焼きプリンを食しました。失礼いたしました。

  3. 改行の幅がところどころ違うのは意識してのことでしょうか。私の好みかもしれませんが揃ってる方がいい気がします。

    プリン少し苦手なんですけど、ちょっと食べてみようかなと思いました

  4. よだれ出しながら見ました。ねっとりした感じが出てて良かったです。焼きプリンは私も好きで、昔は邪道と分かりながらもぐっちゃぬちゃにして食べてました。ちょいちょいある分の間の余白、わたしは嫌いじゃなかったです。

  5. 先に断っておきます。内容の話は控え、文章についてコメントさせてもらいます。
    「私こんな幸せでいいのかな」以降が冗長に感じました。感覚的な表現が続くので、割ともうお腹いっぱいです。
    好みの問題もありますが、読者と筆者を同じ立ち位置にできないと辛い文章だと思います。一人で盛り上がってるのを見てる居心地の悪さ?をどう処理したらいいか、難しいところです。

  6. グルメ番組、グルメ漫画的な感想を長めに書いた感じの文だなと思いました。

    まぁ、最近みるようなグルメ漫画に近いのかな。

    もうちょっと、絵に動きが欲しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。