天下の甘酒/食レポ/三水

ない頭絞って長い前置きを挟むよりも、端的に目の前の天啓を置こう。

バス停の微かな光にぼんやりと浮かぶ、真っ赤なカンカン。
何故ここにあるかはわからない。
夜更けの公園に誰がこんなディスプレイを、等と考えても仕方ない。というかしょうもない。
ただそこで出会ってしまった、だから天啓なのだ。

箱根の山は天下の険。

国道1号線のバイパスとして箱根新道が整備され、2011年に無料化してから、とり残された旧街道は僕らの遊び場になった。
ローディ、ツーリスト、自転車乗り、チャリダー。
呼び名は数多あれど、本質は一つ。山を好み、坂を愛し、誰よりも速く何よりも尊く頂上を欲する者たち。
ここでは敬意を表して坂バカ、おっと、クライマーと呼ぼう。

箱根に集うクライマーたちにはお決まりのコースがある。
小田急線箱根湯本駅辺りから旧街道を辿り、芦ノ湖畔の港町元箱根まで抜ける、約10kmの行程。標高差700km、平均勾配6.6%、といってもわかりづらいだろう。体感でいえば、緩い坂をベースに三ツ沢のキャベツ畑が(和田側の人はあの一番きつい階段をちょい緩めたくらいの坂が)500mごとに来るようなかんじ。ホントに体感なのだけど。
とにかく伝えたいのは、
きつくて、
しんどくて、
苦しいということだ。

ならば何故登るのか。
昔の人はいった。
「そこに山があるからだ」

クライマーたちはいった。
「そこに坂があるからだ」

しかし私は違う。
「そこに甘酒があるからだ」
そこに甘酒あるから、私は登る。

箱根湯本駅から距離にして8kmあまり、標高691km地点に、その茶屋はある。

その名もそのまま「甘酒茶屋」。
江戸初期から東海道の旅人を迎え入れてきた、歴史ある憩い場である。

甘酒茶屋で甘酒を飲む。至極まっとうな目的を果たし、私は他のクライマーたちを横目にさっさと折り返す。道半ばも半ば、全行程の4/5である。でも折り返す。
そう、私の頂上はあくまで『甘酒』。ただそれだけのために、私は山を登る。
夏は汗みずくになりながら、冬は指先を凍らせ、それでも登る。
ただ甘酒のために。

それじゃ端から車で行けばいいじゃないかと。仰る通り。
箱根湯本駅からは一時間に二本ほど、登山バスが出ている。『箱根旧街道・1号線きっぷ』なんてものもある。

しかし想像してみてほしい。

草茂り空青き真夏の山道で出会う、きゅうと冷えた甘味を。

木々色づき風寒き初冬の峠に、ほのかにくゆる甘味を。

どちらも己の脚で進んだからこそ、得られる情動である。
遥か彼方江戸を想う、日本人のDNAに刻み込まれた旅情なのだ。

甘酒の甘み、それは米と麹のまろやかな甘み。
甘酒の温もり、涼、それは峠の人心地。

心臓破りの稲荷坂、箱根名物七曲り、もう一息の猿すべり。
延々と独りで登ってきた己を、温かく心地好く迎え入れてくれる者がいること、
それが甘酒の、甘酒茶屋の真髄なのである。

どうか一駅でも手前で降りて、箱根の山を感じてほしい。
そこで出会う温もりは、きっとあなたの身も心も癒すだろう。

箱根の山は天下の険。
天下の険に甘酒あり。

甘酒茶屋
〒250-0314 神奈川県足柄下郡箱根町畑宿二子山395−1
(https://g.co/kgs/E0TZ19)

公式サイト
http://www.amasake-chaya.jp/

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「天下の甘酒/食レポ/三水」への5件のフィードバック

  1. 行ってみたい!!!ってなったから食レポ完璧だと思います。食レポってより坂レポ感は否めませんが笑 甘酒美味しいですよねぇ…ホットの甘酒の胃にしみるうまみよ…愛せる…嫌いな人も多いけど…

  2. これは月桂冠の甘酒を飲みながら箱根の甘酒茶屋の食レポをしたということですか?私の読解力ではわからなかったです。スタジオで聞きますね

  3. 旧街道を登ることを含めての甘酒の美味しさというとこですよね。どんな状況で食するかによって同じものでもおいしく感じたり味がしなかったりしますし。食レポというのなら、もう少しどんな味なのか描写があると嬉しかったかなぁと思います。

  4. 「コメで会話するな」とは遥か昔からニコニコで言われた文句ですが、上のコメントに勝手に返信。「偶然公園に甘酒の空き缶が置いてあったから甘酒で書くよ」ってことだと思いますが。
    ただ、「箱根の山は天下の険」はもう少し改行を空けたほうがスムーズだったかも。そしたらもう少し伝わりやすいかな。

    文体と語り口が題材にマッチしていて、前回よりずっと上手くいっています。余韻が残る感じでいいですね。
    「とにかく伝えたいのは、」のところは改行せずに前の文と繋げて、以下の「きつくてしんどくて〜」を適宜改行したほうがいいかも。

  5. 甘酒は疲労回復にもいいらしいので、坂を登って疲れきった後だと、尚いいですよね。

    他のメニューも教えてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。