それでも私は/あったかい/Gioru

「君が最後まであきらめないで曲作りをしていったこと。みんなを引っ張っていってくれたこと。それがなければ、ここまでの大成功はなかった。君がいてくれてよかった。君のおかげだ。本当にありがとう」

打ち上げの最後の最後で、指揮を振ってくださった先生が私たちのコンサートマスターに向けて語った言葉。私に向けられた言葉たちではないのに、気が付けば視界がぼやけてきた。そして、羨ましいと思ったのだ。

 

 

演奏は大成功で終わったように思う。最後の1音を弾き終わった瞬間の落雷したような拍手に驚かされた。入場者数も近年でのやつと比べてもトップクラスであったし、演奏した私自身も今まで以上の満足感であった。弾ききった後の両肩にガクッときた重みが逆に心地よく感じ、近くにいたやつらと馬鹿みたいに笑いながら後片付けをしていたら、時間なんてあっという間に過ぎていく。

打ち上げが始まってからもそんな雰囲気は収まるはずもなく、むしろ暴発していたと思う。目の前にいる人と会話をしていても、周りがあまりにもうるさくて聞き取りにくい。それくらいの盛り上がりがそこにはあった。グラス同士のぶつかる甲高い音が良いアクセントになって、ますます会場は踊る。

打ち上げの終盤、さすがに疲れた私は人の少ない場所へ逃げていった。数少ない椅子をわがものとして手に入れて座り、さっきまで自分のいた場所を何とはなしに眺める。ちょうど最後の企画で今までの振り返り映像が流れていたところであった。映像や写真の一枚一枚にみんなが笑って、あーだこーだ言い合って、オーケストラの中心となった先輩方の名前と写真が1人ずつ公開されて。

 

そして溢れた。

 

さっきまでの喧騒は嘘みたいに静まり、一面を静寂が包む。司会の進行により、今回特に中心となったメンバーとこれから特に中心となるメンバーとのプレゼント交換が始まる。

一斉に交換されるプレゼント。同時に空間は切り裂かれて、万雷の拍手が響く。

 

打ち上げはそれで終了したのに、
その場から立ち去ろうとする人なんて誰もいなくて
今まで涙なんて見たことのない人が声も上げずに泣いている
感謝の言葉があちこちを飛び交う
誰かを探しているのかしきりに頭を動かす人がいる
ニコニコしながら先輩の話を聞く後輩がいる

 

そんな光景はとても眩しくて

 

ぼーっとしていた私に話しかけてくれた先輩がいた。その瞬間が堪らなく嬉しかった。今思えば、あんな暖かみのある空間に入ることができて羨ましかったのではないか。兎に角、嬉しかった。ポツンと切り取られた私を拾ってくれたのが、心地よかった。

二次会の連絡が気が付いたら始まっていて、それも終わりを迎える。何か連絡がある人はいないか、と司会が尋ねると、指揮を振った先生が立ち上がり、そのマイクを受け取る。

 

 

憧れの空間に仲間入りしたはずなのに、それでも私は求め続ける。どうしようもなく我儘で、だけど視界にその光景が入るからこそ、私は諦めたくない。

今までの日々を思い出したのか泣き崩れてしまった別の先輩を抱えて、私は二次会の会場へと足を向けた。

2 votes, average: 5.00 out of 52 votes, average: 5.00 out of 52 votes, average: 5.00 out of 52 votes, average: 5.00 out of 52 votes, average: 5.00 out of 5 (2 投票, 平均点: 5.00,  総合点:10  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「それでも私は/あったかい/Gioru」への3件のフィードバック

  1. 集団の中であたたかみを感じ取るのは難しく、けれどもそのいつまでも埋まらない孤独の存在を際立たせながら包み込んでくれるのが集団の魅力かな、と思った。心地よく永遠に続いて欲しいと願うのに入れ替わって行ってしまう関係性、再構築、いやはや人間は難しい。
    文章は申し分ないほど読みやすく、これといって指摘できる気になる点はない様に思う。好みで言えば自分はあんまり人間がどうして感情を動かされるのかわかっていないから、主人公がどの様な景色を見て、なぜ感動しているのかをもう少し細かく描いてくれれば、より感情移入ができる気がした。

  2. 途中で少し場面の違いがあって、全体的に読みやすかったです。集団じゃなきゃできないことを達成するという青春の熱さと、その感動がしみじみ感じられました。

  3. この話しかけてくれた先輩がいなかったらおそらく主人公は嫌に捻くれていただろうな、とif世界のことを考えてしまいました。先輩がいてよかったよかった。
    読みやすかったです。途中で句点がなくなっている部分はぼーっとした情景を描写しているのでしょうか?それが上手く伝わってきていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。