とある塾のチューターのぼやき/あったかい/rascal

あったかいと言われて1番最初に思いつくのは自販機の「あったか〜い」だが、2番目に思いつくのは印刷機から出てきたばかりのあったかいコピー用紙だ。本当は「あったか〜い」について書きたかったけど、お知らせに先を越されたから諦めた。ちなみになぜ「〜」とわざわざ表記するのかというと単に親しみやすく、温かみを感じそうだかららしい。

それはさておき、皆さんは知っているだろうか。業務用のでっかい印刷機から出てくる印刷したてのコピー用紙はホッカホカなのだ。どれくらいの温度かというと温かさがピークのホッカイロくらいだ。やけどはしないけど冷えた手にはかなり効く。ホッカホカのコピー用紙で顔を覆うとなおよい。あったかさが心にしみるといっても過言ではない。

なんでこんなこと熱弁できるのかというと、私が受験生だったころ塾のパソコンを使って過去問をプリントアウトしてからだ。バックヤードに印刷機があるので印刷したときは受付にいるチューターさんに「印刷取ってください」と声をかける。そしてチューターさんが忙しい中小走りで印刷機に行って取ってきてくれた過去問で暖を取って(人目も気にせず過去問で顔を覆って深呼吸する)もうひと頑張りするのだ。

受験はなんとか終わり私は大学生になって、今度は塾の生徒の「印刷取ってください」に翻弄される立場になった。寒い受付にいると生徒が印刷したコピー用紙で顔を覆いたくなるけど、そこは我慢する。そしてあったかいまま生徒にコピー用紙を届けるために狭い受付で小走りして「寒いねー頑張ってね!」と声をかける。忙しいときの生徒の「印刷取って」ラッシュに勘弁してくれと思いながら、受験生だったときにチューターさんがあったかいコピー用紙を届けてくれたのが嬉しかったのを思い出して私は今日も小走りでコピー用紙を取ってくる。その生徒に尽くしているという感覚がまた気持ちいい。心もあったまる?みたいな。ちょっと違うかもしれない。

もう今日でセンターまでちょうど1ヶ月だ。ここまでくると塾のスタッフとして何か言うことはもうそんなに無くて、あとは受験生の頑張り次第なところがある。私はもう君らに何も言えないけど、少しでも勉強がはかどるように頑張るから。頑張れ受験生。もう少しだよ。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「とある塾のチューターのぼやき/あったかい/rascal」への2件のフィードバック

  1. コピー用紙のあったかさに着目するところが個性的だなと思いました。rascalちゃんがコピー用紙で顔を覆っているところが想像できました笑

  2. コピー用紙があったかいのは凄い分かります!

    でも、冷めるのも早いんですよね。
    もっと持続してほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。