結局のところ/自分大好き/rascal

rascalはここ2年近く片思いしている。

相手は年上。身長は176cm。顔は偏差値50くらいのどこにでもいそうな感じ。これ以上は個人情報も入ってくるから詳しくは書けないけど優しくて、頼もしくて、でもちょっと抜けてるところもあって、ユーモアもあって本当に大好きだ。スタジオの文章を書く思い出してるだけでときめくし、夢の中に出てくるだけで嬉しくなる。妄想もしょっちゅうする。

rascalは隠し事が苦手なので、一部の知られるとまずい友達以外にはだいたい口走っている。

「私、片思い中なんだよ~かれこれ2年くらい」

といった感じだ。

そういうとだいたいの友達はこう言う。

「うわぁ、rascal一途だねぇ」

そしてこう返す。

「まぁね。だって本当に大好きなんだもん!ほかの人なんて考えられないわ」

「ベタ惚れかよww」

ただ最近、例の人に会えなくて「なんで自分はあの人(あの人って言い方ヴォルデモート卿を呼ぶときみたいだから、以下ヴォルデモートで)が好きなんだっけ」って思い返してみたときに気づいてしまった。自分はヴォルデモートに一途でベタ惚れな自分が1番好きなのだと。確かにヴォルデモートのことが好きだ。ほかの男性なんてどうでもいい。それは本心。でも友達に一途だって言われるときに満足感に近いものが胸を満たすのは否定できない。一途でベタ惚れって何だか少女マンガの主人公みたいだからだろうか。なんだかんだ可愛くて、結局好きな人と結ばれて幸せになる少女マンガの主人公に近づきたいのかもしれない。「恋に恋してる」という表現があるが、rascalの場合は「ヴォルデモートに恋する自分に恋してる」といったところだろうか。

ここまで書いてみて、なんだかよくある結論に至ってしまったなと感じる。最後に言いたいのは、片思いをこじらせるとこうなりますよってことだ。早くなんでもいいから決着をつけたい。そう思いながら、今日が誕生日のヴォルデモートになんてLINEを送ろうかを必死に考えるrascalなのであった。

 

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「結局のところ/自分大好き/rascal」への3件のフィードバック

  1. 自分に対しても彼に対してもものすごく愛している姿が目に浮かびます。率直な表現だからっていうのも大きいけれど、愛がなければこんな文章書けない。彼を安易に「ヴォルデモート」にしてしまうのはいいのかとは思いますが。一人称が「私」じゃなくて名前なあたりも、自己顕示欲が強そうな感じで、だからこういうものが書けるのかと思います。
    よそ者があんまりあれこれ言うのもアレだけど、決着がついた後に自分を保てるのか、ちょっと心配にもなります。

  2. 誰かに対する好意が一番自分大好きを自覚する気はします。それがなんだか嫌らしく感じて、やんなっちゃう!ってなることもありますが。最近はそれでもいいんだと思えるようになっては来ましたが難しいもんですよね。
    そんなギリギリのラインを行ったり来たりしながら自分を好きになっていく姿、いいですね。

  3. 一途を推せるって、素敵なことだと思う。「片思いをこじらせるとこうなりますよ」なんかが、すごくそんな自分大好き感があっていい。ヴォルデモートさんお誕生日おめでとう。うまくいくといいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。