謝罪/遺書/ピエロ

幼稚園児のとき、下駄箱の上においてあったお邪魔女どれみのポケットティッシュを盗んでごめんなさい。もう誰だったかも忘れちゃったけど、誰かが少しあとに探して見つからなくて泣いてた。そのときわたしが持ってるって言い出せなくて、ごめんなさい。

 

小学一年生のとき、ほんとは小川くんをいじめてました。そんなに大事になるとは思ってなくて、先生に責められて必死に言い訳を探してました。ごめんなさい。

 

小学六年生のとき、香の下駄箱に挑戦状をいれたのはわたしです。文字も変えたつもりだったのに、香にわたしだと特定されたときは、香がどれだけわたしのことわかってるんだって、少し怖くなったと同時に、自分のしたことを後悔しました。三日間泣いてたって聞いたとき、後悔とともに謝罪したいっておもったんだけど、わたしは結局自分が一番かわいい弱い人間だから、謝罪したときも、責任転嫁のなすりつけの言い訳を言いました。ほんとは実莉はなんにも関わってないの。実莉に指図されたとか言ったけど、あれも嘘。実莉ごめんなさい。香ごめんなさい。自らつくった溝をいまでも埋められずにいる、もう香との関係を元通りに戻すことはたぶん無理だけど、今でもたまに見かけたときは後ろ姿に謝っています。同時に、二度と同じような犠牲者は出さないと、本気で心に決めてる。

 

中学一年生のとき、合宿で夢宣言をしたあのとき、嘘ばかり並べて、話をきれいに作りました。ほんとうはチロルチョコの会社で働きたいなんて思ってなかったし、好きすぎて手紙送ったっていうのも作り話です。クラスから選出される一人にまさかの選ばれて、全校の前で発表させられたときは、罪悪感に苛まれて、信じてくれてる全員に対して申し訳なくて、だけどここまで来たらもう後戻りもできなくて、最初からそんなことしなきゃよかったのに。

 

自分を守ろうとはじめたはずの行為は、結局最後には自分を苦しめるものになる。嘘つき盛りグセなおして、もはや幼き頃にすでに失ってたとすら思われるまっすぐ純粋な気持ちもって、生まれ変わります。

 

 

 

 

適材適所/遺書/峠野颯太

こんにちは。今日も元気な峠野颯太です。

何と2年半(惰性で)続けてきたこのスタジオも、今回で終わりということで。
何となく寂しいですね。2年半も続けてきたことが終わるって、なんとな〜〜く、中高の部活を思い出します。
そんなスタジオ、最後何を書いてやろうかなワハハ、とか呑気にすましていたら、テーマが遺書。



もうね、「馬鹿なの?」の一言に尽きます。

先週就活で休んだもんですから、テーマ決めの雰囲気は全くわからないけど、どうして最後のテーマに遺書!?最後くらい楽しく締めようぜ!?
口だけ死にたい芸人やってた身としては、遺書なんか書かせたらピカイチのもんができるという自負があるけどさ!なんなら、死んだ後「やっぱり峠野は死ぬその瞬間まで峠野だった」的な感想を抱く遺書を書ける自信だけはあるよ!葬式はドラムロールに載せて派手に「本日の主役、遺体の登場でーす!みんなァ、遺影にむかってイエーイ!!!」みたいなカーニバル葬式にしたいと本気で思ってるような峠野ですからね。Twitterでも言ってるんですけど。

そこんとこ、他の死にたいマンとは一味違うってこと、分かってくれよな。
それはそうとどうしたのみんな!?大学生という、人生で最も(?)キラキラする時期にも関わらず、それに反抗しちゃう己に酔いしれてるの!?やだよ〜「昨日までの自分にサヨナラ」的な文章が溢れる気しかしてないよ〜〜!「今までありがとうごめんね」とか、「秘密を打ち明けます」とか言われても、変なところで現実主義なせいで、お前明日からも飯食って生きるやろが〜いって言っちゃうよ〜!自分の嫌なところをデパートの化粧品みたいに鮮やかに陳列させられても全然ワクワクしないよ〜!何れにせよ反応に困っちゃうよお〜!





…とまあ、スタジオ休んだ私にどうもこうも言う権利はないんすけど。じゃあさっきまでの文章なんやったんやね〜〜んって感じですね〜〜!!ここは適当に読み流しておきましょうね〜〜!!利用規約的文章です〜〜!!!




スタジオの文章として書くのは最後だし、なんか特別なこと書こうかな〜とか思ったんですけど。ないんですわ、残念ながら。普段から誰得自分語りを自分勝手に書いてた私からすると、今更「じゃじゃ〜〜ん、これが本当の峠野颯太で〜す」って超展開になるようなものがない。「太陽は実は東から昇るんですよ〜」レベルの、「峠野は実は声がでかいんですよ〜」みたいな、イヤイヤそんなの周知の事実ですやん、的なことしかない。
実際峠野のことは、私の文章を読めばすぐ分かります。人間ミステリアスな人の方が惹かれやすいと言う持論があるにも関わらず、ペラペラと誰も聞いてないのに文章にしてますからね?西野カナも顔真っ青なレベルでトリセツ書いてますから。これか〜ら〜もどうぞよろしくね〜〜〜ってもう終わるっつーの。



まあ、最後もやっぱり峠野颯太らしい長ったらしい自分語りで〆ることになりましたね。常連さんには「いつもの」を出すでしょ。最後の晩餐はフカヒレよりお母さんの作る肉じゃが食べたいし。西野カナがいきなりヘビメタで「お前のパスタマジで感謝」的な歌歌ってきたらアレは本当に西野カナかな?と思うけど、ポップスで「好きすぎてマヂ無理。。。」みたいな歌歌ってきたらやっぱりアレは西野カナやなって思うじゃん。そんな感じ。人間安定したものを好むってどっかのお偉いさんが言ってるんじゃないかな。知らんけど。





(えー言い訳にはしたくないんですけど9時間歌の練習をしたせいで全く文章を書く頭ではありません。
もし、訂正できる時間があればしますが、できなかったらこれが私の最後の文章ということで!!不甲斐ない出来!!!でもこれが実力!!!!これでいいっしょ!!!!!!)



追記
朝起きて読み直してみたらクソみたいな文章すぎて
ちょっと泣きたくなってきた。げんじつはつらい。若干訂正も加えつつ、追記という形で、本当に締めたいと思います。

本当は、ここまで一緒にやってきてくれたスタジオ生(主に三年生)に感謝状でも書こうかな、とか思ったんですけど、やっぱりなんだか恥ずかしかったんで、この文章になりました!
峠野にしんみりとした空気って、スイカと天ぷらを一緒に食すみたいな、最悪の組み合わせだからね。消化不良起こしちゃいますからね。水と油だから。浮いちゃう浮いちゃう。
ということで、決してふざけたわけではないという証明だけおいて、終わります。敬具!!!!!

命を賭けたキャッチコピー/遺書/オレオ

そうだ 明日、死のう。

もう、なんのために生きているのか分からなくなってしまいました。朝7時に起きて会社に行って。日々上司に叱られるという恐怖にビクつきながら仕事をこなし、深夜12時まで残業のオンパレード。自分が成し遂げた成果もろくに評価されることなく、昇進の道は絶たれも同然。受検も就活も贅沢な暮らしがしたいがために頑張ってきたのに、今までの努力は何だったのか。僕が積み重ねて来た努力が全て無駄になってしまったように思えてきました。それも全て【某広告代理店】と【上司の名前】というクソ野郎のせいです。こいつのせいで僕の人生は狂わされました。こいつさえいなければ僕はこれほどまでに苦しむこと無く、マシな毎日を過ごせていたことでしょう。自分の仕事を全て僕に押し付け、ミスをすると理不尽な説教を延々と垂れ流す。逆に成果を上げると、さぞ自分の手柄かのように上に報告するクソっぷり。もう、正直生きているのが辛いです。

今まで、自殺する人の気持ちがわかりませんでした。そんなに仕事が嫌ならとりあえず辞めればいいんじゃん。と心のなかで思っていました。でも、ようやくその気持がわかるようになりました……いや、なってしまいました。せめて僕の死を持って【上司の名前】に復讐してやろうと思い、この旨を遺書にしたためたいと思います。こんな形で命を粗末にすることをどうかお許し下さい。そして、決して自分たちを責めないでください。悪いのは全て【某広告代理店】とクソ上司です。最後の息子の最後のお願いです。どうかこの遺書をマスコミに報じてこのクソどもに制裁を加えて欲しいのです。僕が望むのはただそれだけです。それと、微々たるものですが、貯金していたお金を僕のタンスの奥に入れて置きます。親不孝者のせめてもの親孝行のつもりです。自由に使ってくれるとありがたいです。そして、もし許されるのなら、もう一度あなた達の子供として生まれたいです。

 

空昼の個/遺書/ばたこ

最低限人として

人生で両親から最も言われた言葉

気を遣えない

人生で友人と呼ぶ人達に最も言われた言葉

 

矛盾してる

不器用なのに器用で 不真面目なのに大真面目で

自分が大好きなのに人が大好きで

 

考えて生きてきたはずが 生きたように考えるようになった

好きと嫌いの輪郭がぼやけて 水平線があいまいになった

心と言葉が遊離して 宙を漂うようになった

空が少し前よりもきれいに目に映るようになった

 

少し前よりも体調が少しわるくなった

【最終回】秋学期WS⑬ 遺書

次回は今学期の最終回、テーマは「遺書」。

・「遺書」について、自由に書くこと。字数制限なし

・今期で3年生はスタジオ引退です。最後なので気合い入れていきましょう

・引き続き、ゼミ希望の2年生は火曜4限に一研の520へ見学に来てください

以上です。よろしくお願いします。

人文生はみんな気になる存在だにょ(⋈◍>◡<◍)。✧♡/気になるあの子/露子

 

どうも、露子です。

今日は人文懇親会がありましたね。

懇親会を通じて、ちょっと人間文化課程にコミットする意欲が高まったのですっぽかした回の文章を書きます。

この文章をたまたま目撃した方は、何かコメントしたくなったらぜひその思うところを、何も思わなかったら一言「どうでもいい」か「つまらない」とのコメントをください。

 

いやあ~人文懇親会。

私は自己紹介でもわざわざ強調したように同じ学科の方が (ア,あまり得意でない イ,こわい ウ,嫌い エ,自分より賢そうなので話したくない) ので、当然学科に友達がほぼいません。

そんな私がなぜ”””懇親会”””なんつうコミュ障ぼっちにはつらくしかないであろうイベントに参加したのかというと、 (ア,1/11のゼミの説明会すっぽかしちゃったからゼミについての情報を得たかった イ,美味しいものが食べたかった ウ,“教授と談笑する大学生な私”になってみたかった エ,あわよくば誰かしらと仲良くなりたかった) からです。

 

結果、楽しかったです。やったぜ!

 

最初はマジ、苦痛でした。乾杯によってご飯が解禁されるまでの手持ち無沙汰っさたらありませんでした。だから柱の陰で室井先生から「乾杯!」の言葉が出るのをひたすら待っていました。

「乾杯!」が室井先生から発せられると同時に、誰とも「乾杯!」することなくコーラを飲み干しオードブルに向かいました。

そしたら同じように手持ち無沙汰そうにしていた中川先生と目が合い、あの場で唯一の気軽に話せる存在が中川先生だった私は泣きそうになりながら中川先生に寄っていきました。

今後のことや私事について話し、教授と談笑する大学生になれたんですけど、中川先生に今日友達を作れと言われてしまい、中川スタジオの方で面識のあった先輩に同行していただいて友達作りツアーをしました。

結果、その先輩も含めて、私が今まで一方的にTwitterやInstagram、授業で観察していた人文生の方々とお話しすることができました。やったぜ!やっぱり怖かったけどな!

芸術文化コースの人ばっかりだったんですけど、なんというかやっぱり所属するスタジオ・ゼミごとに雰囲気ありますね、榑沼ゼミは服がアースカラー。

ツアー終了後勢いに乗った私は、勇気を出して清田先生に話しかけることもできました!やったぜ!

清田先生と会話するのは初めてだったので緊張しました。先生の質問の意図があまり読めなかったのですが、なんかまあ、清田ゼミがんばるぞい!て気持ちになりました(なってない)。

その流れでばたこさんやノルニルさんとも結構話せたし、おしっこちびりそうになりながらも懇親会行った甲斐があったな~と思いました。

 

だからといってこれから人間文化に自信ネキになっていくはずもないしなれるはずもないんだけど、どうぞみなさん (ア,程よい距離感を保ちつつ イ,飲み会とか積極的に行くので ウ,表では褒め、裏では貶しながら エ,すれ違ったときにあいさつする程度に) よろしくお願いします。

 

 

 

【@2】秋学期WS⑫ 婚活パーティー

次回は「婚活パーティー」回に決定。
合わせて普通のワークショップも人気が高かったので、書きたい人はぜひ書いてください。

・恋愛履歴書(恋愛履歴書)を各自手書きないしWordで埋め、当日持参すること

・経歴を詐称する場合、自己責任でお願いします

・グループは当日発表、2回入れ替えの後フリーのアピールタイムとする。この辺は要調整

秋学期のワークショップも次回を含め、残すところ2回。あと少しですがよろしくお願いします。

薄氷/ぜんぶ雪のせいだ/リョウコ

寒そうですね、と12階のオフィスから、エントランスを出て行く黒い影たちを見送りながら呟いた。
窓枠に腰掛け、冷たいガラスに額をつけて、結露をなぞる。
「行儀が悪いよ」
就業中の長谷川さんの声がオフィスに放られた。ここには私と、年上の同僚である長谷川さんしかいない。ので、私が拾ってやるしかない。
「仕事とプライベートは分けるたちなんです」
「ここは会社だよ」
「仕事終わったんで」
レスポンスが異様に早い。話している暇があったら、パソコンとの睨めっこを早いとこ終わらせてくれればいいのに。
オフィスに沈黙が帰ってくる。
カチャカチャとキーボードを叩く音が聞こえてきた。やっと振り返ることができる。
冷たいガラスに今度は背中をつけて、長谷川さんのやつれた横顔を見つめる。
年末の頃より少し痩せたようで、顔の輪郭がいつもよりスッキリしている。
仕事納めから年始にかけて、何かあったのだろうか。母親の体調が思わしくないとこぼしていたのを聞いたけど、その後はどうだろう。
私はどの程度この人に許されるのだろうか。
「あ」
唐突に長谷川さんがこちらをみた。
重たい二重とバチッと正面から目が合って、狼狽える。
「なんですか」
ほら、と促されて窓の外を見る。
「うわ」
藍色の夜空を吹き抜ける風に乗って、ちいさな氷の粒たちが舞っていた。
「降っちゃったね」
ぶぅん、と小さく唸って、パソコンのエンジンが止まった気配がした。
長谷川さんは、このまま真っ直ぐ帰るつもりなのだろうか。
定時に仕事を終えてから、自分一人しかいないオフィスに二時間弱も居座っていた年下の同僚を金曜のオフィスに置いて、まっすぐ帰ってしまうのだろうか。
「春日さん、傘、持ってる?」
背後から、年上の同僚が歩いてくる。
長谷川さんの言葉を、私はどう打ち返したらいいのだろう。

雪の夢/ぜんぶ雪のせいだ/ねおき

 
初雪が降った夜

しんしんと雪は降り積もり
あたり一面真白になった
 
 
 
ぼてっとした大きい雪の粒
こんなに降った雪に嬉しくなって
早くに目が覚めた朝
僕は厚いコート着込んで
外へ出た
 
 
 
 
頭の上には
青く澄んだ空が広がっていて
凛とした空気が心地よかった
 
大きく息を吸い込んだ
 
 
 
 
 
 
ふと 白銀の世界のなか
僕は君を見つけた
君に出会った
 
 
 
朝の光を反射する
真白な雪は
君を照らすために
あるようだった
幻想的な世界のなかで
ふわふわの雪に触れて
無邪気に笑い喜ぶ君は
妖精のようで
とても眩しかった
儚げで 夢のような光景だった
 
 
君と出会ったあとの僕は
あの澄んだ空のように
ただまっすぐ 素直で
初めて誰かを愛せた
 
 
 
 
 
だけど
 
 
始まりがあれば
終わりは必ずくるもので
早すぎる終わりは僕らにも訪れた
 
 
 
 
冬が終わる少し前
君はいなくなってしまった
僕は空っぽな気持ちを抱えたまま
春を迎えたんだ
 
 
 
 
 
あの日君に出会ってしまった
冬が 雪が 僕らを出会わせた
こんな想いを
知ってしまった
 
 
 
 
どうしようもなく君に会いたい
 
 
 
 
ああ、ぜんぶ雪のせいだ
 
 

プレゼン資料/ぜんぶ雪のせいだ/ばたこ

『ぜんぶ雪のせいだ』

こちらはわが社が2013-2014年のJR SKI SKI のキャッチコピーとしてコンペに提出し、実際にコマーシャルに起用されたものです。この年はCMガールに女優の川口春奈さんを起用し、世間も大きく賑わいました。では、次のキャッチコピーをご覧ください。

『冬が胸にきた』

こちらが昨年度のCMキャッチコピーとなっています。こちらは『ぜんぶ雪のせいだ』と比較し、世論でも「微妙」「年々クオリティが下がってる」と酷評をいただいたのが事実です。実際に売り上げを比較したところ、昨年度は天候も良好でパウダースノーに恵まれていたにも関わらず2013年度ほどの営業成績を出せなかったと報告を受けています。

確かに『ぜんぶ雪のせいだ』を考案した坂井さんが産休からの育休で穴を開けてしまい、わが社がその穴を未だ埋められていないのも事実です。しかしクライアントの方々にはわが社の内部事情は関係のないこと。本年度のコンペには坂井さんがいるときと同じ、いや、それ以上の物を提出しなければなりません。

では本題に移りましょう。本年度のコンペに提出するキャッチコピーですが、それを考案する際の参考から説明させていただきます。まず2013年度の『ぜんぶ雪のせいだ』ですが、こちらは先ほどの説明の通り、出演した川口春奈さんの魅力が存分に引き出せるコマーシャル内容に加えて、『ぜんぶ雪のせいだ』という「恋愛とスキー場の関係性」を視聴者に刷り込むことに成功したキャッチコピーの内容が成功の要因として挙げられるかと思います。

次に以下のスライドをご覧ください。

「電車が止まった。ぜんぶ雪のせいだ」

「彼女に振られた。ぜんぶ雪のせいだ」

こちらはTwitterに投稿されたツイートの数々です。確かに第一印象としてコマーシャルの宣伝が視聴者の琴線に触れたのも事実ではありますが、それ以上の、当初我々が予期していなかった成果があったことが見て取れることと思います。実際にこれらの『ぜんぶ雪のせいだ』をネタとしたツイートは、JR SKI SKI のキャッチコピーが変わった後でも頻繁に投稿されています。

こういったネット上での二次創作が広告の成功に拍車をかけるといった傾向は、昨年度の映画『君の名は。』からも見て取れることです。そのため、我々は今回こういった現代の傾向にも着目し、キャッチコピーを考案しました。では今年度わが社の提出するキャッチコピー、私のチームの候補をご覧ください。

『泣けるほど、白』

こちらが今回私のチームから提出する候補となります。このコンセプトは先述の通り、「恋愛とスキー場」「二次創作性」の2つを高い水準での両立となっております。白、というフレーズからはスキー場のイメージの他にテストの答案なり溢した牛乳なり、様々な投稿のモチーフと関連させることができるものです。また、今回のCM ガールには女優の有村架純さんを起用したいと考えております。彼女の落ち着いた雰囲気と哀しさ、白いイメージこそ今回のキャッチコピーに最適だと推測します。

以上が私のチームのプレゼンです。ご清聴ありがとうございました。