寂しい人間/ぜんぶ雪のせいだ。/いせ

PM8:01()  天気…時々雪

 

自分ひとりのうす暗い部屋にスマホ画面の無機質な光だけがさしている。今日も今日とて無口である。サイレントモードになっているわけではなく、ただ単にLINEもメールも通知がないだけだ。何が変わるわけでもないけれど側面に付いたスイッチを何度かカチカチやってみる。

 

「…。」

 

なんか、今日は駄目な日だな。普段から慣れているはずの慢性的な孤独感が、今日は異常に深刻なものに感じられてそわそわする。外は雪。でも部屋の中の暖房はちゃんと機能しているはずなのに、どうしてだか寒々とした気分で人肌が恋しかった。

 

「…もっと友達ほしい。」

 

知らず知らずのうちにぽろりとこぼしたこの声は、僕の本音だった。

自分が友達だと胸を張って言える人の数が、同世代の平均値よりおそらく下回るだろうということは中学あたりから認知していた。それでも中高校生のうちはなんとかやって行けたのだ。

だけど、大学に来てから状況は変わった。これまでは地元で自宅住まいということもあって顔見知りで頼れる人がすぐそばに少なからずいたのだが、今は違う。一人暮らしの僕がすがることができるのは、自分自身と周囲の友人だけだ。その友人が少ないというのはやはり脅威であり、さみしさのもとなのだ。

 

どうして僕には友達が少ないのだろう。

改めて考えてみると自分で言ってはなんだが、僕はべつにいやなヤツでは無いと思う。他人を傷つける言葉はなるべく吐くことのないように頭で考えてからしゃべるし、数少ない友達と話すときは意識して聞き手に回る。些細なことでは怒りをあらわにしない。

 

なのに、なのに!

なんでああいう人間に限ってたくさん友達がいるんだ。自分ばっかりで人の話をすぐ遮るし、講義中もうるさいし、無神経で迷惑なヤツなのに。いつも周りには人があふれていて、数百メートル先にも聞こえんばかりの遠慮無い大きな声でガハハと楽しそうに笑っている。

 

それに比べて僕は何でこんなに毎日が楽しくないのか。人からの誘いが少ないのか。もっと多くの友達がほしいなんて言ってられない。せめて一人でいい、一人でいいからこっちにも一緒にいてお互いに心から楽しいと思える友人がほしいでけなのに。なんで。

 

 

『誰もてめぇと仲良くなりたいなんて思わないからだよ()

『話したところで楽しくないし』

『魅力が皆無!』

『人を傷つけない心優しいやつのつもりかも知んねーけど、紙一重で存在が空気なんだよ。』

 

-急に耳障りなあいつの声が聞こえた気がした。

うるさい、黙れ。僕だって頑張って今の状態なんだよ。遠慮する努力をめいっぱいして積極的に人畜無害でいるんだ。お前に僕の気持ちが分かってたまるか。

 

『はは。じゃあ一生そのまま孤独な不幸面して生きてけよ。ばーか!』

 

―…。

 

ヤツの顔は脳裏にこびりついて離れない。迷惑なことに何度も何度も浮かんでくる。くっそ、くやしい。僕だったらあんな言葉は人に絶対言わないのに。

 

でも、確かなことが一つだけ。信じたくはないけれど、僕は気にくわないあいつのことでさえ台詞つきで幾度も思い出す。一方で、たぶんこんな風に「僕」を思い出して感情をかき乱されてくれる人はこっちにはどこにもいないだろう。それだけは、今の僕の状況が何より証拠の事実だった。

 

―僕は人に必要とされていない。

わかりきってはいたが目を背け続けたことに向き合ったら、すごく悲しくなってじんわり泣けてきた。でも同時に、こんな魅力底辺の自分につきあってくれる友人が数名いることもまた事実なのだ。そんな彼らには感謝するしかないだろう。いつまでも、寂しい、休日の予定が埋まらないと嘆いていないで自分から誘うのだ。目の前の人すら大切にできない自分が新しい出会いを求めて外に出たってうまくいくはずもないだろう。今ある、今もっている、もらった縁を大事にしよう。

 

そう思って机の上に手を伸ばしかけたとき、いつもはほとんど無口なスマホが、小さな電子音を立てた気がした。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「寂しい人間/ぜんぶ雪のせいだ。/いせ」への2件のフィードバック

  1. 新たな門出!みたいな王道のストーリーみたいに最初から最後まで綺麗な構成で読みやすかった。ジャンプで連載されそうな感じ(アクション要素はないか)。オチもドヤってる感が出てるけど個人的には大好きなオチです。

  2. がんばれがんばれって感じでした。1人の人間の心象だからどうしても突然な印象は受けてしまうけど、最後に救いがあったのでよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。