私の空/ぜんぶ雪のせいだ。/θn

高村光太郎の『智恵子抄』がとても好きだ。好きなんだけど。
東京の空は空ではないっていわれると少し、なんていうか、へこむ。
そりゃないぜ智恵子さんって思うと同時に、ちょっとだけ何が言いたいかわかるような気がして、そんな自分にへこむ。

新幹線に乗ることがままある。
新横浜駅を出発すると、明確に近づいてくる県境がわかる。
東京という街にまるで飲み込まれるような感覚。

高いビルと沢山の人。
東京の特徴をそんな風に挙げるとそんなものどこにでもあるじゃんとか馬鹿にされる。違うよ、あれは東京だけのものだよって言葉は深くにしまう。

口に出してしまえば安くなることはいっぱいあるから。
皮肉なことだけど。

新幹線の話に戻ります。
冬休みに大阪まで行こうとすると、だいたい関ヶ原のあたりで雪が降る。
安心安全の新幹線は悪天候には弱いもんで、徐行運転に継ぐ徐行運転。
お菓子食べたりゲームしたり、あるいは本でも読んでようとするけど、実際は窓の外の猛烈な白にやられて目が離せない。

東京はこの時期大騒ぎだ。
年に一度の大寒波は特異な天候をもたらして、誰も彼もの足を止める。

SNSとかに溢れるそんなことでわーわー言うなとかいう声。
自分の県は今こんなですとかいう意味のないドヤ顔と共感のない風景写真。

東京生まれって損だ。
冷たい冷たいと言われて、でも冷たくなってるのはアンタたちだなんて言い返すだけの体温も無くて。今日もバスは来ないからぼんやり待ちぼうけ。

あれだけこれだから東京の人間はって口の端歪めてた人たちが、電車の遅延に苛ついている。悲しいことなのかもしれない。雪よりずっと冷たい機械がこの街を支配していて、人間を片っ端から凍らせていく?

入れ物のせいにすんなよ。
東京に住んでるなら、東京の空も空に見えろよ。
降ってくる汚染された何かを、雪だと言い切れるくらいになれよ。

機械は止まらない。

脳のどこかから聞こえてくる声に対して、私は勘弁してよって思った。
なんとなく諦めて、今日も東京に帰ります。
一応生まれた土地なんです。好きなんですかね、好きなのかもしれません。

全部雪のせいだなんて、随分勝手な言い草だよね。

言い返したって良いんだよ。
みんな、何かのせいにして生きる。気持ちに理由をつけないと死んでしまう。
その淋しさを体温だと呼ぶのは愚かだろうか。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「私の空/ぜんぶ雪のせいだ。/θn」への2件のフィードバック

  1. なんだか言わんとするところは心にすっと入ってくる気がしたのですが、言葉ですべてを語り尽くしてはない、少し含みを持たせたように感じられる文章にとても惹かれました。
    特に「言い返すだけの体温もなくて」とか好きです。

  2. 文章だけで寒空の下ホームで突っ立ってる描写が思い浮かんだ。ちょっぴりしんみりした感じ、良い。あと、東京の人間は冷たいって良く言われるけど実際ほとんどの人が地方から上京してきている訳だから結果的にブーメランだよみたいな話を思い出しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。