最初で最後の/遺書/ねおき

拝啓  親友の君へ

 
やっほ、ねおきだよ。
手紙なんて送ったことなかったから、不思議そうな顔して読んでるんだろうな~。LINEでだって大して話さないしね。久しぶりに便箋とか買っちゃってさ、謎にウキウキした。あ、ちゃんと好きそうな可愛いキャラクターのやつを選んでおいたよ。好み分かってるでしょ?
前置きが長くなっちゃった。で、本題。突然でほんとごめんだけど、わたし明日には死ぬね。
死ぬ。この世から、居なくなります。うーびっくりさせちゃったかな、だけどもう決めたことだから。この手紙が届くころには私は・・・ってやつだよ。そう、それ。
 
 
今「ハァ?」って言おうとしたでしょ、いつものあんな感じで。というかもう言ったね。そうだよね、何故?って思うね。うーん特にこれといった理由はないんだけど、自分の人生には自分で終わりをつくりたいじゃない、て言ったら理由ぽいね。まあなんか君なら「ああなるほどね」って、あんま分かってないくせに分かったように言って、いつもみたいに抽象的なこと語り始めるんでしょ。それ面白くてすきだからさ、ねおき死亡のお知らせを送ってみた!そんな感じ。

ま、そもそも人間はいずれ死んでしまうんだから、その行為には深い意味はないよきっと。でも、いずれ死ぬけど、いつどこで死ぬのか分からないまま突っ走るのって怖いと思って。だから自分で終わりを少し早めた、それだけのことだよ。って、言っておく。やり残したことはあげようと思えば割とあるけど、例えば「行こうね」って言ってたハンバーグ屋に行けてないとか、東京タワーに上ってみたかった、盗んだバイクで走り出してみたかった、とか。だけどね、それ以上に今までに満足っちゃ満足してるから。こんなふざけた意味不明遺書を最後に残せる君に会えたし。
 
前に私が「めっちゃしにたい」ってぽつりと言ったとき、「めっちゃいきて」って返してくれたときがあった。覚えてない?そっちはきっと冗談のノリだったけど、心が緩んで、いいなって思ったんだ。ありがとう。大袈裟だけどあれで、あ、出会えてよかった、私の人生もういい素敵って思っちゃった。あは、どれが一番伝えたかったんだろうね、まあ君が決めていいよ。じゃそんなとこで、びっくりさせたし言いたいこと言えたし、未練ないうちにさらっと死んでくるね。あっ人を煽るのはほどほどにね。自称親友、ねおきでした。
 
 

かしこ

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

「最初で最後の/遺書/ねおき」への1件のフィードバック

  1. 明るくて軽いノリが逆に怖いですね。これが更にかわいい便箋に書かれていると思うと少し笑ってしまう。どうして死のうと思ったんだろうと、すごく気になりました。手紙の中身自体にはあまり内容が無いですが、遺書を送る相手がその人(親友)だったところに意味がある気がしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。