美人だ美人持って来い/フェチ/θn

フェチ。
フェティシズムじゃない。あくまでフェチである。

フェティシズムというとなんだかとっても急に狂信的というか、崇高じゃないけど信心深いというか、生きてくこと自体に絡んでそうで大袈裟だ。ある意味では犯罪っぽいし、ちょっと病気っぽい。

一方フェチ。
なんだか緩い。急に低俗で下世話っぽい。略称だからだろうか。
わざわざ言わなくても何にもならなそうというか、切羽詰まった感があまりないというか。例えば友人とか恋人とかにも、別に話題にならなかったらそのまま知らなくてもいいような個性。

それについて話さなければいけないというのはなんとも微妙な気持ちと言うか、興味を惹ける文章にはならないかもしれませんが、おつきあいくださいみたいな心持ちである。

以上前置き。

正直こんな御託自分でも、重要ではない。
肝心なのは果たして腰にするか肩にするか、そこである。

腰。くびれ全体。Waist。

男性のくびれってなんだかすごい。
ある程度引き締まってるんだけど、筋肉一辺倒じゃないというか。
痩せ過ぎてると多分出来ないんだよあれ。太ってるのは論外。
くびれの綺麗にある(?)男性を見るとにわかに元気がでる。
「何!?何そのきゅっとした感じ!?ありがとう!」ってなる。

肩。背筋にかけて。Shoulder。

なで肩の方が実は評価髙い。
あれも多分細すぎても駄目、脂肪でもない、ある程度の綺麗な筋肉が要になってくるのではないだろうか。
信じられないほど美しいなで肩の男性を街角で見かけると、ほんの一瞬、ほんの一瞬でも世界が交わったこの世界に感謝してしまう。

うーん。

パーツパーツで語るのはやはり私の主義に反するというか、いまいち納得がいかない。肩はやっぱり好きだし、腰回りも外せない。しかしそれを言い出してしまうと太ももとか指先とかだって食い込んでくる。というか顔にだって筆舌に尽くしがたいこだわりがある。

でもここまでくるとフェチではないのかもしれない。
難しい。

要は中性的な男性が好きなのだ。世の中の男性がみんな上手く中性的になればいいと思う。女々しいんじゃない。なよなよしているとも違う。中性的。これ。テストに出ます。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。