バイクwithおっぱい/印度/おっぱい

 

女ってやつはずるい。あの子たちは普段は触れることすらさせないやわらかい物体を完全なる気まぐれによりわざとらしくないように押しつけて来る。本人たちは気にしてすらいないのかもしれないが、男としては気になってしょうがない。うれしいのは事実だが。

 

こないだサークルの女の子をバイクに乗っけてバイトに送り迎えした。

たまたま近くでバイトしてたからついでにという口実の下、いやらしくないお誘いをした。

バイクの二人乗りではくっつきすぎるのはよくない。軽く腰に手を回すのが基本である。

しかし小さい腕にがっちりホールドされてしまい、注意しようと思ったが背中に感じる気持ちいい感触には勝てず…途中で何度か急ブレーキをわざと掛けたのは言うまでもない。

 

おっぱいを当ててくるからといっても「この子、俺に気があるんじゃないか…?」なんて思ってはいけないぞ童貞諸君。あいつらは全く気のない男に対してでも、反応を楽しむためかモテるというステータス作りのためか知らないがバンバン粉をかけてくる。まぁおっぱいの感触はありがたく堪能させてもらうことには変わりないが。

 

また別の日、今度はみなとみらいに行くことになった。夜景を観ながら海の近くをバイクで走るなんて洒落た名目で。

正直チキンで優柔不断な自分には出来すぎたデートコースだったが案の定なにもできず時間だけが過ぎてった。

帰り、家まで送って少し話してる時に、一つ気になってしょうがないことを聞いた。

「どうして後ろ乗る時そんなに近いの?」

 

少し期待が入り混じった変な質問。今考えるとキモくてしょうがない。

 

 

「え、やっぱり変だった?先輩からこうしないと危ないって言われたんだけど…」

 

まぁその先輩はセクハラをしれっと繰り出してくる先輩なわけで、自分がくそほど気になってたおっぱいの感触も先輩の策略のおこぼれでしかないという悲しい結末。

 

あのやろー、だれかれ構わずセクハラしすぎだろ…

でもありがとうございます。おこぼれとは云えどあの柔らかい感触は幸せ以外の何物でもなかったです。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。