童貞と肋骨/おっぱい/温帯魚

童貞が軽々しくおっぱいについて語ることは許されない。我々にできることは背筋を伸ばした状態で握りしめた拳を突き上げ、どこまでも広がる大空に向かってその名を叫ぶことのみである。

「おっぱい!」

「おっぱい‼」

「おっぱい‼‼」

 

 

書きたかったことがすべて書き終わってしまった。仕方がないので横でXvideoを開いてみたのだが、いつみてもこのサイトは生命力にあふれている。ドパドパだ。今可愛いねえちゃんがもじもじしながら服を脱いでいる。あけっぴろげなのが好きだ。高校生の時に少年ジャンプとプレイボーイはどちらが先に廃刊になるのかとよく考えたものだが、恐らく第二第三のエロ雑誌が表れ消えていくのだろう。滅ばない。滅びさせない。

よくもまあこんなに揺れるものだと見ている。個人的には前から見るアングルより横から見るアングルのほうが好きだ。前から見るアングルだと少し間抜けな感じがしてそれはそれでいいのだが、やはり私としては女性のあの底知れない雰囲気が好きなので形が綺麗に見える横乳がいい。そんなものお前が平面でしか見てないからだと言われそうだが、まあ反論はできない。できないうえで屁理屈をこねるとするならば、それとこれとは別問題なのであると主張したい。主張したいのだ。断固として。現実だろうが画面だろうが、おっぱいは素晴らしい。裸婦画だって何千万と書かれてきていて、コンビニからエロ本がなくなることはこれまで無かった。画面のおっぱいだろうが、そこにいるおっぱいだろうが、等しく愛があるのだ。愛だ。愛の問題なのだ。画面のおっぱいは嫌いか。嫌いならしょうがない。君とはこの点で袂を分かとう。近くのおっぱいのみで満足しているとよい。それが悪いとは言わないが、私はワールドワイドに生きる。ワールドワイドな横乳評論家となって、いつか遠くに生きる君の耳にも届くように努力しよう。

前乳と横乳の命題に戻るのならば、その立体感を出すものとしてブラジャーの存在が欠かせない。ブラジャーと肋骨だ。いやむしろブラジャーの存在によっておっぱいは欠けてしまったと言っても過言ではないだろう。ブラジャーは文明だ。人間はもはや文明から逃れることはできない。存在というものはそれほど重いし、そこから逃げることは不可能だ。しかしだからと言ってそれが恥ずべきことだという訳でも決してない。不完全が完全に劣るなどというのは言葉の綾でしかない。ブラジャーを見ろ。もう一度ブラジャーをその目で確かめろ。良いだろ。最高だろ。おっぱいとブラジャーはお互いを高めあい、より高度な次元にはばたくのだ。罪の味は何よりも濃い。それこそが文明であり、それこそが人間なのだ。翼よ、見ろ。あれがパリの灯だ。パリの灯が照らすおっぱいは、人間という存在そのものの祝福である。よしんば最先端のスマホの明りだ。それはもうもう天使のラッパも絶好調になるに決まっている。ジャズだ、セッションだ、スウィングだ。ぱっぱらぱーのぷーだ。おっぱいが縦に横にと揺れるたびに会場が熱狂する。おっぱいがブラジャーによって隠される。ブラジャーが取り払われおっぱいが我々の前に現れる。音楽の本質は反復と増幅で、それはクラシックもポップミュージックも変わらない。おっぱいを取り巻くすべての世界は波となり我々の感情を揺らすのだ。バッハが何だ。モーツアルトがなんだ。我々はおっぱいさえあれば、ベートーベンだってぶっ潰せる。おっぱい万歳!人類万歳!

全てのおっぱいは美しい。しかしそれは差異がないという訳では決してないのだ。価値とは位置である。だからすべての物質は価値を持つ。報われないおっぱいがあったとして、それでもその存在は素晴らしいということが伝えられるならば、私は何度でもこの拳を突き上げよう。中にはおっぱいを呪う人がいるかもしれない。我々はおっぱいから逃げることはできない。ある点でそれは呪縛である。人間が獣であるように、あるいは機械でもあるように。人生は理想からほど遠く、しかし理想を捨てるには我々はまだ幼い。正誤の問題ではない。あるいはそうだからこそ余計に苦しい。

しかしそれでも私はおっぱいを愛そう。たとえ醜いおっぱいでも無理してそれを慈しもう。男は馬鹿だ。でも男から見れば女だって馬鹿だ。人類は大馬鹿しか居なくて、だからこそ人間は愛という言葉の意味をこれ以上なく素敵に間違えることができる。おっぱいは愛だ。人類は愛と共にあって、きっとこれからもあり続ける。おっぱいと最も遠い童貞だって、こんなに愛を知っているのだ。だからこそ愛そう。おっぱいを、この世界を、そして肋骨を。

「おっぱい‼‼」

 

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。