to 本が読めなくなる/人生案内/Gioru

今の状態で「楽しく」読書をするには、訓練する必要があるように思います。自分と同世代の登場人物と、自分自身とのギャップに違和感を覚えるのは、それだけ登場人物と、または自分自身と向き合っているあなたがいるということです。それはあなたの汚点ではなく、むしろ美点です。

だからこそ、自分との違いがハッキリと見えてくるし、もしかしたら違いだけではなくて共感というか既視感のようなものも覚えているのかもしれません。そうやって自分と向き合う時間は、常日頃からやっている人ならばともかく、楽しさを求めて小説を読んでいる場合には何かと不都合なような気がします。

あくまでも「楽しく」読書をするのなら、まずあなたが言う読めない条件以外の小説を読むこと。この場合は同世代が主な登場人物ではない小説ですね。次に、どうしてもその条件の小説が読みたいなら、あくまで軽く、それこそ流し読みとか、ながら読みとかをするくらいの気分で読んでみてはどうでしょうか。訓練なり、慣れたりすることである程度は解消できることがほとんどです。それが無理なのなら、今はその小説を読む時期ではないのかもしれません。未来の楽しみだと思っておくのもよいではないですか。

 

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。