TO 本が読めなくなる

同じ年代の人物が出てくる作品が辛くて読めない。なるほど、いい質問ですね。現実とファンタジーとの間に存在する、得も言われぬ気持ち悪さを感じて、読んでいても純粋に楽しむことが出来ないことはありますよね。

しかし、これはあなたが消費者の立場にたっているからです。人の思い描いた作品に自分がマッチするなんて相当確率が低いでしょう。そういう本に出会ったとき人はそれを運命の一冊として、命朽ち果てるまで神格化し続けます。つまりは、それほどまで消費者として作品を自分の思い通りに読むのは難しいことだと思います。

ここで、僕が何を言いたいかというと、妄想力を鍛えましょう。いわゆる脳内二次創作をするのです。そうすれば、少しはただ作品を享受する立場から広く視野をもって、読書にいそしめるはずです。なんならその勢いで小説とか書いちゃって、あなたワールドを作り上げてしまってもいいのでは?

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。