to 男性への恐怖心が拭えない/さくら

男ですが、言わんとしてることはよく分かります。男、特に歳をとったおじさんですが、他者との関係性というところへの執着がなくなるからか、独り善がりな性格に変わっていく例が少なくありません。父親という立場にあっても同様で、視野が狭窄し、自分が全て正しいと思って行動するようになっていきます。自分の父親(もはや父として認めていないが)もそうですし、接客業をしていて、横柄で高圧的なのは基本的に高齢男性客です。男というのは、歳をとるとコミュニケーションの必要性が薄れそれを放棄するのです。はた迷惑な話ですがね。

父親が原因だと難しいでしょうが、自分は、直接的な危害を被る立場からうまく身を引きつつ、軽蔑しながら話のネタになるように多少脚色を考えつつ観察しています。意味不明な難癖をつけたりするのは男の方が多く、また誰彼構わず威嚇してくる人も多いので怖いかもしれませんが、うまく話を盛って鉄板ネタにしましょう。別に異性が苦手なら無理に取り合おうとしなくていいんです。その時は辛く苦しいかもしれませんが、喉元過ぎれば笑い話。動物や小さな子供のエピソードを語るノリで、面白おかしく片付けてしまいましょう。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。