“尊敬”する人たち/物申す!/さくら

当方、しがない接客業店員です。接客と言っても、うちの店には残念な方が沢山やってきます。しかし、彼らのメンタリティには尊敬すべきところがあります。それは、「悪気が一切無い」というところです(笑)

彼らの極致は、レジを打っていると見ることができます。もしかしたら他の人たちも、こうした“珍獣”と対峙したことがあるかもしれません。

まず、オーソドックスなところ。「店員にタメ口」

別に我々を尊敬しろ、って言っているわけじゃないんですよ。初対面なんだから、余程無礼なことされて怒っているならまだしも、他人に敬語使えないってどんな人生歩んだんだ、って感じですね。そして共通して、見た目に知性の欠片もない。こういう人は、会話が始まる前からなんとなく見抜いてます。

嫌がらせかな?「トレーにお金を置かない」

コンビニとかだと、経費削減?のためにお金置くトレーのない店舗もよくありますが、うちには目立つ目立つトレーがレジカウンターの中央に鎮座しています。それなのに、わざわざその横の地べたにお金を置く。小銭とかピン札って薄いからトレーの傾斜を利用しないと上手く持てないことも多いですし、トレーごと持ち上げてお金を移動させたいので、そうやってほしくないんですよね。というか、トレーの使い方くらい、常識で分かるでしょ……明らかに来日したての外国人客ですら、ちゃんとトレーに置きますよ。

作法がだらしない「逆向きに札を受け取る」

これをほかの友達に以前した時、「そんな奴いる?」って驚かれましたが、いるんですよね。どういうことかというと、普通お札を受け取る時って、イメージとしては卒業証書の片手版といった感じで、客から見て手前側の辺を持って回収するじゃないですか。それを、店員側の辺の方をショベルカーのような手でガシッと掴んで財布に持っていくんです。やられてみるとわかりますが、これすごく乱暴されているような不快感があります。まだ中学生くらいなら分かりますが、それをいい歳した大人がやるの、ヤバイ。

複合版!「最初から半ギレ」

ここまでくるとなんかもうわからないんですよね。レジに来る段階で歩き方がもう半ギレなんですよ。そして品物を叩きつけるようにレジに置き、ポイントカードの有無を聞くとまたキレる。仕方ないのでいつも通りの販促はせずに会計を進め、品物を渡すと掻っ攫うように去っていく。せっかち野郎にも言えることですが、この店、正直レジで急いでもいくつか関門がある以上ほとんど所要時間的には意味がないんですよ。しかも、彼ら急いでいる素振りをした割には、品物受け取った後はゆっくり歩いている。面白いなあ!!!!!!!!!!!!!!!!

なんか壊れそうなのでこの辺にしときます。一応比較的マシな給料貰ってるし社員さんと仲良いので店は満足してます。コンビニだかスーパーだか知らんけど、勤続約2年のさくらでした。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。