感情を掘り起こそう/自分が今情熱を注いでいること(改訂)/Gioru

皆さんはクラシック音楽を聞きますか?

なんだか堅苦しいイメージがあるジャンルですが果たして堅いだけなのか。

クラシック音楽界には「3大B」と呼ばれる人たちがいる。あ、三大バカでも三大ブスでも三大ブルジョワでもないです。三大仏頂面のように厳めしいわけでもなく、頭文字っぽいところからとってます。

J.S.Bach(バッハ)、Beethoven(ベートーベン)、Brahms(ブラームス)の3人のことを指し、偉大な音楽家として現代にまで名を遺した人たちである。ものすごくざっくりとまとめると、

バッハは音楽の父とも呼ばれ、カツラの人

ベートーベンは交響曲という形式に変革をもたらした、カツラじゃない人。

ではブラームスはどうなのか、と言われると何ともパッとしない。バッハとベートーベンを知っている人はかなり多いだろうが、ブラームスと聞いてもぱっと来ない人もいるのではないか。今回は、今私がオーケストラで取り組んでいる彼について書いていこう。

とりあえず今残されているビジュアルを見比べるところから始めよう。

これが一般的に知られているブラームスのイメージである。カツラを被っておらず、ひげもじゃのおじさまだ。中々威厳があるしカッコいい。目の部分に注目してみると髭のイメージとは程遠く、どこか潤んでいるようにも見え、そういう面では可愛いと言えるかもしれない。

このイメージはブラームスがだいぶ年を取ってからのものと言われている。ここで見てもらいたいのが次のイメージである。

もの凄く好青年っぽい。アイデンティティのようなお鬚は影も形も存在せず、眼には鋭さがうかがえる。

1833年に生まれ、このイメージは1853年に撮られたものと言われているから20歳のブラームスである。こっちの写真が出回った方が今の観点からすると人気が出そうな気がするが果たして。

一枚目の写真からにじみ出る厳格なイメージからは想像もつかないが、ブラームス本人はとてもシャイであったらしい。自分の気持ちを相手に伝えるのが苦手で、作った曲の解説を求められても嫌々答えるほど。友人の人妻に恋をし、その友人が自殺してしまいその女性と親しくなっても最後まで一歩踏み出す勇気がなく生涯を独身で貫いている。あのお鬚も周りから見下されないために付けたのでは? と言われるほどである。ブラームス本人も若い頃の写真はあまり使われたくなかったそうだ。

残された曲ではハンガリー舞曲などが有名である。

小学校や中学校で聞いたことがある人も多いのではないか。お鬚にふさわしいカッコいい曲である。

この曲、実は少し面白いエピソードがある。「ハンガリー」舞曲とあるように、ブラームスはジプシー音楽の影響を受け、民族音楽のメロディーを元にこれを”編曲”した。そう”作曲”したのではないのである。

ブラームスがハンガリー舞曲で大成功を収めると、それを妬んだ人が盗作ではないかと訴訟を起こす。しかし、結果はブラームスの勝訴。自分が作ったのではなく、アレンジをしただけ。そういうスタンスのおかげでブラームスは今の地位の一部を築き上げたとも言える。……少しお鬚のイメージから遠ざかってきた。

それでもバッハやベートーベンと比べると知名度では一歩劣る。今私がオーケストラで練習をしている交響曲第2番などクラシックを嗜む人ではないと聞いたことがある人はいないと思われる。

ハッキリ言うと、他の二人と比べてどこが凄いのかよくわからない、という人である。音楽的に説明しようと思えばできるが、逆に言うとそこまでしないと伝わらない。一度聴いたら耳から離れない! みたいな二人の曲(トッカータとフーガ・交響曲第5番「運命」・交響曲第9番「合唱付き」など)みたいなインパクトがない。

まずは聞いてみよう。流すのは交響曲第2番の2楽章冒頭である。

チェロによる穏やかなメロディーが続き、どこかもの憂いのある局長が続く。内なる感情がそのまま燻ぶっているかのように続く。途中から抑えきれなかった感情があふれ出るかのように流れ(動画の19:30辺りから)、それも少ししたら理性で抑え込まれたかのように静かになる。

 

比較対象として、ブラームスと同じ時期に活躍したワーグナーの作品も出してみよう。曲名はワルキューレの騎行である。

比較してみれば一目瞭然かもしれないが、まるっきり曲調が違う。こちらは我こそはと様々な楽器が主張しているイメージか。金管楽器の主張が特に激しく、イケイケどんどんという言葉がふさわしい。

 

どちらの作曲家も後世に残る曲を数多く残した偉大な作曲家であることは間違いない。ただ、ブラームスの場合はヨーロッパ圏の人ではあるが自己主張というよりは曲の中ですら感情を抑え込み、漏れ出てしまった、くらいの気持ちで作曲をしていたのではないか。

音楽史的には無くてはならない大事な人ではあるが、少し調べてみるだけでもこのざまである。厳格なだけではない、そんな一面を曲の中から探していける人物である。深く調べれば、聞いていけばいくほど抑え込まれた感情を見つけ出していくことができるのが彼の曲であり、ブラームスなのだと思う。

 

堅苦しい中からシャイな彼の気持ちを感じられたらほっこりしませんか?

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。