明日からは/自分が今情熱を注いでいること/奴川

なぜゲームが好きなのか、と問われることがある。大体『えーだってゲーム面白いじゃないですかー』と言って話を切り上げるわけだが、もうちょっと考えてみようと思う。だって、私が情熱を注いでいることがあるとしたら、それくらいしかないのだから。

 

 

ゲームはだるいものだ。無駄に時間を食う。しかも最近のゲームはスマホゲーへの対抗心からかやたらと大作化している傾向にあって、一本あたり100時間とか取られるのもザラだ。アホか、勉強しろ。勉強はさておいても、ゲームを一本やる時間で世界中の素晴らしい小説やら映画やらをたくさん観ることが出来るはずなのだ。多分そうした方がいい。

それでもどうしてゲームを買ってきてしまうのだろう。ポエミーなあれこれを排除して言うなら、ゲームはコスパが良いのである。支払った金額の割にたくさんの時間を潰すことが出来る、それがゲームの良いところである。欠点と美点は表裏一体というわけだ。

 

 

例を挙げてみよう。私は年に5回ほどディズニーシーにインパ(インパ:入園のこと。どのジャンルにおいてもオタクは気持ち悪い造語を作るものだ)する。廃人からしたら『舐めとんのか』と言われそうな頻度だが、チケット代がクソ高すぎるから仕方のない事なのだ。ディズニーシーの開園時間は最大14時間、それに対して大人1名様7400円! 年間パスポートは大体10万円するので無理。さて本題に入ると、7400円でお釣りがくるゲームとしては『キングダムハーツ』がある。最近出た総集編は7344円だ。

そう、7344円なのでほとんどディズニーシーに行くのと同じ価格だ。パッケージにはミッキーも描いてある、ミッキーとの連携技もある。完璧だ。要はディズニー映画の世界で闘うゲームだ。まあこれが時間食い虫であり、実際に私の夏休みを食い散らかした戦犯である。ちゃんとやりこみまで回収してたら200時間くらいかかった。200時間/7344円。このゲームを買えば、ディズニーシーの20倍以上の時間、ディズニーワールドに浸れるということである。

体験の密度とかそんないまいち測定もできない指標は当てにならないので無視しよう。とにかく、ゲームは必要経費の割にたくさんの時間を潰すことが出来る。

 

 

つまり私は暇なのだ。ぶっちゃけゲームをしていなかったらめちゃくちゃ暇である。飲み会に行ったって酒は一杯しか飲めないしそもそも友達は少ないしで、多分やることがなくてずっと寝ていることになる。ゲームを買わなかったらアルバイトする必要すらないし。

話がなんだか悲しい方向に逸れてきたが、要はそういうことである。お金もないし時間もないし友達もいないし、でも面白いことがしたいからゲームをしている。ゲーマーはいつもやたらめったら忙しそうにしているが、そいつからゲームを取り上げたら何も残らないのである。

 

 

そのくせ最近のゲームはやたらとメタいネタをぶっこんでくる傾向にあるから困る。なんかボスキャラと戦っていたら「お前友達いないだろ」とか言われるし。そろそろゲームを卒業したらいかがですかと、ゲームの側から説教されるようになっている。非常にまずい、オアシスが私を殴ってくる。自分がそういう要素ばかり汲み取っているっていうのはそうなんだろうが。そんなことを書いていたらポケモンの新作が届いたので、とりあえず筆を置くことにする。この期に及んでゲームなんてやっている奴は、現実を先送りにするのが得意なのだ。だから私は明日から、アローラ地方に踏み出していく。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。