20年も住めばそりゃ/好きなこと/奴川

横浜生まれ横浜育ち、骨も横浜に埋めて欲しい。

私は生粋のハマっ子だ。自分のアイデンティティの8割をゲームに依存している私だが、残りの2割を占めるのは横浜愛と言っても過言ではない。横浜が好きだ。メチャクチャ好きだ。今しがた宗教勧誘をされたがどうでもいい、私は横浜を信奉しているので無理です。巣に帰れ。

 

横浜がなんで好きか。まあぶっちゃけ切っ掛けは、市を挙げた洗脳のせいだと思っている。横浜市は用意周到に、小中学生を洗脳するプログラムを築き上げている。その代表的な例が、皆さんご存知横浜市歌だ。なんか市歌の存在は有名みたいだけど、歌詞までは知られてなさそうなので要約すると『横浜は世界一!』みたいな詞である。ありがとう森鴎外大先生、いい仕事だ。

そしてこんな歌を、義務教育の9年間、徹底的に刷り込まれる。私の通っていた小学校なんて、月イチの朝礼の度に熱唱させられた。小学生がイキイキと『この横浜に勝るあらめや』と熱唱するのだ。異常だ。いかにも小学生が好きそうな、高揚感のあるメロディラインなのも非常によろしくない。完全にプロパガンダ。

 

でもまあ、そんな洗脳小学生だって成長していくうちに『横浜は世界一じゃないや』ということには気付いていく。私だって流石に気がついた。受験先の大学は横国以外みーんな東京にあったし。大学見学がてら東京に行くとなんかすごく引け目を感じるし。明らかに人間のレベルが一段階上だ。

じゃあ今はなんで横浜が好きなのかって、どう見てもよくある地方都市なのに『世界一です』と言い張るダサすぎる精神性がかわいいからである。キモかわいいみたいなのと同じ感性だ。

オシャレなカフェはどうしても流行らない一方でスターバックスばかり増えるダサさ。横浜駅西口のダサすぎるイルミネーション。今年度のイルミネーション、中途半端に青かったりして見てると体が痒くなってくる。もしかして青の洞窟意識しちゃってます?みたいな。あと西口は臭い。もともと臭かったけれど最近はウンコのスメルがしだしたのでそろそろ末期だと思う。末期のくせに一生懸命オシャレな店を誘致する健気さ。ぶっちゃけ毎日客が来ているのはドンキとヨドバシだけだ。平日のみなとみらいなんて人一人っ子いないぞ。

 

だからたまにテレビで『オシャレな横浜特集!』みたいなのを見ると「そうじゃないんだよなあ」とか訳知り顔で突っ込みたくなるのだが、どう考えても気持ち悪い。彼氏について「このひとの本当の顔は私だけが知ってるの」とか抜かしている女と同じことをやっている。でも横浜のぐっちゃぐちゃ加減を見ているとこんなんでもいいかなと思えるし、ダサくてもまあいいかと思えてきちゃうし。妙な自己肯定感を与えてくれるような気がする。いいところですよ横浜。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。