エントリーシート/手汗王

素敵な人生を送る十ヶ条
1、正しい知識を持つ
情報社会の現代では、誤った情報、エヴィデンスのない情報も短時間で多数に広がり、それが一般論として認識されてしまうことがある。情報の氾濫だ。だからこそ正しい知識を持つことにこだわる必要性がある。誤ったダイエットはやめましょう。
2、栄養摂取を第一に
体調が悪いとほざく奴のほとんどは根本的に栄養が足りていない。特にタンパク質が足りていない。人間の体を作るのはタンパク質であるということを今一度考え直してもらいたい。
3、休養を適切に
睡眠の重要性は大学生が一番よく知っている。しっかり寝るべきである。
4、生活にルーティンを
生活の中に何か軸となるものを置くことで1日にメリハリがつく。どこかでルーティンを決めることはコンディショニングにとっても重要だ。
5、目標は細かく
大きな目標を達成するためには、小さな目標を細かく定めて何かを追い続けている状況を作ることが一番だ。細かな目標のチリツモが一年後、さらに後の自分の人生を大きく変える。
6、マイナス意見は耳に入れない
プラス思考を持つことが大切だ。類は友を呼ぶ。プラス思考はプラス思考を呼び寄せる。しかし、プラスにはいつもマイナスが付いて回るもの。だからこそ、マイナス意見は耳に入れない。メリットだけを追い求めるべき。
7、モチベーションを大切に
モチベーションは大切だ。気分の乗らない時、疲れがたまっている時、無理をするのは良くない。サボる時にはとことんサボろう。辛い努力がいい結果につながるわけではない。正しい努力が大切。楽して成功するのが一番。
8、自らの変化に敏感に
自分の状態を把握することが重要だ。外面も内面も。過去と比較して、現状を把握する。現状の把握が次の課題設定、調整の基準点になる。
9、他人との比較を断つ
人生とは自分のものだ。誰もが自分の人生の主人公である以上、他人との比較にはほとんど意味がない。人生は常に過去の自分との比較なのである。
10、将来のビジョンを持つ
人生の理想形を定めて置くことで、生活に常に目的意識が生まれてくる。目的意識は、人生を素敵にするための大きな要因になる。

これは筋トレにおいてとても大切なことであり、延いては人生を素敵にしてしまうことである。

学生時代にそれぞれ、様々なことに取り組み、体験されてきたと思います。将来、自分の子どもが大学へ進学するにあたってアドバイスをするとしたら、どのような言葉を伝えますか?話しかけるようにお書き下さい(50文字以上400文字以内)

好きなようにやったらいいね。大学は自分の意識の持ち方次第でたくさんの刺激がもらえる場所になるね。目的を持って何かをするのに越したことはないけど、目的がなくてもいろんな経験をしてやりたいことを探すことが大切ね。それでも、もし、やりたいことがわからなければ、とりあえずダンベルだけ握っておけばいいね。

立方体を使って新しいスポーツを作ります。立方体の大きさ・色などは自由に設定して構いません。ルールを考え、そのスポーツの醍醐味をお書きください

手のひらサイズの立方体を投げて、飛ばした距離を競う、新しい投擲競技です。重さはソフトボールくらいにします。球体ではなく、立方体であることで、掴みやすさや、投げやすさのクセが強く、また、空気抵抗、回転なども考えなければならない為、的確な技術も必要になると考えられます。立方体の大きさを変えて階級別にするのも良いかもしれません。

.あなたをモノにたとえると何ですか?その名称と理由(200字)

泥団子
醜くても、栄養(砂)を与えて、ブクブクと大きくしていく様はバルクアップ期の自分と同じものを感じる。また、しっかりと休ませる(寝かせる)ことで、本体の筋密度(密度)はより高くガッチリとしたものになる。仕上げでは、表面を磨きに磨き上げる工程に入るが、弱点を補いつつ、醜かった部分を削り取っていく様子は、まさしく弱点部位を補強しながら脂肪だけを削り取っていく減量期と同じである。最後に日光に当たり、体表を黒光りさせることで完成体となる。

今までで忘れられない味は?

減量中のプロテイン ソルティッドキャラメル風味低脂肪乳割。今は何を食べても味なんてすぐ忘れてしまう。ただ、人は極限状態に追い込まれた時に栄養として摂取出来たものを美味しいと感じるのは間違いないと思った。それは味覚的な美味しさというよりも、整体維持機能からくる本能的な美味しさという感覚だろうか。「空腹は最大の調味料」という言葉があるが、あれはまさしくそれを意味しているのだろう。本当に美味しいものというのは長く辛い減量であればあるほど、その先に確実に待っているのではなかろうか。

3000万円あったら何をしますか?

格安でジム経営。自分が認めた人しか使えない。自分の独断と偏見から、最低限の選りすぐった器具を用意。フリーウエイト重視。従業員も特に雇わず個人経営する。
もしくは金がなくなるまで、ロサンゼルスに筋肉留学。筋トレにおけるメッカ、ベニスビーチのゴールドジム一号店を拠点として日々怪物たちとトレーニングに明け暮れたい。ハングリー精神を四六時中刺激することで、自分の筋肉と人間の質を高めたい。また、言語の壁を超えた、筋肉によって繋がるコミュニティーの形成について実際に体感したい。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。