ES/みくじ

【素敵な人生を送る十カ条】

1、朝起きたらあたたかい飲み物を飲む。目も覚めるし腹痛になると楽しくないから。

2、暗い気持ちになったら迅速に寝る。駄目なら1分間目をつむって何も考えない。

3、欲しいものは紙に書く。買える者でも買えないものでも。

4、きれいだと思ったものは紙に描く。後で思い出せるから。

5、文庫本を常に1冊は持ち歩く。紙の本をいつでも読める安心感が得られる。

6、熱中できるものが無い時は流行っているものを片端からする、見る。

7、思いついたらすぐに行動できるように事前に予定を詰め過ぎない。

8、面倒なことは起きてすぐ片付ける。

9、直感を理屈で否定しない。直感はまだ言語化されていない思考だから。

10、これから見つけていきます。

 

 

【将来、自分の子供が大学に進学するにあたってアドバイスするとしたら】

将来自分が子供を持つか、また持ったとして大学に進学するのかは分からないが、大学進学を控えた親しい人に助言するならこうだ。あなたが大学で学ぶことが、本当に好きで四六時中そのことばかりを考えてしまうくらいでないのなら、大学には働くとき役立つ知識と学位をもらい友好関係を広げに行くと思った方がいい。そして後者ならできるだけ効率よく楽しくしたらいい。前者なら私が助言せずともどうにでもなる。

あと、できるなら大学生のうちに一人暮らしはして欲しい。大学生はある程度時間に融通が利くし、自分の家がある楽しみも自分の家を管理する面倒も覚えるのにはいい機会だから。

 

【立方体を使って新しいスポーツを作ります。ルールを考え、そのスポーツの醍醐味を教えてください】

1辺50センチの立方体の上に乗ります。膝を付けた状態でスタートからゴールに向かって直進します。立方体から降りなければ何をしてもかまいません。他の人と競って先にゴールしたら勝ちです。

このスポーツの醍醐味は不毛さです。立方体の素材やフィールドによって多少異なりますが、基本的に立方体はほとんど動きません。ここで人に勝とうと懸命に少しでも進むか、誰かがゴールするまで立方体の上でのんびりするか、立方体から降りて棄権するか、不毛な条件下ではどの選択もプレイヤーの個性が出ます。

 

【あなたを物に例えると何ですか。その名称と理由】

とろけるプリンです。容器から取り出せず、やわらかいけれど液体ではない点が自分に似ていると思います。自分の考えや好みはなかなか変わりませんが、行動はすぐに変えられます。

 

【今までで忘れられない味は】

初めての飲んだ“桃の天然水”です。

初めて飲んだのは小学校4年生の時。それまでジュースなどは家庭の方針で買ってもらえなかったのですが、塾に通いだしてから塾に設置されている自動販売機でジュースを購入するようになりました。

そこで桃の天然水を買ったわけですが、一口口にして、人知を超えた力が働いているのではないかとすら思いました。聖水だとか、ファンタジーに出てくるような。天然水と言うだけあって、無色透明でさらりと水のような舌ざわり、甘酸っぱい桃の香り。最近は日本でもフレーバーウォーターも増えましたが、当時は魔法のように思いました。

また、純粋に甘さだけを伝えて来る味が舌に刺さりました。要は砂糖と果糖とわずかな酸味料の味なのですが、それまで白い砂糖が使われた食べ物を制限されて生きていたので、不死の妙薬と言われても信じるくらいの衝撃でした。桃は古来中国では不老不死をもたらすなど神聖視されていたと言いますが、それも大いにうなずけます。砂糖をめぐり航海技術が発達し戦争が起こるのも仕方がないでしょう。それくらい、黒糖やブラウンシュガーとは別格の味がしたのです。

それから、桃の天然水は特別なものだと確信した私は、なにか嫌なことがあった日やめでたいことがあった日だけ桃の天然水を飲むことにし、父の意ごとが傾いて引っ越しが決まるまでその習慣は続きました。

今では市販のお菓子もジャンクフードも食べ慣れてしまい、久しぶりに買った桃の天然水はあの時のような神聖さを感じられませんでしたが、10年前、私の舌と脳を揺すぶった衝撃は今でも忘れられません。

 

【3000万円あったら何をしますか】

郊外で自分の好きな本や漫画と家具をそろえてブックカフェを開きたいです。書店でも、カフェでもバイトしたことがあるのですが、もっと落ち着いた雰囲気で本を見られる場所があったら、という思いがありました。図書館というよりは気心知れた友人宅のようにくつろいで本が読めて、ネットカフェよりも非日常的な雰囲気のスペースがあるような。もちろんカフェ経営の知識が足りないので、しばらくは個人経営のカフェで雇ってもらって勉強してから、という感じになるでしょうが。

それか、奨学金を返済して残りは貯金して、アンティークショップなどの趣味を仕事にしてフリーターになるのもいいですね。バイトしながら画塾に通って、専門学校に行って、日本画かデザインもやってみたいです。

3000万円あったら趣味で生きていきたいです。

3000万円、欲しいです。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。