クリスマスソング/クリスマス/杏仁

もう12月も中旬に差し掛かり、街の至る所でクリスマスソングが流れ始めましたね。ということで今回は色んなクリスマスソングを元に語っていくという企画です。
(歌詞は部分的に抜粋)

さあまずは、甘々系リア充ソング!

クリスマスソング/back number
会いたいと思う回数が
会えないと痛いこの胸が
君の事どう思うか教えようとしてる
いいよ そんな事自分で分かってるよ
サンタとやらに頼んでも仕方ないよなぁ
できれば横にいて欲しくて
どこにも行って欲しくなくて
僕の事だけをずっと考えていて欲しい
でもこんな事を伝えたら格好悪いし
長くなるだけだからまとめるよ
君が好きだ

はい来た。back number。やっぱり王道ですよね。キラキラしたクリスマスにキュンキュンする理想の恋愛を思い描く乙女たちの憧れ。まあ幻想ですけどね。
といっても、こんな歌詞が許されるのはback numberがかっこよくええ声で歌っているからであって、冷静に歌詞だけ読んでみると、とてつもなくこの人らの歌詞は女々しい。この曲に限らずですが、本当に女々しい。お前本当にそれでも男かよ、と言ってやりたくなるようなウジウジしたポイントに溢れています。
こういう曲にときめいている女子たちに問いたい。同じようなことその辺のじゃがいもみたいな男子に言われたら引くよね?震えるよね?通報するよね?
(back number好きな人いたらごめんなさい)

続いては、ほっこり系定番ソング!

We wish you a merry Christmas(日本語訳)
クリスマス・プディングが食べたい
クリスマス・プディングが食べたい
クリスマス・プディングが食べたい
お願いここに持ってきて!
喜びの便りをあなたと家族に
クリスマスに 幸せな新年に!

日本語訳っていうのもあるし、私が変なところを抜粋してしまったっていうのもあってキチガイ臭のする歌みたいになってしまいましたが。
それはさておき、やっぱり家族と過ごすクリスマスはよかったなあと思い出しますね。みんなでチキンを食べてケーキを囲んで、朝目が覚めたらサンタさんからのプレゼントが枕元に置いてあってはしゃぐ。あんな無邪気で夢のあるクリスマスはどこに行っちゃったんでしょうかね。戻っておいで、家族愛に溢れたあの素敵なクリスマスよ。

次は、タイトルが似ている二曲の比較!

いつかのメリークリスマス/B’z
いつまでも 手をつないで
いられるような気がしていた
何もかもがきらめいて
がむしゃらに夢を追いかけた
喜びも 悲しみも全部
分かちあう日がくること
想って微笑みあっている
色褪せたいつかのメリークリスマス
歌いながら線路沿いを 家へと少し急いだ
ドアを開けた君はいそがしく
夕食を作っていた
誇らしげにプレゼントみせると
君は心から喜んで
その顔を見た僕もまた
素直に君を抱きしめた

やっぱり横国生としては外せないB’z先輩のこの曲。この情景を想像するだけで心が清くなるような気がする、そんな歌詞。
色んな曲に対してひねくれた見方ばっかりしている私ですが、そんな私でも真っ直ぐに受け止められる素敵な曲です。美しい!その一言!!

いつかはメリークリスマス/DISH//
Please! 彼女をくりくりクリスマス!Fight!!!!
こんなのはいやだーもうこんなのはいやだー 季節限定間に合わせ滑り込み待ってました…。友達どんどんご成約僕だけまた売れ残り
クリスマスはみんなおうちですごすべきだとぼくはおもいます
サイレントナイトホーリーナイト
この僕の何が悪い?髪型も香水もワンランクアップしたのに
サイレントナイトホーリーナイト今年もひとりぼっち神様聞こえますか?僕だって…いつかは…メリークリスマス…。

ああ、、この二曲を比較しようと思った私が馬鹿でしたごめんなさい。心が痛い、締め付けられるような謎の感じ。
まあでも、クリスマスに一人で過ごしたくないからという理由でこの時期カップルが乱立しますが、どうせ年が明けてしばらくするとすぐ別れます。ただのクリスマス要員ですね。そんなにクリスマスを恋人と過ごすことが大事なんですかね?大して好きでもない人と過ごすくらいなら友達と馬鹿みたいに騒いだ方がよくないですかね?なんか負け犬の遠吠えみたいになってきたんでやめますね?黙りますね?

さあ最後は気分を変えて、堕天使系厨二病ソング!

クリスマス/amazarashi
汚れた僕が汚した世界 だからこそ嫌いになれないよ
相変わらずの世界だから 君には見せたくないんだけど
どうか 失望しないように
どうか 言ってくれないか それでも好きだと
罪深い十二月の朝に 白い雪の粒が舞い落ちて
それに優しさが埋もれたなら こんなに眩しいわけはないよ
どこか遠くミサイルが飛んで 流星と見間違えた少女
願いを三つ唱える前に 目を覚ましたら パパのプレゼント
さあ祈ろうぜ世界の為に 救いようない僕らの為に
見てみろよ酷い世界だろ 今日は美しいクリスマス

カルチャーショック。クリスマスの概念をひっくり返すような衝撃。クリスマスだから、やっぱり雪が降る綺麗な街並みとかを想像したいのに、血だらけの男が笑いながら紫色の空を見上げているようなイメージしかできません。
厨二病ってあれなんですね、一年中如何なる時も厨二病であり続けるんですね。プロ意識が高い。クリスマスソングにミサイルっていう単語入れようと思った経緯を知りたいですね、とりあえず。年がら年中世界の破滅についてしか考えてないんですかね。

今回はこれくらいにしときます。色々とケチばっかり付けましたが、本当にただの偏見なので。とりあえず謝っておきます。歌手の皆さん、作曲家作詞家の皆さんすいませんでした。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。