落ち着くんです/昨日、髪を切った/Gioru

昨日、髪を切った。

 

元々、あまり髪を伸ばすことはしてこなかったのだが、一人暮らしを始めてからは、美容院に行くのも面倒になることがあり、うっとうしくなって気が向いたら髪を切りに行くような生活をしている。

そういえば自分の周りにいる人たちも最近髪を切っていたなと、思い当たる。些細な事だと髪を切った直後には脳裏をよぎるだけだった。

サークルに行くと、同じパートの女の子の後輩から「先輩も髪を切ったんですねー」と話しかけられる。「そうだよ」と返すと「成人式終わりましたもんね」と返され、揶揄われていたことに気づく。おい、私の成人式は去年だぞ。それに、私の出身地での成人式は冬ではなく夏だ(新成人が成人の日周辺に帰省することが少ないため、お盆周辺で行う)。

そんなことを別の人からも言われ、合計で4回くらい同じようなやりとりをしたような気がする。そう、みんな成人式が終わると髪を切るらしい。成人式のために髪を伸ばすのは、振袖やドレスに似合う髪型を作るために(またはバリエーション)を増やすために必要だからと聞いたことがあったような、なかったような。

思えば、女子の髪型って、色んなバリエーションがあるね。編み方や縛り方次第で色んな髪型になるし(名前とかよくわからんから、色んなとしか言えないのだけれど)、たまに気づく分には見ていて楽しいし、眼にも優しい。セットする側は楽しいだけで済むはずはないだろうが。

 

私の髪型は、演奏会などに定期的に出るようになり、多少ワックスの付け方などを練習したりした。美容院では基本的に「不揃い」の、不自然にならないような髪型をお願いしている。というか、最初に切ってもらうように頼むときに頼み方がわからなくて「なんとなく、それっぽく、いい感じに」的なお願いをした記憶がある。高校に入って少し経つくらいまでは、運動をするのに邪魔だから切る、というくらいの認識しかなく、気にするようになっても、「あの髪型とかいいなぁ」と、どこか他人事で、大して知ろうともしなかったような気がする。むしろ、ワックスとか付けない俺って、無駄にキザっぽくしてなくていい感じじゃん! と思っていたようにも思う。最低限の身だしなみと、キザっぽさの違いに、もう少し早く気付いてほしかったよ、私。

そんな感じで、ワックスの付け方やドライヤーのかけ方とかを美容院で聞いたり、インターネットで調べてああでもない、こうでもないと本格的に気にするようになったのは大学生に入ってからだ。今思えば、大学生デビューしたかったのだと思う。○○になればきっと素敵な未来が待っている! 的なアレである。何度も裏切られていることは、経験上わかっているはずなのに、今度は○○だから、前回までのようにはならないはずだ! と、根拠のない自信を持って毎回挑んできている。案の定、それほど周囲に変化はなかったように思う。

気にするようにしてからしばらくして、ワックスをほとんどつけないでみんなが集まる場所に行ったこともある。雰囲気的には高校までの髪型に近い。理由としては寝坊のためにほとんどセットをする時間がなかったためだったか。とりあえずぼさぼさではない、というくらいの髪型であったように思う。サークルの後輩たちと会い、いつも通りの挨拶の後「今日の先輩、髪上げてないんですね? そっちの方がいいんじゃないですか?」と指摘をもらう。まじか。

いやいや、個人的な嗜好とかあるよね。私も、最近ショートボブ? とかの髪型にしている女の子は目で追っちゃいますよ、可愛いですねあれ。

げふんげふん。ともかく、たまたまだろうと思っていたら、今度は同輩(またも女子)から、今日の方が髪型いいね、とご指摘をもらう。なんか、今までの苦労が、変なベクトルを向いていたような気分で、なんだったのかと思ったよね。その後の会話で、「自分で髪をセットしてるの? すごいね」というありがたいお言葉ももらったのだが、実際はどうなのだろうか。

サークルの男子も、髪型をセットしている人はけっこういる。今よく使われている? モデルっぽいゆるふわウェーブ(名称あってる?)みたいにしているやつもいれば、ヘアアイロンを毎日かけて、きっちり決めてくるやつもいる。かと思えば、寝起きの髪跳ねを直してきただけのような奴もいれば、それすら直さないで来るのもいる。「さすがにヤバくないか?」と言ってみても、「いいんじゃない?」の一言で終わってしまう。

後、私のサークルではよくあることだが、演奏会の本番は髪型を特別なものにしてくるパターンが多い。男子もそこでは気を付けるらしく、髪を整えるのは勿論、オールバックにする人もいる。やり方も教わったから、今度はチャレンジしてみたいね。

女子は流石というか、なんというか。化粧や衣装も相まってまるで別人のように見える人たちもいる。まさに眼福である。記念写真一緒に撮ろう、なんて言えば一緒に撮ってくれるので本当にありがたい。これで好きな時に見られます。演奏会って素晴らしいね!(そうじゃない)

何が言いたいかって、男子が髪型とか身だしなみを整えることは当たり前ではないのか、ということになる。正直、女子が髪がぼさぼさでまったく手入れをしていなかったら「あれはないわー」と思ってしまう自分はいる。何もしていない、ストレートが好きっていう男子も、手入れをしていない髪が好きっていうわけじゃなくて、サラサラの綺麗なロングヘアーをご所望なのである(漫画でよくある風で髪がサラサラ流れるあれである)。かといって男子はそうじゃないのだろうか。ぼっさぼっさでも、街を歩く分にはそこまで咎められないようにも思う(ビジネスとかは流石に別だけど)。

私の髪型の話から、サークルに所属する男子の髪型の話へと変わっていき、あいつは髪を後ろから必死に全部前に持ってきているようで笑うだの、なんであの子はいっつも寝癖付けたまんまなのかな、とか、最近誰々が髪の毛弄り始めたよねーとか、どうやら指摘したい個所は山ほどあるようだ。更には服装の話へも発展していって、サークルの男子の評価になっていく。ワイシャツにカーディガンとかおっさんっぽいねとか、その服、新しいヤツじゃない? とか新歓期にジャケット着るとか、絶対に狙ってるよねーとか。本当によく見ていらっしゃる。

というように、整えてみてもそうでなくても、色々と思う所はあるらしい。かくいう私も、あまりセットをしなかった髪型のほうがいいよ、と言われても、いまいちピンとこなかった。しばらくその髪型を維持しようと、それっぽくなるようにセットしてみたり、服装も少し気を遣ってみて、これまたネットでトレンドなるものを調べたりして直し、マフラーの巻き方まで調べた。が、髪型はいつの間にか、髪を上にあげるスタイルに戻っていた。なんだかよくわからないが、こっちの方が落ち着くのである。ちゃんとできているような気がするからだろうか。

 

 

「今日の先輩は髪を上げてるんですね」

「こっちの髪型はダメなのかな?」

「先輩の好きな方でいいんじゃないんですか? 今度は髪染めましょうよ! 茶色とか後は、銀色とか! あ、金髪とか笑えそう」

「いや、銀髪金髪は勘弁してね」

「じゃあ茶髪ですか?」

「いや、就活あるから無理」

「それなら就活終わったら茶色ですね!」

 

 

なんて会話が後日談としてあったりする。結局今の私も髪はワックスで少し上げている。髪を短くした方が、自分が納得する髪型になりやすいのは、単純に技量が足りないからなのか。あぁ、そういえばスプレーを使った方が維持しやすいって言われてたわ。今度買っておこう。

 

今の私はこの髪型が落ち着くんです。

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |  
投票する為にはユーザ登録する必要があります。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。