ピーポ のすべての投稿

メスイキ/百合/ピーポ

AVにおける「百合」というものがイマイチうまくつかめない。

私は恋愛でも性愛でも、主体と客体の位置がイコールで結ばれることはないと考えている。
通常、恋愛と性愛、どちらにおいても男性側が優位に立つことが多いし、必然的に男性側が女性をリードする形になるだろう。
一部、女性に頭が上がらない男性もいると思うが、この場合もきちんと女性が主導権を握っているので、イコールではない。
ゲイでも同じだ。彼らは掘る・掘られるという構図が必ず出来上がっており、どちらかがその主導権を握る。

しかし、私の知る限り、百合だけは例外である。
もちろん、AVでしか知らないのだが、画面の中の彼女たちはお互いを等しく求め合い、等しく愛でているように見える。
女性特有の繊細なタッチでお互いの肌に触れ合い唇をついばむ様などは、まさにファンタジーである。
そこにはオスの性欲のようなドロドロしたようなものはなく、ただただ愛だけが強調される。
百合がキレイと言われる所以はビジュアル面だけではなく、このような精神的対等性や純真さが垣間見えるからなのかもしれない。

ただ、私には抜きドコロがわからないのだ。
通常のAVなら男優に自己を投影して抜くというのが一般的であろう。
もちろん、快楽によがる女優を見て興奮するのも、主体である男優に自己を同一化していると考えられる。
しかし男が百合を見る場合、客体はもちろんのこと、主体にもなることができない。
どうやって興奮すればよいというのだ。
確かにキレイな女性が性欲に溺れる姿は見ていて楽しいが、ただオヤジ的なスケベエ心がそう思わせるのであって、それは私にとって純粋な性欲とは似ても似つかないものなのだ。
ただひとつ残された道は、自分の歪んだ禍々しい性欲を「清廉潔白な百合」に投影し、自分の性欲の階層を格上げすることなのかもしれない。
自分の性欲は純粋であるからして、このような純粋な百合に興奮できるのであるというナルシシズムによる快楽だ。
しかし前述したように、百合の楽しむ自己心理が「オヤジ的なスケベエ心」という自覚を持ってしまっているので、これすら成立しない。
もはや百合を楽しんでいる自分を救う手立てはない。

そこで、私は問を立てた。
自己を客体である女性に投影することは可能であるか、と。
男性にもいわゆる「メスイキ」、つまり前立腺を用いたドライオーガズムを可能にしているものがいる。
性的興奮状態における彼らの心理及び快楽の程度は、女性のそれに非常に似ていると聞く。
彼らであれば、きっと百合を百合として楽しめるのではないか。

いま、新たな可能性が発見された。

八百万の神々の御名/キャプション/ピーポ

test

初詣に行ってきた。家から程近い鶴岡八幡宮である。
非常に混雑すると予想していたのだが、実際行ってみると全くそんなことはなかった。
例年は入場規制を行うほどの混雑ぶりだと聞くが、一体今年はどういうことだろうか。
人は神に祈らなくなってしまったのかもしれない。

聞くところによると、鶴岡八幡宮は女性の神様を祀っているらしい。
随分嫉妬深い神らしく、カップルで参拝すると別れさせようとするのだとか。
神にも非リアは存在するようだ。全くもって神らしくない。
八百万の神々と言われるように、神の中でも立派な神や、下世話な神がいるのだろうか。
そう言えば、すごい人を褒めるとき「あなたが神か」なんて言ったりするけど、もしかしたら彼らも本当に八百万の神々の一人なのかもしれない。

荷負のクリスマス/においのクリスマス/ピーポ

・荷負のクリスマス
彼女がいるクリスマスは人生で二度目ですが、一度目のときに付き合っていた彼女は塩対応がデフォな超バイト戦士で、当然のようにクリスマス当日もバイトを入れていたので、本当の恋人たちのクリスマスは今回が初となります。
ちなみに、一人目の彼女は「クリスマスにカップルっぽいことして何が楽しいんだよ!!」とか言っちゃう人だったので、こういう人が増えれば世の男性は本当に気が楽になると思います。
さて、彼女と過ごすクリスマスと聞くと、彼女いない歴=年齢の童貞だった頃はそれはそれはもう羨んで仕方が無いほどのものだったのですが、いざ実際にクリスマスを目前にしてみると、やっぱりめんどくさい。
ここで初めて世の男性方のお気持ちがよーくわかりました。
あ、このエッセイは清田スタジオの大半をしめる童貞君や独身男性には自慢話にしか聞こえないかもしれませんが、実際ただの自慢話です。
本筋に戻ります。クリスマスはとにかくめんどくさいのです。
そもそもクリスマスなんて外食産業が仕組んだ巧妙な戦略なのです。
それが証拠に、日本のクリスマスは彼らが儲かるように、うまく日本文化にカルチャライズされてるじゃないですか。
アメリカ人に「クリスマスはケンタッキーだよね!」なんて言うと七面鳥で殴られますよ、本当に。
閑話休題。
さて「クリスマスどうしよっか」と私が尋ねると、彼女はいじらしく「一緒にいられるだけで嬉しいよ♡」とか言ってくれるのですが、本当は絶対期待しているのです。
心の中は「どんなクリスマスにしてくれるんだろな~~((o(´∀`)o))ワクワク」って感じになっているのです。
ならば、ここで男は期待に応えなければならないでしょう。
人間関係をうまく発展させるためには、相手が隠している欲望を充足させてあげることが不可欠ですから。
そこで私は考えに考えました。彼女は何をすれば喜んでくれるのだろうかと。
まずクリスマスといえばプレゼントだろうということで、プレゼントを選ぶことにしました。
ですが、何を買えば喜ぶのかさっぱり思いつかないのです。
友人(モテない)にアドバイスを求めると「服とかいいよ!」とのお言葉を頂きましたが、本人の趣味趣向が出るものは「わ~~!すごいうれし~い!」と口で言いながらも、心のなかで「うわ…なにこれ…ダッサ…イラネ」となる可能性があるのであまり良くないと思いました。
なら、家電だ!そういえば最近エアコンで目や喉が乾燥する!と言っていたので、加湿器とかどうかな、と思って調べましたがやっぱり高い。
それに加湿器なんかこの時期しか使わないし、一人暮らしのうさぎ小屋のような狭い部屋じゃ、そんなものなくても洗濯物を干すだけでなんとかなったりするものです。よって却下。
よくよく考えてみると必要な家電って、一人暮らしの人は大体一通り揃ってるんですよね。
新しく何かをあげても結局使わなくて、どっかで無駄にスペースを取りながらホコリを被ってることの方が多いような気もする(流しそうめん機とか、缶ビールサーバーとかもらったけど使ってない)。
だから家電自体却下だな、ってことにしました。
そんなこんなでプレゼントについて考えるだけでも1000字くらい使うほど悩んでも答えが出ない。
人にモノをあげて喜ばせるというのはこんなに難しいものなのかと。
結局「ペアリングとかあげれば絶対喜ぶじゃん!でも恥ずっ!!」とか思いながらペアリングを選んだのですが、なんでこんなもんが3万円もするんだと思うくらいちゃちいすよね。アレ。
だから、楽天で安っすいの買いました。3000円ナリ。どうせバレない。
こんな安物でもシチュエーションさえうまく作って、それなりと雰囲気で渡せば、人は簡単に勘違いしてくれるのです。
考えに考え、安いリングを買ったはいいものの、次はどんな風に空気をつくって渡そうか考える羽目になります。
結局悩みは尽きない。あーあ、これクリスマスのつらいところね。
もっかい言うけど、自慢です。

荒らし/嵐/ピーポ

吹くからに 秋の草木の しをるれば 
むべ山風を 嵐といふらむ

百人一首にこんな歌がある。
筆者の拙い古文力で現代語訳すると、
「山から秋風が吹き降りてくると、とたんに草木を枯れさせて荒らしてしまう。なるほど、だから山風を嵐というのだなぁ。」
となる。
この歌は冬の到来を歌ったもので、まさに今の時期にピッタリな歌だ。
山に風がついたものが嵐だとすると、山に嵐がついたものがヤマアラシである。
ヤマアラシの棘は鋭く、ゴム製の長靴を突き破るほどの硬度を持つ。
また、棘は防御に使われるのみならず、背中側から敵に突進するなど、攻撃にも積極的に使用される。
そんなヤマアラシを題材にした哲学用語がある。
「ヤマアラシのジレンマ」というもので、簡単に解説を行うと、これは自立欲求と他者と一体になりたいという欲求の間で揺れ動くジレンマを表現している。
ヤマアラシは体を寄せあってお互いを温めあいたいと思うが、針で相手を傷つけてしまうので近づけない、というものだ。
しかし、原文によると、精神的に卓越した人ほど非社交的であり、凡夫ほど人との慣れ合いを求めたがるという意味らしい。
学問の世界ではこのような取り違いが非常に頻繁に起こりうる。
少し例が違うが、医学用語などは誤訳の宝庫である。
例えば帝王切開という語。
実際の作業内容だけを想像すれば、帝王の要素はどこにも存在しない。
なぜこのような日本語訳になっているのだろうか。
元はドイツ語のKaiserschnittに由来する。
これはKaiser=皇帝、Schnitt=手術をそのまま直訳してしまったがゆえの誤ちである。

まとまりのない思考を嵐のように書き綴り、思考の場を荒らすという試行を行ってみた次第である。

栄枯必衰/初恋/ピーポ

小学生。低学年。人生は呆れるほど容易かった。
あの頃は、足が速いか、勉強ができれば女子からの人気は高かった。
結婚ともなると、収入で男を選ぶ女は多いというが、奴らの本質は小学生の頃から変わっていない。
ともあれ、足も速く勉強もできた俺はモテた。ハーレムだった。
バレンタインデーともなろうものなら、わざわざ家までチョコを届けに来る女子が複数いるほどだった。
その後23年もの間、彼女いない歴=年齢の童貞でいようとは、誰一人想像していなかっただろう。

まさに、時の権力者並みに選び放題だった俺だが、その中でもひときわ目にかけていた女子がいた。
それがみほちゃんである。みほちゃんはいわゆる幼なじみで、幼稚園からの同級生だった。
成長した今、幼稚園の卒業アルバムを眺めてみたが、やはりみほちゃんはかわいい。
もし、こんな娘がいたら誘拐してしまいそうである。
子供ながらに顔が出来上がっており、透き通った肌の白さやキラキラと輝く瞳は、まるでフランス人形を思わせるものだった。
幼稚園の頃からずっと好きだったみほちゃんは、同じ小学校へと進学し、気づいた頃には自分を取り囲む女子たちの一人になっていた。

そんな中、取り巻きの一人が猛烈にアタックをしかけてくるようになった。
それがさやかちゃんである。
さやかちゃんはさらさらのロングヘアーが特徴的で、当時からスタイルがよく、とても愛嬌があった。
そんなさやかちゃんは、みるみるうちに俺の中でランクアップし、いよいよみほちゃんと肩を並べるほどになった。

しかし、事件は起こる。
ある日、みほちゃんとさやかちゃんと三人で下校することがあった。
まさに両手に花状態の俺はとてもデレデレしていたようだ。
両方に鼻の下を伸ばしている俺が、お互いに気に入らなかった彼女たちは、鋭い質問を投げかけた。
「あたしたちのどっちが好きなの?」
神のご加護の元に築き上げた一大ハーレム存続の危機であった。
俺は言葉を濁し、なんとか危機をくぐり抜けた気がしていた。

小学校高学年にもなると、いつの間にやらハーレムは消滅し、俺は少し勉強ができる程度の秀才になっていた。
みほちゃんやさやかちゃんたちも自然と消えていった。
その後、中学進学を境に、彼女たちとは全くつながりが消えてしまった。

そんな秀才から凡人以下にまで成り下がってしまった今、ふと昔が恋しくなってFacebookでみほちゃんとさやかちゃんを検索してみた。
彼女たちはそれはもう美人になっており、楽しそうな大学生活を送っていた。
学歴も自分より高く、もしいま出会ったとしても相手にもされないだろう。
人生の無情さに打ちひしがれながら、くいっとウイスキーを飲み干した。

アンパンウーメン/はな/ピーポ

アンパンウーマンは激怒した。
「はぁ?なんでアタシがそんなことしなきゃならないのよ」
ジャムの親父がアンパンウーマンに無茶を言ったからだ。
ジャムの親父は白髪交じりの髪の毛を指にくるくると巻き付けながら言った。
「アンパンウーマンよ、お前の顔を子供たちに差し出すのじゃ。子供たちの腹を満たしてやるのじゃ」と。
アンパンウーマンは激怒した。なぜ自分がそんなことをしなければならないのかわからなかったからだ。
アンパンウーマンは自分の顔が好きだった。しかし、それは決して自己愛からではない。
アンパンウーマンは親父によって作られた。親父は端正な自分の顔をモデルに、端正込めてアンパンウーマンを作った。
自家農場で有機栽培した小麦粉を自分で挽き、そこに毎朝南アルプスまで汲みに行った湧き水を入れ、ドライイーストを混ぜ込み、愛情たっぷりにこねる。
その生地を保温性の高い特別な袋に入れ、一晩中抱きながら眠る。
すると生地は、ジャムの親父の低体温でゆっくりと発酵がすすむ。
ジャムの親父は、毎日あらんばかりの愛情を込め、アンパンウーマンをつくっていたのだ。
アンパンウーマンはそれを知っていた。それゆえ、親父の愛のこもった作品である自分の顔がたまらなく好きだったのだ。
しかし、親父は言った。その顔をガキどもにやれ、と。
たしかに、この街には腹をすかしたガキがたくさんいる。それも人の言葉を話す、ウサギやカバの顔をしたバケモノのガキどもだ。
なぜ、バケモノのガキに、大好きな親父が作ってくれた自分の顔をくれてやらなきゃならないのか。

アンパンウーマンは激怒した。
ジャムの親父は物好きだ。昔、バターだかマーガリンだかいう、犬かどうかもわからないケモノを拾ってきたことがある。
以来、このケモノはパン工場に住みついている。時折、このケモノはジャムの親父の手伝いをして、一緒にパンを作っている。
まったく、汚らわしいケモノにパンをつくらせるなんて、食品衛生法なんてあったもんじゃない。営業停止になっちまえ。
アンパンウーマンはジャムの親父が好きだった。
だからこそ、ジャムの親父がチーズ子とかいう、年齢不詳の女と仲睦まじくしているのが気に入らなかった。
アンパンウーマンは力に自信があった。その力をもって、チーズ子を排除しようと考えたこともあった。
しかし、チーズ子は謎に包まれた女だった。だからアンパンウーマンは迂闊に手が出せなかった。
噂によると、チーズ子はアメリカの裏野球界で活躍した外野手らしかった。
裏野球界では野球賭博が大々的に行われており、そこで活躍するチーズ子の人気は相当なものだったようだった。
しかし、チームメイトといざこざを起こし、相手を半殺しにした結果、チームを追われたと言われている。
そうして露頭に迷っていたチーズ子を、闇市で仕入れをするためたまたまドヤ街を通りかかった物好きのジャムの親父が拾い上げたようだった。
裏野球界上がりのチーズ子の制球力と球速は相当なもので、いつもアンパンウーマンの顔を寸分違わず狙い通りに打ち抜き、新しい顔に交換した。
アンパンウーマンは自分の窮地を救ってくれるチーズ子に、心のどこかで感謝をしていた。それ故、チーズ子に手を出せなかったのだろう。

ある日、ジャムの親父が営業停止になった。やはりバターだかマーガリンだかいうイヌ科らしきケモノを工場に入れていたことがまずかったらしい。
その日から、ジャムの親父はアンパンウーメンをつくれなくなった。
時は奇しくも真夏。猛烈な湿気が日に日にアンパンウーマンの鮮度を低下させていった。
営業停止から1週間後。そこには顔中に青カビを生やしたアンパンウーマンがいた。
アンパンウーマンの鮮度が落ちるのにつられるように、ジャムの親父の病状も悪化していった。
医者からは余命いくばくもないと宣告された。ベッドの上には、頬が痩せこけたジャムの親父がいた。
ジャムの親父はベッドからアンパンウーマンを見上げて息も絶え絶えに言った。
「アンパンウーマンよ、お前の顔を子供たちに差し出すのじゃ。子供たちの腹を満たしてやるのじゃ」と。
ジャムの親父は認知症の末期でもあった。
アンパンウーマンは、弱ったジャムの親父を見て涙を流した。
しかし、素直になれないアンパンウーマンは、嗚咽混じりにこう答えた
「は・・・、な・・・ん・・・で・・・グェツ・・・アタイが・・・オエッ・・・」

イケメン/青春/ピーポ

「じゃ、頑張ってきなー」
カナちゃんはそう言って、ケラケラ笑いながら私の背中をポンと押した。
カナちゃんと私が属している仲良しグループは、スクールカーストの上位の女の子が集まるグループだ。
みんなオシャレで可愛くて、美意識がとても高い。
カナちゃんはその中でもリーダー格で、誰もカナちゃんには逆らえない。
そんなカナちゃんが「卒業前に何か面白いコトやろうよ」と言い出したのだ。
結果、罰ゲームで選ばれた私が吉川と1ヶ月付き合うことになった。
なんで、よりによって吉川なのか・・・。
吉川は野球部だ。不細工で不格好で不気味。言動が気持ち悪いと私たちはいつも馬鹿にしていた。
「早く行きなよー」
どう話しかけようか躊躇する私を急かすようにカナちゃんが言った。
イヤイヤながらもゆっくりと吉川との距離を詰めていき、勇気を振り絞って声をかけた。

こうして私たちは付き合うことになった。
吉川にとっては当然のことながら初めての彼女らしく、その浮かれっぷりが傍から見ていてとても滑稽だった。
私が罰ゲームで付き合っているとも知らず、生意気に彼氏面してくる吉川が気持ち悪くてたまらない。
学校でも私を見かけると不気味な笑顔でニヤニヤしながら近づいてくるし、どもりながら話しかけてくる。
そんな吉川の態度に辟易しながらも彼女を演じている私を見て、カナちゃんたちはとても楽しんでいるようだった。

付き合って3週間ほど経った頃、カナちゃんたちから「吉川とデートをしろ」との司令が出た。
私たちの学校の近くには夜景が綺麗に見える展望台があり、カップルが自分たちの名前を書いた南京錠を取り付けていく、定番のデートスポットになっている。
私どうやらたちにも同じことをしてこいとのことらしかった。いよいよ後戻りができなくなってきたような気がした。
デート当日、時間通りに待ち合わせ場所についた私はあたりをさっと見回してみた。
遠くの方でカナちゃんたちがこっちを見ているのが見えた。「LINEで逐次指示を出すから」とカナちゃんは言っていた。
10分遅れてきた吉川は、いつもの気持ち悪いニヤニヤ顔で「ごめんごめん」と言いながらやってきた。とても腹立たしかった。
私は数歩前を歩く吉川につかず離れず着いていく。
目的地についた私たちは、二人の名前を書いた南京錠を落下防止のフェンスにとりつけた。
その瞬間、あたりをまばゆい光がつつんだ。
一体何が起こったのだろう。あまりの眩しさに目を細めながら見てみると、後光がさした天女のような人物が私の前にいた。
よく見ると、地面から30cmほど浮いている。
天女は唐突にこういった。
「あなたは辛い罰ゲームにもよく耐え忍びました。その褒美として、彼氏を超絶イケメンにしてさしあげましょう」
天女がそう言い終わるやいなや、再びあたりを眩い光がつつんだ。

目を覚ました時、私はベッドの上にいた。
壁にはハンガーにかかった学ランがかけられている。
どうやら男子高校生の部屋らしい。
私を心配そうに見つめる、岡田将生似のイケメンがいた。
「大丈夫?いきなり倒れたから心配したよ」
岡田将生は想像通りのイケボでそう言った。
一体何が起こったのだろう。どうして、私は岡田将生の部屋のベッドで寝ているのだろう。
キョロキョロと部屋の中を見回していると、見慣れた名前の入った野球部のエナメルバッグが目に入った。
「え、吉川!?めっちゃイケメンやーん!」

変態/駅/ピーポ

ふと、サラリーマン風の男が目についた。体格がよく、ぱりっとしたスーツを着込んでいる。髪型もさっぱりとして洗練されており、全体的にどこかオシャレさを感じさせる。こいつはどんな人生を送っているのだろうか。よし、今日のターゲットはこいつにしよう。そう思うと同時に、私はそっとその男の後ろをついていった。

私の趣味はストーキングである。何も予定のない休日は駅に来て、目についた他人の後をこっそりつけるのだ。特に何をするわけでもなく、ただ、その他人の一日の生活を覗き見るだけ。ただそれだけなのだが、自分の全く知らない世界を発見することも多々ある、非常に心踊るものなのだ。

男は大股でスタスタと歩き、オフィス街へと向かっていく。私は男を見失わないよう着いていくのに必死だった。追いかけてしばらく経つが、男は止まる様子がない。オフィス街を通り過ぎ、どんどん人気のない方向へと進んでいく。そして、雑居ビルの角を曲がった瞬間、私は肝を冷やした。男がこちらを向いて立っていたのだ。とっさに逃げようとした私の腕を掴んで、男はこう言った。

「私の後をつけていましたね」

男の発する声は恐ろしく無機質で、感情というものが微塵も含まれておらず、私はこれからどうなるのかと不気味な恐怖を感じた。私が無言でいると、男は一瞬クスリと笑い、懐から何かを取り出した。次の瞬間、私の体に衝撃が走り、気づくと私は地面に倒れていた。体が硬直して思うように動かない。地面に這いつくばりながら何とか男を見上げると、男の手には黒い物体が握られている。どうやらスタンガンをうたれたようだ。その後、男は横たわる私の隣でスーツケースを広げるとおもむろに注射器のようなものを取り出し、私の腕に突き刺した。その瞬間、私の視界はぐにゃりと歪み、意識が段々と遠のいていった。意識の片隅で「おやすみなさい」と言う男の声を聞きながら、私は気を失ってしまった。

どれくらい経ったのだろうか、目を覚ますと私は知らない駅に座っていた。一体ここはどこなのか。とりあえず地面から立ち上がろうとした私は奇妙な違和感に気づいた。足に力を入れようとしても全くうまくいかないのだ。足だけではない、体全体が全く動かせないのである。どれだけ動こうと努力しても、だ。私は動くことを諦め、ひたすらじっとしている他無かった。すると、しばらくして列車がやってくる音がした。列車は駅に停車し、そのピカピカに磨かれた車窓に駅の風景が写った。しかし、そこに私の姿はなかった。私は内心パニックになりながらも身動きの取れない状況にイライラしていた。しばらくすると、体の上にずっしりとした重さを感じた。何かが私の上に乗っているようだ。私は理解し難い状況に半ば錯乱状態となっていた。すると、次の列車がやってきた。その電車の窓にはベンチに座った若い女性の姿だけが写っており、やはり私の姿はない。その女性がふと立ち上がったとき、突然私にかかっていた重さが消えた。

私はベンチになったのだ。