「男性への恐怖心が拭えない」カテゴリーアーカイブ

TO 男性への恐怖心が拭えない

きっと、この相談を書くにも大変な勇気が必要だったと思います。
家族間のことは、吐き出すにはあまりに自分に近すぎる話題でしょうから。
まずは、あなたの勇気を賞賛させてください。

いくら、男女の社会的格差がなくなりつつあると言っても、身体的な差だけは永遠になくなりません。
男性の声帯は時に感情に任せて驚くほど低い声を出すし、細く見えても本気で発揮されたら、普通の女性では抵抗できないほどの腕力を持っていますね。
幼少から続いたお父様の暴力的な威圧に、酷く心が傷つけられ、未だに癒えずここまできてしまった。おそらくそこには、お父様の行動だけでなく、お父様の酷い態度を擁護するお母様への失望も上塗りされているのではないでしょうか。幼い、むきだしの情緒で世界に向き合っていたころのあなたには、酷く辛い環境だったろうとお察し致します。

さて、投稿者様のお悩みの核である男性への恐怖心が拭えない、に関してですが。
私は、無理に払しょくする必要は全くないと思います。むしろ、身を守るうえでとっても大切な要素だと思います。
ただそれだけでは解決には至らないでしょうから、これだけは。
大きな声でサルのように暴れて威嚇するのは、当人の恐怖心や虚栄心の動物的アピールに過ぎません。
ヒステリーを起こす女も、わめき散らす男も根幹の頭と要領の悪さは起こった動物と変わらないのです。
もし、そのような感情を爆発させる動物に出会ったら。
彼らには言語が通じないのですから、何をしても無駄です。
徹底的に無視を決め込み、落ち着いてから話してみましょう。それでまた激昂するようならば、その人は確実に病院送りにすべき精神疾患を抱えています。
どちらにせよ、関わらないのが得策かと思います。
そして最後に一言。
男も女も、殴れば痛いって言うし、たくさん刺せば死にます。
あなたにだって、喚き散らす男を殺傷するくらいの力はあるのです。
何も怖がることはありません。

to 男性への恐怖心が拭えない

男の人って怖いよね。あのゴツゴツした感じとか、低い声とか。それに目線が気持ち悪い。投稿者さんは私が感じる男性への嫌悪の何倍も負の感情があるんだろうと思いました。私のアドバイスは正直参考にはならないけど、それでも参考までに聞いて欲しい。

別に男がこわくたっていいじゃん。女の子好きになっちゃえば男なんて必要なくなるよ?

っていう。確かに社会生活を営む上で男の人との交流は免れないけど、女の子を好きになることで少し男の目線っていうのを感じることができると思うんですよ。そしたら多少男の人への見方も変わる…かもしれないなって。暴論だというのは重々承知だけど、男性恐怖症って男性を恐怖に思っていたら、社会的に(結婚とかね)差し支え生じるからそんな風に言われてしまうけど、恐怖に感じても問題なくなればその頃には男性恐怖症もある程度緩和されるんじゃないかなって思います。あとは、信用できる男の人を探すことですかね。その一歩目って凄いしんどいし怖いと思うけどこの自分のまんまじゃダメだ!って考えてるなら少しずつ歩めていけたらいいなぁって。

to 男性への恐怖心が拭えない/さくら

男ですが、言わんとしてることはよく分かります。男、特に歳をとったおじさんですが、他者との関係性というところへの執着がなくなるからか、独り善がりな性格に変わっていく例が少なくありません。父親という立場にあっても同様で、視野が狭窄し、自分が全て正しいと思って行動するようになっていきます。自分の父親(もはや父として認めていないが)もそうですし、接客業をしていて、横柄で高圧的なのは基本的に高齢男性客です。男というのは、歳をとるとコミュニケーションの必要性が薄れそれを放棄するのです。はた迷惑な話ですがね。

父親が原因だと難しいでしょうが、自分は、直接的な危害を被る立場からうまく身を引きつつ、軽蔑しながら話のネタになるように多少脚色を考えつつ観察しています。意味不明な難癖をつけたりするのは男の方が多く、また誰彼構わず威嚇してくる人も多いので怖いかもしれませんが、うまく話を盛って鉄板ネタにしましょう。別に異性が苦手なら無理に取り合おうとしなくていいんです。その時は辛く苦しいかもしれませんが、喉元過ぎれば笑い話。動物や小さな子供のエピソードを語るノリで、面白おかしく片付けてしまいましょう。

To 男性への恐怖心が拭えない/人生案内/やきさば

極論かもしれませんが、それ全部言いましょう。日常会話以上をしたり、よっ友以上の存在である男友達に事前に言っておきましょう。恐怖心が拭えないのは、あなたがそのことを隠しているからです。隠しているからこそ、いつ男性の暴力的な片鱗が見えるかびくびくしてしまうのです。だったらそのことを言うべきです。そうすれば、気持ちは驚くほど軽くなるはずです。少し重い空気になるかもしれませんが、それであなたから離れていってしまう男性はそれまでです。もともと付き合う必要なんてなかったのです。それえでもあなたを気遣いながら、既存の関係性を続けようとしてくれる男性がいるはずです。その方々と仲良くすればいいのです。

あなたの気持ちも晴れやかになると同時に、あなたにふさわしい男性を見分けることもできる。一石二鳥ではありませんか。はじめは勇気のいることかもしれませんが、試してみてください。

to 男性への恐怖心が拭えない/人生相談/あおいろ

克服するには、相談者さんの心に大きく負担がかかると思います。やはり、少しずつ地道に慣れていくしかないのではないでしょうか。記憶が薄れるのを待つのが一番だと思いますが、それには時間がかかるでしょうし根が深いもののようなのでそれは難しいかもしれませんね。

これから先どうしても困ることがあれば、周囲の人に簡単に事情を話し理解をしてもらう方がよいかもしれません。暴力的な一面を見て体調を崩された時に支えてくれる友人を作るのも一つの手だと思います。相談者さんの細かな状態などはわかりませんが、克服一択ではなく上手に付き合っていく方法を模索するのも大事なことだと思います。

to 男性への恐怖心が拭えない

無理に男性と関わらなくていいと思います。サークルへの参加を控えたり、女性が多い職場を選べば負担は減るはずです。

でもこれでは危険を避けただけで克服はしてませんね。もしお付きあいする男性が現れたら、両親のこと、恐怖心のことをしっかり説明する必要があると思います。「重たい」と言われる可能性は往々にしてあります。男性はそういう面倒なことを避けたがる生き物です。そんな恐怖心をもつあなたを丸ごと受け入れてくれる人が見つかるように、自分を磨くのがいいでしょう。

が、大事にしてくれたとしても、長時間一緒にいれば人間ですからイライラしたり怒ることはあります。そういうときに反撃できる自信を付ければ、無敵です。護身術としても使える空手やボクシングを習ってみてはいかがですか。スタイルも良くなり強くなれて一石二鳥です。

to 男性への恐怖心がぬぐえない/人生案内/jboy

幼少期に感じた父への恐怖が、男性一般にまで想像的に広がってしまい、それに苦痛を感じている状況がよくわかりました。筆者さんの言うように、この社会で生きていく上では男性を避けて通るのは不可能でしょう。男はそういうものだと割り切ることも難しい。

臨床心理の手法に「暴露法(エクスポージャー法)」というものがあります。これはどういうものかというと、自分がどういう刺激でどういう反応(不安)が生じるのかを丁寧に把握していき、不安を感じる具体的な場面を想定して「不安階層表」というものを作ります。それに基づいて段階的に不安を感じる原因となった状況に、自ら向き合っていき不安症状を克服するというものです。筆者さんの場合、男性と普通に接することはできているため、その後の親密な関係になったときに感じる不安から始め、最終的には父親という不安の根源と向き合う作業が必要なように思います。怖いと思うかもしれませんが、つまるところラスボスの父親だっていずれ年老いて仕事も定年退職して、牙を抜かれた獣に過ぎないのです(筆者さんの父親がいくつかは分かりませんが……)。いずれにせよ興味があったら調べてみるといいかもしれませんね。