「大作戦」カテゴリーアーカイブ

ひとりよがれ/大作戦/奴川

>>再来週誕生日だね、空いてる? どっか行こうよ。

 

 

プレゼント選びは億劫だし難しい。贈る相手がよく知らない人なら尚更である。しかし、仲のいい友達にプレゼントを選ぶときは楽しい。相手の趣味や身につけるものをよく知っているから選びやすいし、万が一選択を誤ってしまっても「ごめんごめん」で済ませて話のネタに出来る気楽さがある。

彼女にプレゼントを選ぶのは久々だった。中学生の時は、毎年お互いの誕生日を祝っていたのだけど、高校に上がるタイミングで中止となった。中止された理由は単純で、彼女が父親の出張にともなって引っ越してしまったからだ。そんな彼女が大学進学を機にこちらに帰ってきて初めての冬。再来週は彼女の誕生日だった。

 

予算は3000円くらいで良いだろうか。多分今年の夏に彼女が私に贈ったバスセットもそのくらいの値段だと思うし。あの日はスイーツ食べ放題じゃなくて、少し背伸びして雑誌に載っていたカフェに行ったんだっけ。そんなことを思い出しながら、私はまず買い物かごに石鹸を放り込んだ。バーアイスの形をした、ネタ系の石鹸だ。

彼女は食べ物の形をした小物が好きだった。プレッツェルの形をしたイヤリングを贈った時にとても喜んでくれたのを思い出して、私は心のなかでほほえんだ。980円。まだまだ買える。

 

次に見つけたのは、パッケージに彼女のお気に入りだったキャラクターのプリントがされた入浴剤だった。真っ青な瞳の白いウサギ。ここ数年ですっかり人気になったキャラクターだ。

中学生の時にはそこまでの人気はなかったから、彼女はよくグッズの少なさを嘆いていたものだった。何にしろ話のタネにはなるだろう、とかごに突っ込んだ。これで合計1880円。予算的には、もうひとつくらい何か買いたい。

 

最後のひとつがなかなか決まらなかった。寒くなってきたしハンドクリームでもとか、例のキャラクターのマグカップを、とか右往左往してしまって、結論が出せない。しかし嫌な時間ではなかった。好きな人のことを考える時間が嫌なはずもない。

結局、ハンドタオルを買った。彼女好みのシンプルなボーダー柄のタオルだ。今回買ったのは消耗品ばかりだったし、ひとつくらい手元に残るものがあってもいいだろう。これで3020円。よし、予算通りだ。私はレジに向かった。ちょうどその時ポケットの中の携帯電話が震えた。彼女からの返信だろうか。買い終わってから確認しようっと。

 

 

>>ごめん、当日はサークルで祝ってもらうんだ!今度でいい?

 

 

「今度っていつなんだろう……」
彼女の誕生日当日、私はヒーターの前で丸くなりながら、何度読み直したか分からないメッセージを読んでいた。何度読み直したところで、その文面が変わることなんて無いのに。

なんで私は彼女が私と同じくらい暇な人間だなんて妄想を抱いていたんだろう。彼女の人生は前進していて、私だけが未だに中学生だ。私は部屋の隅を睨んだ。そこには私の馬鹿げた作戦の痕が包装紙にくるまれた状態で転がっていた。ああ、部屋が寒い。ヒーターもそろそろ買い替えの時期だ。

撃退命令/大作戦/ネズミ

 

「メーデー!メーデー!ただいまゲートにて、大量の侵入者を確認した。侵入後、彼らは何手にも分かれた模様。各地の白血球隊員たちは直ちに撃退準備を開始せよ。繰り返す。各地の白血球隊員たちは直ちに撃退準備を開始せよ」

2016年11月16日、私の身体は外部からのウイルスの侵入を許した。それと同時に身体の中は一斉にざわつき始める。

「今の指令を聞いただろう!ここは我々、白血球部隊の出番だ!これより侵入者の討伐にでる。皆の者、覚悟をきめろ!」

「イエッサー!!」

身体の至る所にある白血球部隊のほとんどが動き出した。彼らの役目は外部から体内に侵入した細菌やウイルスを殲滅させることだ。いわば兵隊みたいなもので、彼らの働き次第で今後の体調が決まってくる。

「こちら指令室。状況を説明せよ」

「こちら第三部隊。たった今、侵入者と接触し戦闘を開始しました。どうやら我々が危惧していたインフルエンザウイルスではないようです。ですがとにかくすごい数で、それなりに強いウイルスだと思われます。苦戦を強いられるのは間違いありません。おまけにこの身体の主人は最近、不健康な生活を送っていました。免疫が下がっており、我々の戦闘力も20%程落ちていると考えておいた方がいいかもしれません」

「了解した。状況は逐一報告するように。その状況に対応した策をとっていく」

 

それから6時間後。戦況はあまり良いとは言えなかった。ウイルス勢は思った以上に強く、暴れることをやめなかった。

「こちら第5部隊!戦況は極めて不利です!すでに半分以上の白血球たちがやられました。なにか対策をお願いします!」

「こうなっては仕方がない。体温をあげるぞ。体を震わせろ」

(あれ、ちょっと寒いな。風でも引いたかな)

 

熱を上げることによって、白血球たちの活動は活発になる。熱を上げるにはまず寒気を感じさせ、体を震わせるのだ。ここから約3時間後、体温は38.0℃にまで上がっていた。

「こちら第4部隊!我々の戦闘力は上がったのですが、それでもまだ敵いません!今回の侵入者はかなりの強さです。さらなる熱の上昇を要求します」

「それはできない。これ以上あげると他の器官に負担を与えることになってしまう」

「ですが、これでは我々が負けてしまいます!負けてしまえば他の器官に負担がかかるどころではなくなってしまいますよ!」

「むう………。やむをえないか。他の器官たちよ、すまない。もう少しだけ熱を上げさせてくれ」

 

(やっばい。身体めちゃくちゃだるい。また熱上がったかな。………。え?39.6℃?これおれ死ぬんじゃないの?)

その頃体内では。

「うおらーーーー!!!力湧いてきたーー!!!覚悟しろよウイルスども!!」

その2日後、白血球部隊は完全勝利をおさめ、3日後には熱も下がったという。

完全犯罪(笑)/大作戦/オレオ

あー、マジであいつムカつくわ。殺すか。

 

『 殺 害 決 定 ! 』

 

とりあえず、捕まりたくないから完全犯罪でも成立させてみっかー。

要するに誰にも俺がやったってバレなきゃいいんだろ?そんなん余裕のよさこいへいさー。

 

【用意するもの】

・ドライアイス

・色んな人の毛髪

・手袋

・全身タイツ

 

とりあえずこんなもんでしょ。まぁ、困ったらヤーさんにでも頼も(笑)

 

だいたいさ、犯罪犯して捕まっちゃう阿呆は何らかの証拠を残しちゃってるわけだよね。それをポリスメンとかが見つけて色々バレちゃうわけでしょ?だからさ、証拠残さなきゃバレることねーじゃんwwwうは、俺天才wwww。まずは、指紋とか髪の毛とかだよね、指紋なんて手袋でよゆーじゃん?髪の毛はスキンヘッドにすれば残す毛もなくなんじゃん?捕まるやつって何なの、スキンヘッドにする度胸もねーのかよwwwそんなんでよく人殺せるなwww。俺は天才だから更に念入りに全身脱毛サロン行くけどなwwwその上に全身タイツですよwwwもう完璧すぎだろwww。あとは、適当に拾ってきた髪の毛をばら撒いておけば尚いいよねwww。「違う髪の毛がありすぎて特定できない……だと……」とか言っちゃってたりしてwww。

 

あとはどうやって殺すかだよね。大体証拠として残るのが“凶器”だよね、皆んな包丁とか使って川にぶん投げたりするみたいだけど、俺からしてみればNON-SENSEだよ。結局みつかんだよそんなもん。そこで“ドライアイス”ってわけ。ドライアイスって硬いよね、鈍器として申し分ないくらい硬いよね。これをポリ袋かなんかにつめてブンブンブン!ですよ。ハイ、イチコロ。使い終わった後もドライアイスだから気化して終わり。“凶器”のこりまてーんwww。ポリスメンは必至になって「鈍器のようなもので殴られた痕跡が~」とか言って鈍器っぽいもん探すだろうけど、ねーよwww。おめーらもう“凶器(くうき)”吸ってるっつーのwwwなんちゃってwww。んじゃまぁ、いっちょ殺ってきますかwww。

 

* * *

 

「~~~警察によりますと、深夜の12時53分頃、住民から“全身タイツで歩いてる不審者がいる”との通報を受け、周辺の警察官が駆けつけたところ血の付いたポリ袋を持った犯人が歩いていたため、現行犯逮捕したとのことです。さて、続いてはお天気です。木原さーん!そらジロー!(笑)」

 

浦島清太郎/大作戦/jboy

 あるところに、浦島清太郎という煩悩の塊が住んでいました。

ある日、いつものように海辺を散歩して水着ギャルたちを観察していると、一匹の亀が近所の悪ガキたちにいじめられていました。清太郎は亀を助けることで、ギャルたちから「清太郎さん、亀を助けるなんてステキ!」と思われるのではないかと思って、

「これこれ、亀をいじめたらかわいそうだよ(棒読み)」

と言って、子供たちから亀を助けてやりました。ところが、ギャルたちはビーチボールで遊んでいました。清太郎は残念そうに家に帰りました。

 

 数日後、またいつものように清太郎が海辺を歩いていると、見覚えのある亀がいて清太郎に話しかけました。 

亀「浦島清太郎さん、僕は先日助けてもらった亀です。乙姫様があなたを竜宮城へお連れしなさいというので、お迎えに参りました」

清「だめだよ、今日は伊勢佐木町のキャバクラで、マイちゃんと楽しくお話しする予定なんだから」

亀「竜宮城はキャバクラよりきっと楽しいですよ」 

清太郎は疑っていましたが、とりあえず竜宮城へ行ってみることにしました。

清「もしもし、マイちゃん? こないだ亀助けた話したじゃん? そしたらその亀がお礼に竜宮城連れてってくれるみたいだからさ、今日お店いけなくなっちゃった。うん、ごめんね。お土産買って帰るからさ、また今度ね」

清太郎はマイちゃんに電話をかけ終えると、さっそく亀の背中に乗り竜宮城へ出発しました。

 

 竜宮城はたくさんのきれいなサンゴに囲まれ、魚が泳ぐとてもきれいな場所でした。清太郎はお城の中の大きな部屋に案内されて、豪華な料理をごちそうになりました。

清太郎は大変満足していましたが、ぱいおつかいでーのぴちぴちギャルでも出てきてくれたら申し分ないと思っていました。たくさんの魚たちが舞を踊ってくれましたが、どうせ魚ですのでいまいち盛り上がりに欠けていました。「ひょっとして乙姫様って、めっっちゃごつい魚なんじゃね?」と思ったりもしました。

 

 宴も酣、いよいよ乙姫様が登場しました。

乙「浦島清太郎さん、此度はうちの亀を助けていただき本当にありがとうございました。どうぞごゆっくり」

清「え、、あ、はい、、あの、、」

乙姫様のあまりの美しさに清太郎は口も回らず、すっかりホの字でした。それを見て乙姫様も、魚たちも笑っていました。

 

 こうして清太郎は地上のこともすっかり忘れ、竜宮城で時を過ごすうちにいつしか乙姫様と恋仲となっていました。しかし母が清太郎の帰りを待っていることを思い出し、乙姫様にこう告げました。

清「乙姫さん、私と一緒に地上で暮らさないか?(イケボ)」

乙「清太郎さん。お気持ちはうれしいのですが、私は地上へは行くことができません。悲しいですがお別れしなくてはならないようですね。でも、地上で私を思い出して寂しくなったらこの玉手箱を開けてください」

そう言って乙姫様は、清太郎に玉手箱を渡して、涙ながらに分かれました。

 

 

 地上に戻ると、すっかり辺りの景色も変わってしまっていました。清太郎は乙姫様のことを胸の奥にしまいつつ、これからはまっとうに生きていこうと思いました。 

 しばらくたったある日のこと、清太郎はどうしても乙姫のことが忘れられず、彼女の言葉通り玉手箱を開けてみることにしました。

玉手箱を開けると、中から白い煙が黙々と出てきました。すると、清太郎は竜宮城のこと、乙姫様のことをすっかり全部忘れてしまっていました。

 

 清太郎は、何が起こったのかはわからないけれど、ふと思い出したようにマイちゃんに電話を掛けました。

踊らされる大粗相作戦/大作戦/ととのえ

大学通いのため東京に来ておよそ5か月。東京にも慣れたこの頃、今までは自宅のパソコンで様子を見ることしかできなかった、憧れのコミケのシーズンとなった。正直親には「都会に出て今まで経験できなかったことを体験したい」なんてありがちなことを言ってきたし、実際東京には新しい発見も多くて楽しい。でも「コミケや色々なイベントに行きたい」の一心で東京に出たことに違いはない。

そんな僕は、7月の終わりころには早くも授業に手がつかず、スマホでコミケのことばかり調べていた。おかげで単位は少し落としたが、予習はばっちりだ。この作家さんがいいのだとか、こことここをこういう風に周ればいいとか。もちろん行き方についても。バスが一番早いらしいが予約が取れなかったし、ゆりかもめの始発便には間に合わなそうなので、大崎駅からりんかい線の始発に乗ることにした。

当日。家から山手線で大崎まで揺られ、予定通りりんかい線の始発に乗りこんだ。電車は、コミケに行くような人々で混みあい、冷房が効いているのかと思ってしまうほど蒸し暑くなった。でもうまく立ち回って比較的いい場所は取れたつもりだ。こうなればこちらのもの。田舎の長距離通学で鍛えた足を使えば、ほかの奴等はいくら作品への愛があろうと追いつけないはずだ。

大崎を出発し、電車は地下へと潜る。りんかい線はほとんどが地下だから景色は見えないが、それでも夢にまで見たコミケの会場に確実に近づいているのだと思うと胸の高まりが止まらない。周りを埋め尽くすオタク達から発される熱気や高揚感もコミケに近づいていることを示している。ああ、もうすぐあの場所に行けるんだ。

 

 

「ラーーーーー タラララララーーー」

織田裕二主演の某刑事ドラマの音楽が、まさに今コミケに向かわんとする僕を演出するかのように地下のホームに大きく反響する。そうだ、事件は自室のパソコンで起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!!駆け上がる階段に反響する足音。その一つ一つもコミケに向かう自分を演出しているかのよう。

 

しかし、改札口を出て気づく。辺りがストリートビューで予習した景色とあまりに違う。しかも降りる客はまばらで、毎年待機していると話題の野次馬もまばらだ。ふと振り返ると「東京テレポート駅」。どうやら降りる予定の1つ前の駅で音につられて降りてしまったらしい。あとで調べると歩ける距離だったらしいが、調べることまで手が回らなかった僕はわざわざ地下のホームに戻って電車を待った。コミケ客で混みけな電車を2本乗り過ごして、ようやくたどり着いた先には、気が遠くなるような長い列ができていた。

 

 

(参考)東京テレポート駅(東京ビッグサイトの最寄りである国際展示場駅から1つ大崎寄り)の発車メロディー、「RHYTHM AND POLICE

 

裏方大作戦/大作戦/印度

某テレビ局にて、

今日は局の看板とも言える生放送の音楽番組の放送日。
この日は大道具、照明、カメラなどほぼ全ての裏方は朝からリハーサルを続け生放送に万全な状態で挑む。

今日の主役は音楽界の大御所と言っても良い 桑T K佑 である。
番組構成やリハーサルは彼中心に動いてるのだ。

朝8:00
ここでは彼のリハーサルがある。
彼のリハーサルと言ってもステージには彼はいない。大御所の朝はとても遅いのだ。
若い放送作家が彼の代わりにステージに立ちリハーサルは進められる。
本人がいないにも関わらず、現場の空気は張り詰めており念には念を入れたためであろうか1時間も予定がオーバーしてしまった。

朝10:00
ここからはまだ若手のダンスユニットや大人数のアイドルグループ、一部からの支持が熱いバンドなどのリハーサルが続く。
彼らも有名ではあるものの桑Tの存在を凌駕するような人間はおらず、ある程度のリハーサルを終えて時間通りに控え室へ戻っていく。

夕方15:00
あと1時間後には彼が来て歌合わせをする。
最初は1時間ほど押していた現場も裏方の努力と演者の遠慮によって10分押しというところまでは縮められた。
けれどもやはり彼を待たせるわけにはいかないのでこの時間に行われる男性アイドルグループのリハーサルはとても煽られていた。
彼らだってJニーズの中でも中堅的なグループなのだ。オリンピックのテーマソングだってやっていた。
桑TK佑はそんなグループすら霞んで見えるような存在なのだ。
煽られて巻いて巻きまくったJニーズのリハーサルは時間通りに終わった。

そう、あとは彼のリハーサル(2回目)だけなのだ。

夕方16:15
やっと彼のリハーサルが始まる。
彼は15分遅れでスタジオに入ってきて全く悪びれもせずに堂々とステージに立つ。こういうところでもやはり大御所である。
しかし歌が始まると張り詰めていた現場の空気も一瞬で彼の歌に魅了されていく。新曲であるバラードはスタジオの中に染み渡っていき、彼の為に動き続けて疲弊したスタッフ達も和やかな気持ちになっていく。

大御所であるにはそれなりの理由があるのだ。

彼のステージはその日で1番凝った演出になっていて、ラストのサビで羽根を大型の扇風機を使い天井から降らせる。
彼はそれが顔や頭にかかるのが気に入らなかったのか終始不機嫌で、リハーサルでは何度も歌い直して羽根を降らせる位置を修正させていた。

リハーサルが始まってから2時間後、大御所は羽根がくっつくのを諦めたようで呆れた顔で控え室へ戻っていった。

リハーサルにかかった8時間のうち4時間は彼の為に使われたのだ。
それでもやはり彼の歌にはそれを納得させる力があるのだろう。

その日の番組は大きなミスも無く、十分すぎる程の視聴率を獲得した。
僕はイベントバイトしてるんですけどこないだ14時間勤務の現場を見つけて応募したらなんと有名な音楽番組だったんですね。
AKBを至近距離で見れたのも良かったし大好きなbacknumberと何度かすれ違えただけでとても幸せだったんですけど、唯一イライラさせた存在が彼だったので彼について書いてみました。