「曲」カテゴリーアーカイブ

いつか絶対/曲/きりん

今年五月、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席フルート奏者にして世界的ソリスト、エマニュエル・パユが来日した。海外の演奏家の中では来日も多く、その華やかな演奏と甘いマスクで日本でもとても人気の高いフルーティストである。
そんなパユがハチャトゥリアンの協奏曲をやるという。本来バイオリンのために描かれた曲を、ランパルというこれまた伝説みたいなフルーティストが自分が吹きたいがために編曲してのけた代物で、もう本当にとにかくかっこいい。これはチケット代に7 千円払ってでも聞きに行くべきだろうか!?いや、いちかばちか当日学生券にかけてみる手もある……!日本でも人気のあるパユの公演だ。当日までの一か月で全席完売もありうるが、学生券は2千円、差額5 千円は無視できない。買うか賭けるか。と、悩んでいたらある先輩が学生会員らしく、事前に学生券を入手できるらしい!飛びつくようにしてお願いした。
うきうきしながら時は過ぎ、演奏会1週間前。バイトのシフト表に目を疑った。演奏会当日になぜか私の名前が入っている。いったい一か月前にこのシフト表を提出した私は何を考えていたのだろうと愕然としたが、このバイト先、シフト変更したい場合には自力で代わってくれる人を探さなくてはならない。現状一番下っ端の私にそんなことができるわけもなく、つまりシフトの変更は不可能。いっそ風邪でもひこうかと思ったが、現状のシフトでも人手が不足しているのを身を持って知っている。ロッカールームで泣きそうになった。結局、当日私はバイトへ行った。あまりに辛くて、誰にも行けなくなったことを言わずにいた。チケットを融通してもらった先輩にさえ、だ。頭を無にするように働き、ようやく解放された23 時過ぎ。帰り道でケータイの着信をチェックしていると、同じように先輩からチケットを買った知人からLINEがきていた。「今日どうしたの?」その場にしゃがみこんで、ちょっと泣いた。

いつか、いつかこの曲を生で聞きたい。

寝顔とトーストと目玉焼き/曲/ふとん

 

 

やめた。

高3のとき。私を好きだったはずの人がいつのまにか親友を好きで、親友は当たり前のように私じゃなくその人をとった。
後になればその男は私の負け惜しみとかじゃなくほんとうにたいした人じゃなかったし、友達も一時の舞い上がりで付き合ってすぐ目が覚めて、ひと月くらいで破局して、気にすることなんかもうなにもないのに、今でも思い出すと心臓がなにかにムニュムニュつぶされるくらい辛い思い出だ。

それを書こうと思ったから、嫌だけどわざわざ鮮明に思い出して、歌詞も引っ張ってきて、下書きまでしたけど、やめた。
これじゃ思い出し損だけど、過去のしょーもない男の話を公開したところで、そいつへのいらいらも昔の自分へのもどかしさも収まるわけじゃないし、読んだ誰かに利益を与えるわけでもないじゃないか。
やめた!やめた!
細かいストーリーなんかなしに、経験から学んできたことを書いたほうが有益に決まっている。
というわけで、どうぞ。

・結局は顔が大切だから素顔に自信がなかったらメイクを頑張る。
・この世に男の人は腐るほどいる!かっこいい男の人もそのへんにたくさんいる!と思って余裕を持って過ごす。
・好きになっちゃったとしても、それを相手に悟られてはいけない。悟られたらそのうち冷められて飽きられて終了。
・こっちから連絡してはいけない。脈ありなら必ずあっちから連絡がくる!
・自分のことを好きな素振りがあってもなかなか近づいてこないなら、相手が小心者か、キープにしようとしているだめな男だから放っておけばいい。
・女友達はいざというとき結局男をとるから信用しすぎてはいけない。

これら全て習得した今の私には、
私がなにをしても
「あ〜~かわいい~~」
って言って抱きしめてくれて、
夜ごはんを作ってあげただけで
「うまっ!!これ、なにが入ってるの?!」
って喜んでくれて、
デートでお出かけして少し歩くと
「足疲れてない?大丈夫?休もうか」
って、こんな私をお姫様みたいに扱ってくれる、嘘みたいに優しい大好きな彼氏がいるのだ!
幸せである。

二十歳近くまで生きて考えてみれば、死にたくなるくらいの失敗を、死にたくなるくらいいっぱいした。好きになった人の数は二十人か三十人か、もっとかもしれなくて、そのうち付き合えたのはふたりだけで、そのうちひとりは私を都合よく扱うくそ男だったから、幸せだな~~って感じるのは今の人ひとりだけだ。
幸せすぎてこわい、と思うときもあるけど、つらい思いもたくさんして、たくさん学んできたのだ。幸せになったっていいはずでしょ。もちろんこれからも苦労はあるんだろうけど、そのあとはそれに比べればいいことがあるんだろうし、なんとかなると思っている。

曲はつらい思い出と結びついてるやつなんかじゃなくて、最近自動的にほぼ毎朝聴いている曲、彼がスマホのアラームにしてるやつをのせます。
曲名も誰が歌ってるのかすらも知らなかったし、尋ねて調べてみた後もピンと来なかった。
けど、私にとっては幸せの朝の曲だ。

 

誰も知らない/曲/温帯魚

もちろん、これは失恋の歌だ。
いや確かに歌詞という不安定な表現に対して、状況がこれだと決めつけるというのもよくない。特にスガシカオという無類の作詞家に対して「この曲は失恋の曲でしかない」と型にはめるのもなかなか愚かである。投げやりな言葉の断片から、どこか渇いた曲調から、演奏の端々でキメてくる電子楽器から。この曲が別れの歌だということはぼんやりとわかる。わかるのだけれど、しかし失恋だと決めつけるのは早計なのだろう。音楽は自分の好きなように感じるべきだ。きっと思ってはいけない感情など無いのだ。
だからそう、私は私が思ったままに、皆様にこの曲を紹介しよう。
この曲は、童貞を捨てた男の感情の曲である。童貞を捨てた男の現実への寂寥感としかし何かを得たという心が歌われている。私はそう思った。今も思っている。

もちろん、これは失恋の歌だ。もちろん。

メルヘンである。これは私の頭がということだし、童貞がということでもある。
私はあまり人と接することが得意ではない。会話とは神経を使うものであり、二人あるいは多人数の努力によってコミュニケーションは成り立つ。しかしその努力するという観念がほぼない私にとって、普段の会話とは非常に難しいことだ。そう、私にとってコミュニケ―ションは難しいという尺度で測るべきものである。この的外れな尺度こそが、私が無知だということであり、つまりメルヘンなのだ。
童貞もそうだ。童貞ということは経験がないということである。人との接し方がわからない。異性との近づいた経験がない。人とのコンタクトが不快であってよい時間はとっくのとうに過ぎ去り、見えるのはそういうコミュニケーションがない荒れ果てた荒野のような未来である。それでもなめられたくはない。ならば。人に笑われるぐらいならば「触らないでよ関係ないじゃない」と私は考えるのだろう。

だから、メルヘンである。そうやって私の首は締まっていく。

だからこそこの曲は私にとって童貞を捨てたという曲なのである。人が変わるには何かが起こらなければならない。まして世間が変わったと思えるならば、それは当人にとって巨大な出来事だろう。もしも正しい、間違いのない人との距離感が分かったなら。僕はこんなに面倒じゃなく、もっと幸福で、童貞じゃなかったのだろう。

しかし、そんな距離は誰も知らない。

爆撃を受けながら/曲/フチ子

少々酔っ払って、夜風に吹かれながら家に帰っているとき、今日を反省して、自分の至らなかさにがっかりしてるとき、彼の返信が遅いとき、人に流され自分のなさに泣きたくなるとき、ぐっちゃぐちゃの気持ちを一瞬でも封じ込んでくれる曲がある。

THE BLUE HEARTSの『月の爆撃機』。人によっては、若かりし甲本ヒロトのクネクネ具合と目の焦点が合ってない具合に、戸惑って恐怖を覚えるかもしれないが、とりあえず聞いてほしい。

誰も見ていないならわたしも寝転んでジタバタしたくなる、爆撃を全身で受け止めてクネクネして、それでも立ち上がりたくなるようなこの曲。色んな角度からぶつけられる、様々な正論に身動きが取れなくなったとき、泣き出してすべて放り込んでとじこもりたくなる。

ここから一歩も通さない
理屈も法律も通さない
誰の声も届かない
友達も恋人も入れない

絶望的な1人の世界にこもってしまうような歌詞なのに、なぜか安心する。わたしの中にも、誰にも侵されない、個人的なスペースが存在するんじゃないか、今のこの気持ちこそがわたしだけの、わたしのための、独り占めできるような部分なのではないか。わたしはこのモヤモヤとした、わたしだけの感情をとじこめて、誰にも見せたくない。

なんでこんなに幸せを感じられなくて、辛くて、寝れないくらいに駄目になっているのに、死にたいとは思わないのだろう。テロや地震があったとき、そこにいたのが自分じゃなくてよかったって漠然と安心しているのだろう。社会貢献できないし、他の人を愛すボランティアに打算抜きで携われないで、それなのに自己愛も崩壊しつつある今、なんでこんなにも自分が大切なのだろう。

整理して考えることができない。結局考えたところで自分の欲望や選ぶ道は変わらなくて、自分の選択がいかに間違いではないかを正当化するだけの行為になってしまう。それなのに、友達に意見を求めたり、ネットの恋愛コラムを読みあさったり、自分の間違いを見つけようとして、見つけた瞬間に目を瞑る。ここに幸せはないとわかっても、そこから逃げることは難しい。

それでも、どんなに人に傷をつけられてバンバンと撃たれても、わたしの身体はわたしのもので、わたしの心はわたしにも他人にもわからない、とじこめられたところにある。誰かのものには決してならない。過去のことを考えてみても、色んな人や概念に支配されたけど、よくわからないタイミングで、衝動的に、支配をかなぐり捨てて逃げてきた。なんだ、こんなにも簡単に逃れられたのか、と拍子抜けするような感覚を味わってきた。

大丈夫。よくわからない月明かりは消えていない。まっすぐに歩けなくても、池にドボンでも、何十発の爆弾を受けても、人間はつよい。生きてしまえるし、生きたいと願ってしまうものだ。

僕じゃダメ/曲/なご

 

お聴きいただいたのはSHISHAMOで「量産型彼氏」いかがだったでしょうか?ボーカル宮崎朝子の透き通る歌声が冴え渡るポップなチューンですね!そんな曲調とは裏腹に歌詞の内容は……

 

以下唐突な自分語り。

 

好きな人に彼氏ができるジンクスというか、病気、俗に言う(言わない)”キューピッドシンドローム”に罹患している僕ではありますが、やっぱり毎度思ってしまうのは、なんで僕じゃないねん!っていうことなんですよね。いやいやいやいや、その彼氏のどこがいいの!?そいつと僕どこが違うのよ、あんま変わんないじゃん、っていうかそいつよりも僕の方が絶対先に君のこと好きになったかんね、好きって気持ちも僕の方が何倍も強いからね、冗談じゃなく。

そうはいっても、彼氏彼女にはそれなりの事情があるから彼氏彼女になるわけで、その関係のなかに僕はいないわけで、辛いわけだけど現実は残酷で、こういう風に思っていることはむこうさんは知らないけど知られたらそれはそれで恥ずかしいというか死にたくなるという自己嫌悪。

最近は”キューピッドシンドローム”の末期症状なのかしらないけど、幸せになれる瞬間は一生訪れないんじゃないかなって考えちゃうことも増えてきましてですね。いやまぁ、そりゃそういう考えにも陥りますわ、好きになっても振り向いてもらえるチャンスないんだもんね。

では、真剣にこの病気に立ち向かってみようかと思います。如何せん原因不明なもんで対処のしようがないっちゃないんですけど頑張ります!

 

治療法①:努力する。

……①から早速この議論の破綻が見えてきましたね。これは単純に努力が足りないんじゃないかと思うわけです、僕の。好きになってからその子に彼氏ができるまでノータイムってわけじゃないんだからその時間に愛を育んで付き合えば万事解決、無問題。これは自分磨きにもなって案外健全な解決策かもしれませんね。

 

治療法②:僕のことを好きな人が現れるのを待つ

これ治療法なのかよ、いつ完治するのを見据えてんだよ、そんなやついねーよ、とかいうツッコミは受け付けません。これは労せず病気が治りますね。ただひとつ怖いのは好きな人現れて、好きになって付き合ってみたら相手に別の好きな人できてフラれるみたいなことが起きかねないということだね。心配しすぎかもだけど、そう思っちゃうのも仕方ない。そこまでいったらこりゃ呪いですよ。解呪の儀待ったなしですわ。

 

治療法③:博愛主義者への転生

We are the WORLD.人類皆兄弟。人ラブ!誰か1人を愛するなんて無理無理、みんな等しく大好きなんだもん!

 

……はぁ……つら……どれもこれも無理しかねーじゃん、やっぱこれ治る見込みないのかね。早く彼女つくってみんなに自慢したいのに、僕に彼女ができたんだってね。

 

 

 

上履き/曲/みくじ

Good Shoes/Galileo Galilei

かすかに蝉の声がする。
外は雲ひとつない真っ青な夏空で、冷えきったこの美術室とは別世界だ。
半袖のシャツと膝丈のスカートとふくらはぎより下のソックスだけでは肌寒くて、ジャージを羽織ってだらしない格好をしている。
ネクタイは鬱陶しいから隣の机に投げた。
美術室は普通の教室2つ分の広さがあって、私は後ろからも廊下からも2番目の席から無人の美術室を見渡してた。
一つ前の席には描きかけの自分の絵が無造作に置いてある。
夏休みのうちに仕上げる予定だったし、まだそのつもりではあるんだけども。
先生が戻って来るのを待ってからはじめても、間に合うだろう。

冷房のきいた美術室の机はひんやりしていて、去年買い替えたばかりだからつるりとして綺麗だ。
美術室の机なんて絵の具やなんやで汚れまくるのが常だが、新しいから綺麗に使ってくれと先生が強く言うのでまだぴかぴかしている。
その上に腕を伸ばして突っ伏して、顎をぺったり付けて首だけ上げる。
きっと横から見たら、机の板の部分をこの字で覆うような体勢だろう。
そうして足を伸ばして上げると、視界に赤いラインの入った自分の上履きが見えた。
私の通っていた高校の上履きは学年によって色違いのラインが入った白地の運動靴みたいなもので、私の学年は赤だった。
この上履きも机と一緒で、買い替えてそんなに経っていないから真っ白だ。
生徒数の多い学校だったから、上履きや制服や体操着なんかの販売車が決まった曜日にやってくる。
しかし私の足が小さ過ぎて、この上履きは取り寄せて2週間ほど待たされてようやく買えた。
こうやって机越しに眺めても、私の靴は小さい。
取り寄せた上履きはそれでも少し大きいようで、右のつま先で左の踵を押すと、かぽりと脱げてしまった。
反対も同じように靴を落として靴下も行儀悪く手を使わずに脱いで、何年もサンダルなんて履いていない白いペンキをかけたような、青く静脈の透けた、足。

理不尽は希望でもあったりする~帰り道に一人反省会を開いてしまうすべての人へ~/曲/エーオー

「帰りの会のサンバ」作詞・作曲 中山真理

https://www.youtube.com/watch?v=0WmfSab4Kmw

小学生の時、学校のそばにきれいなホールがあって、そこで毎年合唱祭をしていました。
学年ごとに分かれて三クラス合同で歌を歌って。指揮者は担任の先生で、伴走者は生徒からオーディションをして。楽譜を張り付けるための画用紙を買いに行ったなあ。そうそう、動画みたいに膝を曲げて歌うのって、小学生特有だったなあと。

この曲は、私が五年生のとき三年生が歌ってた曲です。高学年だったからわたしはもう少し大人っぽい歌で、子どもっぽいって思ったけどでもこの曲いいなってなったのすごく覚えている。帰りの会ってのも、小学校特有だしね。

こういう歌詞がある。

今日の仲良くできたあの子に  こっそりありがとう言って
今日の気まずくなったあいつに つぶやく「ごめんなさい」
今日を過ごしたすべての人が  大切な友達だし
わかりあえてもすれ違っても  明日また会えるんだよ

******

大学からの帰り道で、友達と授業が被らない日は一人。
考え事ははかどるけど大抵は反省会だ。ああ、あのときあんなこと言わなきゃよかったとか、ああいわれたけど私はどう思われてるんだろう、やだなって。
それでも口から生まれたような人間で、たくさん喋ってしまうし、思ったことをすぐに口に出してしまう。欲に負けちゃうんだよな。楽しいのはその時だけで、おそろしい後悔にそのあとずっとさいなまれる。もう、だったら一生喋らないでいたいとも思うのに、できない。

それより前の学校生活と、大学。決定的に違う。
大学は友達を選べる。そもそもこんな学部だから授業の選び方で性質が出るし、なんとなく同じカテゴリーの人が分かる。ちょっと、違うかなって人には笑顔をうかべて、傷つけられそうになった時にはそっと離れる。そのかわり、一日中友達と会わないなんてことも、しばしば。明日、皆に会えないな、なんて思う。
小中高、帰り道はずっと誰かと一緒だ。休み時間も誰かと一緒だし部活もあるから暗くなるまでずっと一緒だし。人と一緒に笑い合っていたら、自分がどれほど情けないのかなんて考える暇はない。「また明日」という挨拶が、どれほど尊いのかを初めて知った。

高校生の時、クラスに苦手な子がいた。あっちも私のこと苦手だと思ってて、その子とバスケで一緒のチームになったとき、体育の前日は責められるのがつらいなあと泣いてた。休むなんてわけにいかないし、ひたすら耐えるしかないから、諦めて学校に行く。覆りようのないカースト、私の学校の記憶はいっつもいっつも暗い。
学校と言うのはいつだって理不尽だ。いじめとか、恐い先生とか。せまい箱で、そういうものがずっと続く。
でも、

わかりあえてもすれ違っても 明日また会えるんだよ

あ、もしかしたら。
その理不尽さは、私を救ってくれることもあったのかもしれないと、やっと気づけることもある。

強い歌詞だと思う。すごく強い歌詞だ。失敗したときすべてが嫌で、もう取り返しがつかないって明日がくるのが怖いって逃げたいって思う夜がたくさんあって。
だけど、明日会えるということは希望でありチャンスかもしれないって、そんなん一回で何でもできるわけじゃないよって。
そうして、また学校に行く。

うそつきの嘘/曲/ノルニル

     わたしが殺したのだ、と君が呟いて、嘘吐きの僕はかける言葉もなく項垂れる。枯れかけのアガパンサスが、ぎりぎりの窓辺で咲いていた。

     人の苦しみを肩代わりすることはできないけど、共犯者の僕にしかできないことがある。だから僕は、君と同じだけ背負うよと、そう嘘をついた。

 

     夜が来るのが怖いなら、すべて投げ出して逃げてしまえばいい。君の手を取り、傾いた日に向かって走りだした。太陽よりも疾く風を切り、何もかもを追い越して西へ、時速1400キロで空を駈ける。

 

     なんて、実際には嘘に決まってる。無理だ。喉から音を上げて呼吸をしても、息が続かない。足並みは次第にとぼとぼとし、やがてはその歩みさえ完全に止まった。

 

     やっぱり、届かなかった。どうしても僕たちは、ここから逃げられない。「ここではないどこか」なんてない。
    だらりと力が抜け、指がほつれたその瞬間、引き戻されるように強く手を握られた。すこし驚いて、感触を確かめるように握り返してみる。

     山の端に日が沈み、ぬるい風が頬を撫でる。わずかに輝きを残す、時の境界線はやがて夜が生まれる場所。

 

     夏の日暮れは、景色をくすんだ水色に染める。誰そ彼時、という名の通り、となりにいるはずの君の姿が見えなくなっていく。それでも、不思議と恐れは生まれない。
     たとえ暗闇が世界を覆ったとして、繋いだこの手を離さなければきっと大丈夫だと、それだけ信じていれば他には何もいらなかった。

 


 

嘘 (bermei.inazawa) from “berpop melodies and remixes”

うそつきライアー (茶太) from “睡眠都市”

壁/曲/どみの

ねえ、今日午後暇?

夕方から暇だよー
なに、東京の方きてるの?

じゃあ17:30に舞浜駅集合で!

え、今日?w
おけおけ、行くわー

(みのりがスタンプを送信しました。)

 

上京して4年目の7月。高校の友人からいきなり召集がかかった。

だいたい、同い年は就活真っ盛りのこの時期(まあ、私はいろいろあって今大学3年生を満喫してますが、)、例外なく彼女も就活中のはずだ。

 

17:30過ぎ、テーマパークのエントランスで待っていた彼女は、ごちゃごちゃしている周りと違い、シンプルな出で立ちで私を待っていた。

 

おー冬ぶりー

いきなりごめんね。とりあえず、遊ぼう!

彼女に初めて出会ったのは高校時代。典型的な青春をおくり仲良くなったのだが、更に親しくなったきっかけは受験期だったと思う。

お互い進路に悩みに悩みまくり、面談の居残りで放課後多くの時間を同じ教室で過ごした。

 

ねえ、就活どう?

だめだめ。まだ内定ゼロ。どうしよーね。

 

そういう彼女の横顔は、焦っているというより、しょうがないと言っているようだった。

 

今日も面接行ってきたよ。

お疲れ様です。

個人面接全然喋れないんよね。人前で喋るの苦手すぎる。

じゃあ今日の手応えは…

 

そう問うと無言でまた同じような顔をする彼女。

 

受験の時もお互いいろいろあったもんね。

そうやね。やっぱり生きるって難しいわ。

急に哲学、どうした?

最近思うんよね、定期的に壁が出現するのが人生なんだって。

ほう。

でもその壁を乗り越えるか、壊すのか、道を変えるのか、壁にもたれて休憩するか。どういう行動をとってもいい。そう考えると選択肢を増やしてくれる壁っていいやつなんじゃないかと。

 

なんとなく彼女の言いたい事は分かる。壁だと思っていたのがただの張りぼてだったり、幻想だったりもすることもある。壁という存在自体、乗り越えるという方法自体を考え直した方がいいんじゃないかって。固定観念に囚われすぎると苦しくなり、私たちは生き辛くなる。

アトラクションに乗り終え、外に出るともう暗くなっていた。

 

次なに乗る?

ねえねえ、パレード始まってるよ!

パレード見る?

いや、今日は乗りまくる。ってことで、あれ乗ろう!

 

彼女が指さしたのは、パレードの反対側にあるアトラクション。フロートや人だかりが私たちとの間を遮っている。

 

大周りして行こう。

 

そう言って、人混みに突っ込む彼女の後を追う。はぐれないようにそっと手が繋がれる。

ふと、人垣の間から見えた遠くにパークのシンボルが、闇の中照明で光り輝いていた。

失恋の対義語/曲/YDK

「愛してるの響きだけで
強くなれる気がしたよ」

勘違いです。気がしただけ。

 
「100回くらい忘れようとしたけど
もうだめだよ」

100回も忘れようとするから忘れられないのでは??

 
「携帯握りしめながら 眠りについた」

ブルーライト良くないらしいからちゃんと消して寝よう??

 
「私ここにいるよ
何も言わずに待ってるよ」

怖いよ!?ちゃんと家帰りな?危ないからね…!

 

 

「会いたくて 会いたくて 震える」

勝手に震えてろ…とりあえず病院行った方が良い。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

失恋ソングに心の中で冷静なツッコミをするのが流行っているわたしが、歌詞よりもよっぽどサムいことを知っている。

落ち込んでるときに聞く失恋ソングほど耳障りのいいものをわたしは知らない。

失恋ソングの大体が男女目線なのだけが嫌いだ。

だけどそのもどかしさや苦しさや楽しさだけは同じだから好きだ。

 

追記:この遊び割と楽しいからオススメです

 

BGM:失恋した時に聴きたい曲 【約1時間】 https://goo.gl/pEsZww #Tuber