「取材記事」カテゴリーアーカイブ

恋愛相談というかキャラテコ入れ/ネット記事/みくじ

 

アルテイシアの恋愛デスマッチ
この連載に最近めちゃくちゃハマっています。
今回取り上げるのは
「ハイスペ婚したけど幸せじゃない」自分がわからない女子にカウンセリング①
「新婚時代なんて思い出したくもない」自分がわからない女子にカウンセリング②
(①が2週間以上なのは許して欲しい)
https://am-our.com/love/218/14333/
https://am-our.com/love/218/14362/

筆者のアルテイシアさんは毒親持ち女子高育ちバリキャリ歴戦の恋愛傭兵でガンダムオタク、既婚者という私が求めていた人生の先輩。もっと早く出会いたかった、

それはともかく今回の相談者がすごい。何がすごいってまあとりあえず見てくれ。

 

相談に来たんだよね…?とそれはもう混乱させてくれる。ちんぷんかんぷんってこういうことか。
脳内でめちゃくちゃ猫なで声の頭の弱いギャルで再生されるのは私だけだろうか。(※相談者はそこそこ育ちのいい32歳派遣社員既婚)
この時点でかなり不安定な気持ちになってくる。

しかしここからが本番である。

 

怒涛の煽り!どこを見てもイラッとくる!
これで天然なら記念物クラス!

とまあ見てるこっちも怒りで知能が下がってきましたが一旦落ち着いてよっいせ。

逆にいるんですか?周りは~と小賢しい小学生のような言い方。
内容も、びっくりするほど浅はかだ。ドン引き。
なんでそんな何も考えず結婚してしまったん…?
し、しびあ…?意味分かってる?

また頭が悪くなってきましたので、ふぅ…
お局=40代独身って見方もなんというか、まあ私もこの人には意地悪()する自信がある。

ここで急ぎ足になって申し訳ないがラストのところ。

 

急に聞き分けが良くなる相談者。
スピードラーニングの皮肉も痛快だったけど、突然にいい子になるこの相談者は一体なんなんだ…。

果たして本気で言っているのか、面倒になってとりあえずYesにしてるんじゃと疑う気持ちがある一方で、あんなにでもでもだってだった相談者の吹っ切れにこちらも清々しい気持ちになってきた。オリジナルストーリーが暴走して散々文句を言っていた深夜アニメの最終回のような切なさがある。

ここまで読むと、能天気で考えなしで優柔不断なこの相談者が一周まわって可愛く思えてこないだろうか?
愛されるおバカとはこういう路線もありなのかもしれない。