「Gグループ」カテゴリーアーカイブ

オタクの屍を越えてゆけ/遺書/なご

オタクは死んだ。

オタクであることを自虐的に語りながらもアイデンティティとして誇りに感じているところのあった私であるが、そんなオタクの私は死んでしまった。
昔は一週間で10本ほど見ていたアニメも見なくなってしまったし、週に9回は行っていたゲーセン・アニメイト・ゲーマーズにも行かなくなり、その他、マンガ・ゲームも積極的に読まないしやらない。バトスピもしない。ニコ動も見ない。コスプレもしなくなった。一番驚いたのは、5年ほど追っかけていた声優さんのCDもいつの間にか買わなくなったことだ。一時期はその声優さんのためなら死ねるとさえ思っていたのに。

以前の私は「2次元しか興味ないでござるデュフフフwwww」と公言していたし、心の底からそう思っていたし、「2次元に勝る3次元なし」が座右の銘だった。青春時代に女性と関わることが皆無であったため、会話することはおろか、挨拶さえ難しいような状況だった。それが今となっては普通に女の子誘って飲みに行ったり遊びに行ったりするようになり、後輩相手にセクハラ同然の発言ばかりするクソ老害と化してしまった。そんなんだからいつまでたっても彼女ができないのだろう。まぁそれはさておき。

私からオタクである部分がそっくりそのまま消え去った。だからと言って私が消えたわけじゃあない。そのまま消えてしまえたらどれだけ楽だっただろうか。オタクという病の副作用でオタクじゃなくなると消えてしまうなんて素敵じゃないか。という夢を語ったところで抜けがらの私は生き続けなければいけない。きっとこのまま順調に卒業、就職して、なんとなく良い人と出会って、結婚して子供ができて、子供がアニメとか見始めたら「お父さんも子供の頃はアニメが好きでなー」とか言ったりして、ゲームをねだられたら自分が買ってもらえなかった反動で、嫁(リアル)に怒られながらもいっぱい買い与えちゃったりなんかして、最終的に子供よりハマっちゃうみたいな無邪気なお父さんになるのだろう。

 

オタクは死んだが、そうやって自らの屍を越えて過去のオタクたちも幸せをつかんでいったのだろう。

 

 

今回の話のオチ。結局人はそう簡単には変われない。

え?オタク?辞めてないっすよ。ハイ。ちょっと次元が変わって2次元から3次元に移ったというか、まぁいわゆるアニオタ・声豚からドルオタへのジョブチェンみたいな。いやぁまさか自分がアイドルはまるなんて思ってみなかったですわ。それもこれも元凶は西野七瀬とかいう超絶可愛い生き物が目の前に現れてしまったという。とりあえずつべとかにまとめられてるなぁちゃんの可愛い動画を見て欲しいですわ。ハイ。んでそっから乃木坂46に興味が出ていろんなもの見たり聞いたらスゲーいいのねアイドルって。今じゃメンバーの名前フルで全部言えるまでになってしまいましたわ。一推しがまなったん、二推しがなぁちゃん、三推しであーちゃんかなって感じですね。乃木坂沼にハマった流れで欅坂46にも手をだしたらここにも平手友梨奈とかいう天使がおわすってもうヤビャいのね。最近はてちのことしか頭にないという。これはもう恋だね。てちガチ恋勢ですわ。中学生に恋する22歳ってオイwwww欅はてち神推しかなー。

 

 

……ハイ。

「オタク」という業は死ぬまで背負わなければいけないものなのだろう。

ほんと頭痛やばい/遺書/θn

今日はスタッフとして関わってたサークルの公演が終わった次の日なわけですが、驚くほど体調が悪い。実のところ寝る前からやな予感はしてた。すっごい元気!みたいな日があるわけじゃないけど、純粋に多分熱があるし内臓が痛い。胃腸にうまく消化吸収をする力がない。要は吐きそうなのだ。

何が言いたいかって少なくとも遺書っていうテーマで文章モチベーションには全くならないってこと。パソコンと向き合うだけで頭が痛くて目がチカチカするから早く寝たい。

それでも頑張って書きます……。(提出期限はすでに過ぎている)

最近そんなにさよならしたいような団体も個人もない。公演後の比較的色々片付いた時期だからそんなこと言えてるのかも知れないけど。もっとぐちゃぐちゃなときは喧しい!全員死ね!って幼稚な考えになるときもある。

成人の日に高校の同窓会があって、なんだかんだ一番お世話になった英語の先生に(私はすこぶる英語ができない)お前なんだか大人しくなったなって言われた。そんなにうるさかったですかって聞いたら高校時代の私はもっと弱みに付け込んでどうにかしてやろうみたいな、そういう雰囲気があったような気がすると返されてしまった。

誰だそれって思った。結構適当なところのある先生だしまた適当なこと言われただけなような気もする。取って食ったろうなんて思ったこと人生の内に指折りで数える程もない。

でももし先生の言ったことがほんとだったら、いいのか悪いのか判断しづらい。個人の見解としてギラギラしたところのある人間は好きだ。かっこいい。だから自分にそういうところがあったのだとして、今それを無くしてしまっているなら、どうなんだろう。ちょっぴり悲しい。

現状に満足できてるとかできてないとか、あまりそういうことは考えない。思考停止してる方がずっと生きやすいときだってある。

さよならしたい人たちにあまり会わなくなったのか、さよならしたいと思う自分にいつのまにかさよならしていたのか、変化って怖い。

もうちょっと書きたいこともあるけど関節も痛いような気がするので寝ます。インフルじゃなさそうなんだけどなぁ。

LIVE配信/遺書/露子

ザァーーー実際生きる権利があるなら死ぬ権利もあると思うんです。生まれることは自分の意志でどうこうすることは無理なんだから死ぬことくらいは自発的に自己責任で自分の意志で死ぬのが真実に理性的な生物と言えるんじゃないか、私はそう思います。ザザッいじめや借金が原因で死を選ぶのは自殺とは言えません。それは他殺です。真の自殺とはもっとザッザァ思想的で崇高であるべきです。例えば処女と童貞の心中。性欲という本能に毒されることを拒否し理性を貫き通して死を選択しその愛を永遠に純なものに保ったのです。これがウ ゙ォォ理性的殺です。いやこれは他殺とも言える。成熟という重圧に殺されたとも言える。現世に対する一切の拒みの無い自殺こそが純粋自殺と言えるのです。ザァーー…ドンッ必要に迫られた死など他の凡庸な死と変わりません。では真実に純粋な自殺とはどのようなものなのか。ザーッそれをお見ザーせしたくて私は今ここにいるのです。いつも通り私はここにいる。いつも通り出勤していつも通り仕事をこなしいつも通りに二十時三十九分西大井駅の一番線にいる。ザッ平凡な日常変化のない日常に嫌気がさしたなどという陳腐な感情はありません。ザザ興味です。高速で動く物体にぶつかってみたい、それだけの興味です。自分の身体が壊れていくのをザァーー偶発的にではなくザッ自発的に正常な脳の働きでもってして感覚したい。経験から学びそれを使って推論するこザッと自分の信念に基づいて行動することが人間のあるべき姿です。私は理性を保っザッたまザッま死に向かうので死という一ザァー度きりの最初で最後の再現不可能の経験を学びに活かすことができるのです。マモナクイチバンセンカイソクヨコスカイキガマイリマスアナウンスが鳴ってます。アブナイデスカラキイロイセンノウチガワデオマチクダサイもうまもなくです。コノデンシャワハチリョウヘンセイデスもうまもなく。ゴゴゴォーーーー来ましザッた来ましたッ。ーーーいきますザァいきますいきますいきますいきますアッ………。ガガガッザァーーーーーー…………

遺言書があればエロ本は親友に相続できる/遺書/さくら

とまあ、こんなテーマになってしまった一端は自分も担っている(毎回手挙げてました)ので、さあ遺言を書いていこうかな、と思うんですが

遺言書の書き方って習ってないよね。

人間誰しも死ぬんだから、どこかでちゃんと遺言の書き方は学ばないといけないわけだけれど、学校ではそういうことは学ばない。学生のうちに死ぬ人だって少なくないのに、彼らが遺せるのは精々「置き手紙」にしか過ぎないもので、法的拘束も何もない。ブラック企業の跳梁跋扈する今の時代において、いつでも安らかに死んでしまえるように、こういった知識は一般常識にしておくべきだと思うんだ。

というわけで、みんなこれを機にいつでも死ねるように遺言が書けるようになっておこう!!いつでも死ねると思うと人生楽だよね。そうだよね。

 

とりあえず遺言の効力について。

満15歳以上であれば、未成年であっても保護者の権力行使を超えて効力を持つそう。つまり、大事なコレクションなどがあれば、死後親が勝手に捨てようとしても遺言書にそのコレクションをどうすべきか明記しておけば、法的に遺言の効力が勝るということになる。エロ本は見ないで捨てといてね、と遺言に明記しておけば、たとえ親でも法の力によってそれを見ずに捨てなければいけないことになるだろう。死後に恥を晒さない為にも、しっかりと抑えておきたいところ。

あとは、基本的に遺言は遺族同士の怨恨を最低限に抑え、相続関係をはっきりさせるための書類なので、先日謹慎処分になったどこぞの自称イケメン芸人(結構好きでした)のように、何股もかけていたりして関係の複雑な人ほど、遺言をしっかり書く必要性があるそうです。

よし!私には直系の親族以外いないから安心だ!…はい。リア充の方々にしか関係のないお話でしたね。

ちなみに、私たちのようなご縁のない人の財産は、国庫に帰属するそうです。ですが、遺言に記載があれば、自分がお世話になった人や団体にその財産を贈与することができるそう。溜まったエロ本は、死ぬときに遺言に明記して仲の良かった友達に分けてあげよう。これは、家業などを親族以外に継承するようなケースでも同じ。

そして、財産の書き漏れが少しでもあると、その残った部分を巡ってハゲしい争いが繰り広げられるらしいので、「その他の」などの言葉を駆使して回避しましょう。

以上のことを踏まえて…と、さっきまで実際に遺言書を書いてみようという流れでなんとなく書いてたんですけど、いろいろと仮名を使わないと面倒だな、って気がついて没にしました。はい。とりあえずは、妻と子供に分与していく感じになるだろなあ。死ぬ間際にいくら媚びられても動じないくらいの心は残しておきたいものですね。

いっそ、死が見えたら財産全部使いきって無一文になってから死ぬのが一番かな!!!宇宙葬だ!!!!!

 

 


◆参考◆

http://rocketnews24.com/2014/10/20/498462/

大気圏で散骨 … 300,000円。

http://xn--29sob915t.com/plan/moon.html

月旅行プラン … 遺骨7gのプランで7,992,000円。

http://xn--29sob915t.com/plan/deepspace.html

宇宙の果てまで無限に遺骨が飛び続けるのは面白そう。月旅行プランと同じく約800万円。

面白いしロマンはあるけど、意外と現実的な金額でした。


 

 

あ、ピクニック割と賛成なんですけど木曜はバイトなんですよね。

私のせいじゃない/ぜんぶ雪のせいだ。/味噌の

まさに陸の孤島。

珍しく盆地の我が故郷に大雪が降って、そこそこのダメージをもたらした。なんせ普段雪なんてそんなに積もらない。山に囲まれたこの場所は、きっと立ち入ることも出ることも困難だったに違いない。
その日はバレンタインデーかその近く、学校が1番チョコで溢れるような日だった。なのに学校は早終わり。
部活のときに先輩にチョコ渡すんだ〜なんて言っていた女子たちは、こぞって10分休みに2、3年生の教室へ向かう。私も波に入って女の先輩と男の先輩、1人ずつに会いに行く。女子高生のバレンタインだ。

バレンタイン。賑やかなその日は、去年までの私にとってはずっと特別な日だった。好きだった幼馴染に義理だと、恒例行事なのだと適当な理由をつけて毎年お菓子をあげていた。それができなくなったのは、中学の卒業と同時に彼に振られたから。
彼は私より性格が悪くて、私よりブスで、私より馬鹿な女と付き合っていた。それを知ったのはその時で、彼がその子と別れたと聞いたのは、私が振られて3週間も経たないくらいだった。

別に引きずってなんかいない。
もう彼に恋愛感情は持っていない。
たまたま、この日だから思い出しただけだ。
川辺の桜並木の帰り道は真っ白で垂れ下がった枝は凍りついている。静かで、聞こえるのは私の足音と川の流れる音だけだ。
まるで映画のワンシーンのようだった。
友だちに貰ったチョコの袋が音を立てる。
なんとドキドキしないバレンタインだろうか。考えないようにしたって、思考するしかやることのないこの状況では嫌でも頭の中に去年の私が雪崩れ込んでくる。かき消すように、温かいものを買おうと途中のコンビニにふらりと立ち寄った。

なんというか、貴重なものを目にした。
棚には何も入っていなくて、この雪でしばらく商品の入荷もできないらしい。
何1つ物のないコンビニ棚なんて初めて見た。寂しくて、でもなんでだか、心だけは落ち着いていた。

家に着くころにはもう雪はすっかり降り積もっていて、アスファルトも家も真っ白に姿を変えていた。

それは突然だった。相変わらず音のしなかった世界に、私じゃないもう1つの足音が追加される。
心当たりはある。
だけど、今は。今日だけは会いたくない。会ってしまったら、あの暖かくて苦しい時間の終わりに凍りづけた私が溶けだしてしまう。
雪のせいで、足をとられて走れないのだ。
雪のせいで、寒くて何も考えられないのだ。
雪のせいで、少し懐かしさに襲われているだけだ。

だから今私が動けないのは、私が弱いわけじゃない。
少し後ろで足音が消える。
音の聞こえない世界が戻ってきた。

桜井日奈子かわいい論/全部雪のせいだ。/やきさば

JR SKISKIのCMの女の子かわいい。

ていうか桜井日奈子かわいい。桜井日奈子かわいくない?
なにがかわいいってあの輪郭!あの丸い輪郭がかわいい!ニット帽がよく似合うよ。桜井日奈子のポスター見たことあります?

これですよ。オイオイオイなにこれ、喧嘩売ってんのこれ?あまりのかわいさに喧嘩売ってんのかと勘違いしちゃうレベルだよこれ。そんな顔しちゃっていいわけ?こんな誰もが通る駅ビルにそんな大きく晒しちゃって。みんな見ちゃうよその顔、みんなその顔みちゃうよ、いいの??

 
……はい、ということで桜井日奈子のあのポスターめちゃくちゃかわいいです。
桜井日奈子って顔のパーツが全て丸いんですよね。二重のかわいい目も、鼻も、唇も。普通こんな丸いパーツが一つの顔に集まっちゃったら不細工になっちゃうんですけど、ここで桜井日奈子がすごいのは(というより桜井日奈子の両親?)、それを圧倒的な配置バランスで支えている。その完璧な黄金比があるからこそ、桜井日奈子はかわいいんですね。

(ほら、全部まるい。でもかわいい。)

で、まあ桜井日奈子の顔っていわゆる童顔ですよね。美しいというより可愛らしい。きっとおばあちゃんになってもあの顔のままなんだと思います。同じジャンルの顔で言えば、広瀬すずとか佐々木希とか。正反対は誰かというと北川景子とか真木よう子とかですかね。可愛い系と美しい系。

そして、色気のある方はどっち?ってなったときに間違いなくイメージするのは北川景子とかの美しい系ですよね。つまり、童顔だと、エロさが出にくい。女性としてより女の子って感じなんです。
しかし、この桜井日奈子のポスターはちがう!!!

えろい!!!
なんだこのアンニュイな表情!!
まだ未成年(19歳)の健気な女の子がこんな儚い顔していいの!!!もうわたしの心はズバーーーンですよ、一気にやられましたよ。桜井日奈子すげえ、って。それまでなんとも思ってなかったですけど、それ以来、桜井日奈子の大きいポスター見るたびに胸がときめいちゃいますもん。
というわけでみなさん、JR SKISKIの桜井日奈子のポスター、ぜひ注目してください。

年々歳々花相似/ぜんぶ雪のせいだ。/ノルニル

     モノクロの景色のなかに、あなたの面影が浮かぶ。目が合わせられなくて、視線を落とすとコートを着ているわたし、認識した途端にコンビニにはおでんや肉まんが並び、乾いて澄んだ空気がひんやりと肌を刺す。どうやらここはまだ冬のままらしい。

     思い通りにできるのならと、あなたの隣では雪が降る、なんて特別な思い出にしようとしてみる。一面が雪に覆われた公園で、ふたりぶんの足跡だけが水気の多い、べちゃべちゃとした灰色の染みをつくる。
     息が白いね、とつぶやいて、返事がないことはわかっていた。先を行くあなたの背中へ手を伸ばしても届かないことも、もうわたしは知っているから、それはせずにただほうと息を吐く。結局、わたしは何も言えないままだったのだ。

 

     それは終わらない冬の夢だった。いちばん好きなあなたがいた。いちばん嫌いなわたしがいた。そうであってほしかった。そうでなければいけなかった。
     目を覚ますと季節は夏で、雨だから映画館に行こうと決めた。わたしはだんだんと遠ざかっていく思い出を懐かしむばかりなのに、窓辺では紫陽花が去年のそれと変わらず雨露に濡れてひかって、そうして毎年同じ季節ばかりが巡る。変わるのは、それを見る人のほうだ。
    昨日の続きが今日だとしても、あの日と今はどこが繋がるのだろうか。今日の続きが明日だとしたら、わたしたちの世界もいつか重なるのかな。

     心の中に、伝えられなかった言葉ばかりが降り積もる。それをぜんぶ雪に埋めた。もし、万が一でも春が来たらまた会えるように。あなたに届かなくても、いつか心のふちから溢れて、誰かに届きますようにと祈る。これはきっとわたしの中で融け残っている光だと、そう信じたかった。冷たく湿った空気で澱んだ梅雨の曇り空は、どこか夢で見た、くすんだ雪の色にも似ていた。

ある冬の雑記/ぜんぶ雪のせいだ。/どみの

雪が降った。寒い。今日の予定をキャンセルして布団に潜り込む。やることもなくぼうっとしていたはずなのに、思考は最近の出来事について巡らせていた。

どっちかというと反応に困る出来事である。純粋な困惑とは言わない、恐縮の思いと少しの疑問、そして心の底では喜び、それをトータルして困ったことになったというわけだ。いや、困ったことという表現は適切ではないかもしてないが、久しぶりに戸惑うこととなった。

普段、他人の自分の評価に鈍感でありたいと願っている。だって傷つきたくないから。そのくせ人を気にしがちで、周りの意見に無関心なふりをして、いつもダンボ耳。誰にも好かれるなんて烏滸がましいが、できるだけ嫌われない人間になりたい。いい人でいたい。だから結局、鈍感であることはほとんどない。それが通常装備で、周りには人畜無害さをアピールし、時にはコミュニケーション上、弊害となる性別ですら煩わしいと思うことすらあった。

いろいろグチグチ言ってはいるが、結局のところ人に好かれることは、嬉しいことである。女の子に彼女にしたいと言われることも、気が楽と言われることも嬉しい。だからそんな無害な人間にずっと甘んじていたいというのが本音であった。だから口先だけで恋人が欲しいと言いつつ、本当に望んでいるのかと問われればそれは怪しい。

最近あった幼馴染の言葉をふと思い出す。

私の彼は私が純粋だと思ってる。だから純粋だと演じてないといけない。ショック受けそうだし。

ピュアさを演じる彼女は滑稽でもなんでもなく、ただの可愛い女の子。女の子はあざといぐらいがちょうどいいんだと寒い時期にアイスを食べながらそういう彼女に、ありえないという目線を向けると、寒いのがいいやんと笑顔でその時は返された。

演じる彼女や惚れやすい故に経験人数の多い姉、惰性で付き合ってると言う友人に、実際のところ私は羨ましいと思っているのだろうか。他人はもちろん私の考えている事なんて分からないだろうが、自分でもよく分からない。女子は受け身であれ、いや、もっとガツガツしろ。いろんな受け売りが世の中に溢れている中で、自分はちょうどいいところをうまく探してぬくぬく生活して行くんだろうな。

布団の中でじっと考えることなんてろくなことはないが、思い立ったら吉日、テーブルにあるスマホに手を伸ばし、指を動かす。

 

やらせだったのかもしれないけど、まあとりあえずソフトクリームでも食べに行きませんか。

 

なにこれ、言い訳めいた面倒臭い文句。いやいいっか、どうにでもなれ!ぜんぶ雪、いやアイスのせいだ!送信!