「Uncategorized」カテゴリーアーカイブ

横綱とは、相撲とは/ネット記事/生まれてきてごめん

みなさんは相撲を見たことがあるだろうか。日本の国技である相撲は格闘技でありながら、他のスポーツ格闘技とは一線を画す。それはなにより、相撲が国技であり、「神事」であるからである。そんな神聖な土俵で戦う力士たちの頂点に君臨するのが横綱である。この間知ったのだが、横綱は現人神であり、番付の上では人間ではない。人間で最も強いのが大関、横綱はそれ以上の存在なのだ。そのため横綱の相撲には「美しさ」が求められる。「美しい」相撲とは、相手力士の当たりを正面から受け止め、乱暴な張り手やかち上げをせず真っ向勝負で勝つ、というものらしいのだが、私はどうも納得がいかない。それが次の記事だ。

https://www.nikkansports.com/m/battle/sumo/news/1861111_m.html?mode=all

この記事を見て感じることは、形式美としての相撲が重宝されるがあまり、本来あるべき武術としての相撲が見れなくなってしまうのではないかという不安と苛立ちである。

歴史に残る最古の相撲の取り組みの結果は、片方の力士がもう片方の力士腰の骨を踏み潰して勝利した。無論、腰の骨を折られた力士は死んでしまった訳だが、この結果に疑問をもつ人もいるだろう。立ったままどうやって腰の骨を折ったんだ?という疑問である。それに対する回答はいたって簡単だ。当時の相撲は手、膝をついても負けではなかった。負けの条件は、相手を戦闘不能にすること、早い話殺した方の勝ちということだ。つまり、格闘技としての相撲というものは、本来死と隣り合わせのものであり、その最中に形式にこだわっていられる余裕などないのだ。

今のような興業相撲が始まったのは江戸時代からだが、当時の力士にも、爪の先を尖らせて相手の肉に食い込ませるという戦法を使う力士がいた。もちろん、そんな姑息で手荒な真似を褒めるようなことはできないが、そこまでしてでも勝たなければいけない、ヒリヒリするような勝負が当時の土俵にはあったのだ。形式にこだわっていては見られない勝負があるのではないかと私は思う。

ブログへのコメント

FC2ブログで「中国2018年に台湾侵略との予測」というタイトルの文章を書いていた。このブログを見ていきたいと思う

中国の台湾への武力侵略は、実際に発生し得るのか。日本では北朝鮮危機への警戒心は高いが、台湾海峡危機に関しては、あまり話題にも上らない。しかし中国は「武力行使は辞さない」と繰り返し強調して来たし、実際に中国の歯止めのかからぬ軍拡は、主に台湾攻略を視野に入れたものである以上、やる時はやるものだと覚悟しておくべきである。

それでは、その台湾侵略はいつ発動されるのか。台湾紙中国時報は七月二十日、「それは二〇一八年後半だ」とする予測を紹介している。

予測主は元AP通信台北支局主任のピーター・エナブ氏。それによれば、中国の台湾への武力発動の三条件が、二〇一八年にはすべて満たされるという。

その三条件とは次のようなものだ。

一、中国の政治的影響力の台湾への侵入が無効であると確定されること。

二、中国軍の台湾海峡横断への妨げがなく、台湾の抵抗を鎮圧する力を具備すること。

三、国際社会の政治的妨害による不利益が台湾占領による利益を下回ること。

私なりに中国側が武力をもって台湾問題を解決しようとしている理由二つにまとめて紹介したいと思う。

一、当初中国は平和統一(※協議による台湾併呑)の可能性が最も高いのが国民党の馬英九政権時代だと見ていたが、その夢は二〇一三年のヒマワリ(太陽花)運動で徹底的に引き裂かれ、二〇一六年の民進党の蔡英文政権の発足で、平和統一の可能性はほとんどなくなり、国民党を使った経済統一も達成が困難になったと中国は見ている。二〇二〇年に民進党政権が徹底的にひっくり返っても、平和統一の可能性がほぼ消えたという事実に変化は及ぼされない。すでに中国には台湾の民主政治の進展を食い止めることはできなくなっている。

二、ニューヨークタイムズは「ここ十年来の中国経済の発展により、西側諸国はどんどん中国に接近している。もし中国が台湾を侵略した場合、日本や西側諸国がどう反応するかは米国次第だ。日本は米国と同一歩調を取り、台湾はそれを唯一の頼み綱とするだろう。しかし米国政府内部では、確かに多くは台湾支持だが、しかしトランプ大統領は史上最も親中的な大統領であり、民主主義の価値観に関心などない。中国の武力発動が決定されるか否かは、今秋の党大会、あるいは二〇二〇年の台湾で政権交代が行われるか否かによるが、やはり最終的にはトランプ勢力が安定しているか否かによるだろう。

物申す回みたいになった/ネット記事/杏仁

 

LINE NEWSの恋愛コーナーみたいなのがあって、いっつもしょうもないことばっかり書いてるんですけどなんか見ちゃうんですよね。
この仕草で男は落ちる!とか、今年は○○系女子が流行る!とかいう感じの。全然当てにならないんですけどね。
そんな中で最近見つけた記事をご紹介します。

http://ananweb.jp/soken/topics/koi-tech/121930/

 

いつもは適当にスクロールしているんですけど、さすがに1から3まで見事に当てはまっていたので無視できませんでした。

 

ここでちょっと話は逸れますが。

私はこの記事の通り、いつも同じメンバーと行動して毎日くだらない話でギャーギャー騒ぎながら過ごしてるんですが。清田スタジオにはこういう女たちが嫌いな人多いんだろうなあっていつもいつも感じています。
どうせ群れることしかできない低脳なバカ女共とか思ってるんですよね?みんなで遊んだっていうだけの需要のない写真をインスタにあげて楽しんでいる私達みたいな女のこと嫌いですよね?そんな中途半端な面白フェイスで写真あげてんじゃねえよとか思ってるんですよね?みんな同じような流行りの服を着て同じような色に髪を染めて頭悪そうなテンプレ大学生だなとか思ってるんですよね?

 

何にも染まらない一匹狼の方がかっこいいみたいなこと言っている人よくいますけど、そういう考え方自体がもはやありきたりだと思いますけどね。

 

いやでも別にテンプレ女子大生を擁護したいわけじゃないんですよ。そういう人たちをネタにしてdisるのは好きですし。矛盾してますかね。自分たちもそういう感じなのに、いやそういう感じに見られるからこそなんですかね。

 

髪色とか服装に関しては完全に自分の好みなんで、好きなようにやらしていただきますけど。カラーランだとかバブルランだとかいうよく分からないなんちゃってパリピ製造機みたいなのもよくあるじゃないですか。そういうのを見てなんだよあれバカみたいだなあ、頭悪そうだなあ、って思うんですけど、逆にそういうことを自分でやりたいと思うんですよね。
狂ったようにフォトジェニックを求めておしゃれスポットにお金をつぎ込む方々に関してはどうかと思いますけど。
THE頭悪そうな大学生っていうのやりたいって思っちゃうんですよね。
結局はテンプレ女子大生って思われても仕方ないんでしょうね。まあ何言われてもこのまま自分が好きなようにやるつもりですけどね。

 

なにが言いたいのかもよく分からなくなったしありえないくらい話も逸れてしまったのでそろそろ終わります。

まあ最後なんで大目にみて下さい。

 

no more 冤罪/ネット記事/latte

http://www.itmedia.co.jp/business/spv/1706/27/news098.html

いろいろ調べてみようと思った矢先、テレビでちょうど報道されていたこれ、そうだこれしかない。男として、見逃せない話題である。

 

「痴漢冤罪」に関してだ。

 

いまや全国の男たちがこの被害にあわないかビクビクしながら通勤しているはず。

世知辛い。

 

で、そんな世の中を変えようとある保険が立ち上がっているという話題です。

その名も「痴漢冤罪保険」。

どんなものかはここでは割愛します。知っている人もいるだろうし。

 

マクロミル統計というやや精密さに欠けるアンケート結果ではあるが多くの人が導入されるべきとしている。

 

 

でもさぁ!!お金払ってさぁ!!保険入ってもさぁ!!なんか足し引きゼロ感あるじゃん!!

 

普通に暮らしてれば払わなくてもいいお金を払うのは悔しいよね。

でもやってない罪で罰を受けるのももっとやだよね。

 

言い方は悪いけどそういう弱味につけこんで利益を得るなんてずる賢い。正直いうとナイスアイデアだとは思うけど。

 

この保険が浸透すれば冤罪目的の人もやりづらくなるだろうし、抑止力になるかもしれない。

 

でも自分はお金出したくないし。

 

男性専用車両も所詮は気休めな気がするし

本来の痴漢を許してはいけないし

冤罪に対する罰則をつくるか?いやこれも簡単じゃない

数々の障害があって本当にバランスがとりづらい問題だと思う。

 

だから今言えるのはこれくらいか。

 

 

 

痴漢冤罪をふっかけるのはぜってぇやめろ。

哀れな男たちに魂の救済を/ネット記事/jboy


 

 

昨今ワイドショー、テレビドラマでは取り上げられない日はないといっても過言ではない「浮気」「不倫」のテーマ。

もはや食傷気味にもなったこのテーマが、繰り返し繰り返し何度も語られる一方、今尚色あせることなく人々を引きつけるのはなぜだろう…。「また芸能人の不倫か…」とぼやきながらも、一方で不倫を扱う作品は鑑賞し松居一代のYouTubeを囃し立てながら見ている。嫌悪と一種の羨望の同居した、複雑な心的様相を「不倫」に見ることができる。

筆者の鈴木涼美は元々面白いなと思っていた人だったので、記事の内容と筆者に注目して目を通した。慶應在学中にAVに出演した経験を持ち、著書に『「AV女優」の社会学   なぜ彼女は饒舌に自らを語るのか』というものもあり、女性の性への関心が高い。確かこれは大学院の修士論文だったような気がする。

 

話は少しそれたが、この記事の内容も女性目線の視点が多い。そしてその中では既婚男性と未婚女性という、いわば「不倫界の王道」とも言うべき環境で、「貧困型」と「富裕型」という2つの不倫タイプに分類して考察している。そして「男に決定権はない」という強い言葉が述べられている。既婚男性側の妻の不信感には関係ないし、不倫している側の女性のさじ加減次第という意味で用いられている。

 

先日から、何か男がとても肩身の狭い状況を強いられているような心持ちがしてならない。自他(男女)共に認める「男ってバカね」という言葉では、表せられないような哀愁ともいうべきものが男の背中から溢れ出ているのだ。

極め付けは「旦那デスノート」の存在である(先日ゼミで取り上げた)。中には男以前に、人としてやばいやつもいるが、そこで繰り広げられるものは、目を覆いたくなるような罵詈雑言の嵐だ。自分は結婚もしていないのに、見ているだけで心が痛い。いつから男性は、こんなゴキブリのような扱いを受けるようになってしまったのだろう。

そんなことを思いながら、今日もjboyは同胞たちの哀しき背中に想いを馳せるのであった。

文集オンライン

http://bunshun.jp/articles/-/3400

参考:旦那デスノート

http://danna-shine.com/

↑なんてったって、アドレスが「旦那死ね」だもの。

釣りが大事なのは分かるが/ネット記事/rascal

今回私が取り上げるのはYahoo!ニュースの7月30日の記事『宇野常寛氏、上西議員問題は「レッズファンが悪い」』だ。以下のリンクはひとまず開かないでおいてほしい。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170720-00000045-dal-ent

優しい皆さんは私がリンク開かないでと言ったのを守ってくれていると思うので聞くが、このタイトルを見てどう思っただろうか。事のすべてを知っているわけではない人は「すごく過激な発言だな、レッズファンに喧嘩売ってる」と思ったのではないか。

宇野常寛氏はかなり過激な発言をする人だが、ちゃんと理屈を通して発言する人だ。Twitterを見ていれば分かる。つまり何が言いたいかというと、この記事はタイトルを見ただけだと宇野常寛氏がレッズファンに喧嘩を売っているように見えてしまうということだ。記事を全部読んでみれば分かるのだが宇野常寛氏は「この件は上西議員の発言はともかく殺すなんて脅迫するレッズファンの方が悪いだろ」という発言をしているのだ。ただタイトルが多くの人に記事を読んでもらうためなのかインパクト重視で事をちゃんと伝えていない。実際タレントのフィフィがこの記事をTwitterで引用して的はずれな批判していた。

この話を聞いて「誤解されるような発言をする方が悪いだろ」という意見もあるかもしれないが、前後の文脈からして明らかに殺害予告をするレッズファンが悪いと言いたいのだと分かるように発言しているのだ。その時の動画を探したのだがYouTubeからは消されているようでお見せできないのが残念だ。日本語とはしょっちゅう省略するものだろう。いつも生協でお昼ご飯を買う人がお昼時に「生協行ってくる!」と言ったら「ああお昼ご飯買ってくるんだろうな」となるのだから、わざわざ「お昼ご飯買いに生協行ってくる!」とまで説明しない。その省略も読み取れないフィフィというタレントはどうなっているんだ?と思う。

私が宇野常寛氏のファンなのでところどころ過激な言い方になってしまったが、こういう変な切り取り方をしたタイトルはやめてほしいと思う。蛇足になるが、この人が来期に立教大学で授業をするそうなのでもぐろうと思ったら水曜4限だそうだ。部活あるじゃんクソ!

最後に、この上西議員のレッズサポーターへの反感を招いたツイートをしたという記事のリンクも貼るので参考までに。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170717-00000150-dal-ent

 

渇望/物申す/手汗王

俺の肉体が俺の精神を黙らせる。

最近は何かに物申す気すら湧かせてはくれない。何かに、誰かに物申す暇があるなら己がでかくなれば良い、強くなれば良い、と俺の足ををジムへと運ばせる。どんなに嫌なことがあっても、イライラしてもシャフトを握って汗を流しているその瞬間だけは有無を言わさぬ自分と向き合っている時間だ。ここ何日かは、筋トレの回数を増やしたくて仕方ない。1日一回で満足できなくなりつつあるのだ。身体が、いや、精神が鉄亜鈴を欲している。

もはや俺の頭は病気だ。食事管理に楽しみを見出しつつある。食事を減らせば身体はしぼむ。食事を増やせば身体は膨れ上がる。この、日々の些細な体重の変化、質感の違いすら朝起きるたびに、食事を取るたびに楽しみなのだ。そのため、鏡ばかり見るようになった。これをナルシストと呼ぶものもいるだろう。しかし、これはむしろ観察実験である。理工学部の彼らよりも熱心な研究をしていることになる。コンテストを意識してから、人生観がまたしても二転三転している。

これは渇望だ。トレーニングを欲している。理想の筋肉を追求したい。渇望が果てるところを知らない。なぜ惹きつけられるのかはわからないが。

そこで俺は物申す。自分自身に。ここで終わって良いのか?良いわけない。トレーニング中、最後の1セット、最後の1レップ諦めるな。この筋力、形、質感で満足してはいけない。筋肉痛が緩すぎる。人間の到達点を確かめるために、今日も俺は自らに物申し続ける。

お茶の間の意見/物申す/縦槍ごめんね

バラエティ番組を見ると、いつも同じような顔ぶれの芸能人たちが同じようなセット、スタジオで面白くもない会話を繰り広げている。それに観客達はヤラセのようにゲラゲラと笑い、テレビの前の我々の顔はどんどんと冷めていく。

・・・こんなじゃなかったはずだ。俺が昔腹を抱えて笑っていた、そして憧れていたバラエティー番組や芸人達はもっとお茶の間に笑いを届けるために必死に体を張っていたはずだし、自分達が心血を注いだネタを披露していたはずだろ!

いつからか、日本と外国とを比べるバラエティ番組が増えていった。外国人に無理やり日本のいいところは四季があるところと言わせる番組だ。いやいや、外国にも四季らしいものはあるだろ。なんで日本限定やねん。後はやっぱり日本の文化って素敵やんと言わせる番組。何で今さら愛国心を高めなきゃいかんのだ。そういうのは民法じゃなくて、渋くNHKが深夜に報道して俺達がフムフムするだけでいいんじゃ! ゴールデンにそんなくそ番組をぶちこまないでくれ。

最近、スタジオでグダグタグダグダしゃべるバラエティが増えたのも腹が立つ。困ったら人の悪口か、下ネタしか言わない。別に俺も下ネタが嫌いなわけじゃない。どのチャンネルをまわしてもそれしかやってないことに腹が立っとるわけ。BPOは取り締まる番組を間違えてるんじゃないか。

まあ、とやかくいってきたが多分俺が年を重ねてしまったのも一つの要因だと思う。最近はどんなバラエティ番組より、プロフェッショナルが面白く感じてしまう。でも、昔のようなアホらしい番組をまたどんどんやってほしいし、早く有能な若手に年より芸人は席を譲ってほしい。つまんないから。

おい女子大生/物申す/ふとん

可愛くないのにミスコンに出るんじゃない!学実の友達にお願いされたという言い訳は知り合いにしたところでミスコンはミスコンだ。大学の顔だ。お揃いコーデの女子の群れでディズニーに行きリトルグリーンまんを食べるんじゃない。可愛くないのに食べ物と自分のツーショットするんじゃない。ドライブとディズニーとライブ以外の楽しみを見出してほしい。可愛い子に限って多趣味で知的なこと言うんだ。可愛いならどんなツイートでも許されるからいいんだ。でも可愛くないのにミスコンに出てる人は許されないんだ。わかってくれ。「可愛い♡」と送るためだけに存在するオッサンのアカウントに「えへへ〜ありがとうございます!」と返信するんじゃない。えへへとか言うんじゃない。

痩せないならインスタにダイエット公開するんじゃない!二ヶ月でマイナス10キロが当たり前の世界でそれに成功した人はいい。だが262days.♡で全く変わってないお前は何がしたい。自分に甘い。朝ごはんにカレーを食べるな。間食にチョコレートを食べるな。「やしろ優さんどんどんキレイになっててすごい!わたしもこつこつ頑張ろう〜」じゃない。こつこつじゃなくてちゃんとやれ。やらないなら公開するな。カレーを食べるな。スムージーボンボンを飲むな。

最後に、「美女と野獣見てきた!エマワトソン可愛すぎだった…!あと3回は絶対みたい♡」って言うな。分かったか。

 

喝だ!!/物申す/生まれてきてごめん

さぁやって参りました。昨今の若者たちに対し白戸が次々と喝を入れていく名物コーナー!今日はなんと拡大スペシャルということで、普段の1.5倍盛りで喝を入れていきたいと思います。

1.何故にすぐ髪染めるかね!!

最近の若者たちはほんとにすぐ髪染めますよね、理解に苦しみます。男なら髪がうんこに見えますし、女も髪がうんこに見えます。絶対黒の方が似合ってた!!って女の子は数知れず、高校時代はかわいかった女の子たちが大学に入ってからこぞってうんこ教に入信しているのを見て歯がゆさでいっぱいです。大学入ってから髪を染めておしゃれを楽しみたいのかもしれませんが、黒の方が見ていて美しいですね。万歳ありのまま。

2.まーたすぐエッチしようとする!!

最近の若者たち、いや男たちは非常に残念なことになっています。なぜなら、女の子とエッチすることしか考えてないからです。安い安い、安いよきみたち。愛のないエッチを繰り返す君たちはまるで2秒でフィニッシュするチンパンジーのようだ。愛とはなんぞやを自分に問いかけてほしいですね。

3.ずいぶんとまあ薄っぺらい歌詞やのう!!

最近流行りの歌はみんな似たような曲ばかりで面白みに欠けますね。特に歌詞が薄いです。そこの角から飛び出してきてくれなんて誰でも思うことです。共感できればいいってもんではないでしょう。その先にグッとくるものがないんですよね、グッと。ただ絵音さんだけは尊敬しています。あの顔面で女をバタバタと落とすテクニックはまさに天賦の才。ブサイク界の貴公子です。彼だけはすごい。

4.ケータイいじりながら飯を食うな!!

これ、かなり腹たつんですがみなさんはどうでしょう。百歩譲ってマックとかならまあまだ気持ちはわかるんですけど、ラーメン食いながらとか、定食屋でご飯食べてるときにいじりだすのは本当に勘弁してほしい。飯と向き合ってほしいですね。あと作ってくれた人。そんなに大事か、ケータイ。

5.家で作れるパンケーキ!!

原宿とかにある小洒落たカフェのメニューにある1200円のパンケーキ。原価20円くらいの小麦粉を焼いたやつの上に原価50円くらいの生クリームがデンジャラスにぶちこまれ、季節外れの小ぶりな果物たちがちょこちょこと添えられたパンケーキ。ショバ代1070円。原宿で食ったってことがステータスなんだよな、うん。ステータス重視女の子はどうも苦手やね。

 

そんなこんなで喝を入れていきましたけど、総じて言えるのは、昨今の若者たちは青い!!ということですね。これからも僕を見習って漢を磨いてほしいですね。